水漏れ修理

キッチンの水漏れ修理は保険適用可能!その条件や手順について

水漏れは突然発生するものです。水漏れの発生原因はさまざまですが、そのほとんどが経年劣化によるパッキンの摩耗や、部品の故障などが多いです。

特に、洗面所やトイレなどと違い、キッチンは使用頻度が多く経年劣化のスピードも早まります。

どうしても他の場所よりも水漏れが起きやすいというわけです。

突然キッチンから、水漏れが発生した場合には慌ててしまいますよね。また、水漏れ修理に関して修理費用の保険適用は可能なのか?も気になるところです。

ここでは、水漏れ修理の専門業者である弊社がキッチンの水漏れ修理費用の保険適用の条件や、その手順について解説します。

キッチンの水漏れ修理で保険が適用になる場合とは?

キッチンの水漏れ修理で保険が適用になる場合とは、どのような条件が必要なのでしょうか。

ここでは、キッチンの水漏れ修理で保険が適用となる条件についてみていきたいと思います。

水漏れを起こした設備の修理費用は適用外?

キッチンの水漏れを起こした原因、たとえば水道管の破裂が生じたとします。

この場合、破裂した水道管を新しい物へ交換すると思いますが、この交換費用についてはほとんどの場合、保険は適用されません

つまり、設備の修理費用については保険の適用とはなりません。

ほとんどの場合、保険が適用されないということは、適用される場合もあるの?

と感じるかと思いますが、たとえば火災保険とは別の「水道管修理費用保険金」などの特約に加入している場合などは、加入条件によって、保険が適用となるケースも存在します。

火災保険ではカバーできないの?

火災保険とは、火事で自宅が延焼してしまった場合などで損害補償をしてくれる保険のことです。

しかし、火災以外でも「落雷」や「風雪」、「盗難」、「水漏れ」などに対応しており幅広い条件で補償対応ができる場合もあります。

もちろん火災保険の加入条件によっては適用範囲が異なりますので、事前に加入している火災保険の種類や特約等を確認してみてください。

水漏れが原因で発生した損害の修理費用は適用可能?

前章では、水漏れが発生した箇所の修理費用は、基本的には「保険適用外」ですが、火災保険の加入条件や「水道管修理費用保険金」などの特約に加入していれば補償される場合もあるとお伝えしました。

ここでは、水漏れが発生した箇所の修理費用ではなく、キッチンの水漏れによって生じた損害費用の適用条件についてみていきたいと思います。

まず結論からお伝えすると

水漏れによってキッチンの床が水浸しになり、床板の張り替えが必要などの損害によって発生した修理費用につきましては「火災保険で適用になる」ケースが多いです。

とはいえ、このような場合でも火災保険で適用外となるケースも存在します。以下がその例です。

  • 経年劣化の老朽化によって水漏れが発生したケース
  • 大雨や洪水等により水が逆流し水漏れを起こしたケース
  • 洗濯機のホースや浴槽からの水漏れ

このように、キッチンの水漏れによる損害は、「給排水設備の不具合が原因」で発生したケースでは、火災保険の適用となることが多いです。

その一方で、本人の過失等による水漏れ、たとえば、経年劣化があるにも関わらず定期的な点検を怠ったなどの場合には、適用とならない場合が。

水漏れによって他人の家財に損害を与えてしまった場合の費用は?

たとえば、戸建ての住宅ではなく、マンションやアパートなど水漏れによって他人の家