水漏れ修理

水道管の修理相場一覧!症状や業者によって違いがあります

水道管が破裂したら、応急処置をして、早めに修繕しなければなりませんが、水道管の施工料金の相場をご存じでしょうか。ほとんどの方は、水道を使えないと生活に支障を来すため、すぐに業者を呼んで修理してもらおうとするかもしれません。このような時は、信頼できる知り合いの水道工事店があると安心です。

しかし、適切な料金で工事を依頼できなければ、高額な料金を請求されて損をするかもしれません。そのような事が起こらないように、水道工事の相場について解説します。

水道管が冬場の凍結により破裂した場合

水道管が破裂する原因として多いのが冬場の凍結ですが、配管の耐用年数が過ぎていなければ、ほとんどの場合は部分的な交換工事になるでしょう。露出配管の部分修理であれば、水道管の材料費と工賃を合わせる一式工事となり、施工料金は数万円程度で済むかもしれません。ただし、壁内などの隠蔽配管で、床下から入って工事をすることができず、内装材を剥がす場合は、別途料金がかかります。

屋内の水道管であっても、外気温がマイナス4度以下になると、暖房機器を使っていない時間帯や留守中などは、凍結しやすくなります。水道管内の水を凍らせてしまい、膨張すると、水道管が破裂する原因になりますので注意してください。

冬場の水道管は、凍結対策が不十分だと、朝の冷え込みなどで水道管内の水が凍る危険性が高まります。水道を使用しない夜間から朝方にかけては、水の流れがなくなる上、朝は気温が下がり氷点下になることが多いため、水道管の凍結事故が起こりやすくなるのです。

水道管の修理に使える火災保険の「水道管修理費用保険金」

火災保険の「水道管修理費用保険金」という特約を付帯していると、水道管が凍結して破裂したときに、修繕にかかった費用に対して保険金が支払われます。保険商品にもよりますが、1敷地内ごとに10万円程度を限度に、修繕に必要な費用が実費で支払われるようです。

ただし、分譲マンションの共有部分や、水栓金具などのパッキンが破損したときの修繕費は除かれます。また、「水道管修理費用保険金」は凍結事故により損壊した場合に適用される保険であり、老朽化による損壊には適用されません。

水道管が劣化している場合は引き直し工事が必要になるため施工料金は嵩む

水道管は、経年劣化が進むと、腐食や破損が起こり、破裂することがあります。劣化している水道管は、凍結したときや地震のときなどにも破裂しやすくなるでしょう。劣化している場合は、破裂した箇所だけでなく、すべての配管を引き直す必要があります。

水道管を引き直す工事は、大掛かりになり料金が嵩みますが、老朽化した水道管を使い続けるわけにはいきません。水道メーターから先を引き直す場合は、埋設配管を交換することになりますが、掘削が容易な土であるかなど、様々な要因により料金が変わります。屋内配管に関しては、床下収納庫などから床に入って移動しながら、各給水装置の施工ができるかで、料金が大きく異なるでしょう。

水道管引き直し工事にかかる施工料金は、配管の長さや現場の状況などで金額が変わりますが、一般的な住宅であれば30万~55万円程度が相場のようです。水道工事が屋内の露出配管のみであれば、15万~25万円程度に収まることもあるでしょう。

水道管が地震により破裂した場合

水道管の破裂は、地震発生時に起こることがあります。大規模地震による大きな揺れは、配管や設備にも負荷をかけますので、被害状況の確認が必要です。水道管は、外から見えない箇所が多いので、使用していない状態で、水道メーターが動いていないか、確認してみてください。

地震の発生時には、複数の箇所で水道管が破裂しているかもしれませんので、入念な確認作業が必要です。また、地震の発生時には、水道管以外にも不具合が発生しているかもしれません。

水道管が破裂したときの修理は指定工事業者に依頼する

宅地内の給水装置と排水設備は、指定工事業者でなければ工事してはいけないと、水道法により定められています。これは、新設・改造・修繕・撤去など、すべての工事に適用され、一般の方が作業できるのは、水栓金具の取り替えなど軽微な作業のみです。そのため、水道管が破裂したときも、指定工事業者でなければ修理できません。

指定工事業者になるには、給水装置工事主任技術者とういう国家資格に合格し、厚生労働大臣より免状の交付を受けた者が、事業所に在籍している必要があります。

複数業者から見積もりを依頼した方がよいことも

指定工事業者の一覧は、水道局のホームページなどで確認できますが、どの業者でも修理料金が同じくらいとは限りません。見積もり内容に納得できないときは、2、3社から見積もりを取った方がよいでしょう。

水道管の破裂事故などを考えると、普段から近くの指定工事業者に依頼することをお勧めします。知り合いの水道工事店が近くにあると安心ですが、そうでなければ複数の指定工事業者に声をかけてみるとよいかもしれません。

新築の一戸建て住宅にお住いであれば、建ててもらった住宅会社などに相談する方法もありますが、中間マージンを取られます。工事内容にもよりますが、修理料金のことを考えると、直接、水道工事店に依頼した方が安上がりになるでしょう。

破裂した水道管の修理では使用する配管の素材によって料金が変わる

水道管が破裂したときは、交換工事になることが多いはずですが、使用する配管の素材によって料金が変わります。水道管に使われる素材には、金属系と合成樹脂系があります。主な配管材について、それぞれ解説しますので参考にしてください。

金属系水道管として広く使われているのが硬質塩化ビニルライニング鋼管

金属系で古くから使われているのが鋼管です。昭和40年代まで使われていた亜鉛めっき鋼管は、錆びやすく赤茶色の水が出ることがありました。そのため現在は、水道管への使用が禁止されています。現在、使用されている鋼管は、硬質塩化ビニルライニング鋼管です。硬質塩化ビニルライニング鋼管は、内部がビニル系樹脂でコーティングされています。

その他の金属系水道管には、ステンレス管や銅管などがあります。ステンレス管は錆びに強く、耐用年数が長い配管材です。銅管および被覆銅管は、給湯用として広く使用されています。銅管は、衛生的で高品質な配管材として、給水管にも使用されている配管材です。

合成樹脂系水道管は種類が多く用途に応じて使い分けることも

平成元年以降の新築住宅では、架橋ポリエチレン管ポリブテン管などの合成樹脂管が使われるようになり、広く普及しています。これらの合成樹脂管の特徴は、軽量で柔軟であることと、給水・給湯のどちらの配管にも使用できるということです。

昭和30、40年頃から現在まで広く使われているのが、硬質ポリ塩化ビニル管です。略して塩ビ管と呼ばれているこの配管材は、固いプラスチックでできています。

塩ビ管は、欠点を改良することで、さまざまな用途で使用できる配管材が誕生しました。塩ビ管には種類がありますが、混ぜられている顔料の色で見分けることができます。

屋内の給水用配管として広く使われているのが灰色のVP管です。VP管は衝撃に弱く、低温時はさらに耐衝撃性が低下し、割れやすくなるという欠点があります。VP管は、強い衝撃を受けるとひび割れし、漏水の原因になることがありますが、他の給水用配管材に比べて安価に施工できるため広く普及している配管材です。

なお、VP管と同じ灰色のVU管という配管材がありますが、こちらはVP管よりも肉薄であり、比較的圧力のかからない排水管などに使われています。

それから、埋設される部分の給水管には、衝撃に対する性能を強化したHIVP管という灰青色の塩ビ管を使うのが一般的でしょう。その他にも、給湯用として使える茶色のHT管があります。

水道管の修理料金は破裂した配管が露出か隠蔽かで変わる

埋設された状態から屋内まで引き込まれる水道管は、露出した状態になっていたり、壁の中や床下に隠蔽されていたりします。露出なのか隠蔽なのかの違いが、料金に影響するのは当然です。

修理の必要な配管が壁の中にあり、壁材などを取り除かなければ作業できない場合は、その分、料金が高くなります。水道管の破裂を修理する際に、施工料金が高くなるのは、壁などを一度解体してから、配管工事をする必要がある場合などです。

まとめ

水道管の破裂を修理する場合は、一部交換工事になると、水道管の材料と工賃が込みで、数万円程度で済むことが多いはずです。ただし、漏水している箇所が壁内であり、床下点検口などから入って施工することができないと、一旦、壁材などを取り外す必要があります。その場合は、別途料金がかかり、現場の状況によっては施工料金が嵩みます。

また、水道管の破裂は、凍結や地震が引き金になることが多いと言えますが、経年劣化が進んだ古い水道管ほど破裂しやすくなります。耐用年数を過ぎて、老朽化している水道管は、引き直し工事が必要です。その場合は、現場の状況や施工する配管の長さ、使用する配管材と工法などにより施工料金が変わります。適正価格や最適な施工方法を知るためには、複数の指定工事業者から見積もりを取った方がよいでしょう。

一般的な一戸建て住宅で、水道管を引き込む際の施工料金は、30万~55万円程度が相場のようです。この料金相場は、水道工事の目安としての判断材料になるかもしれません。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~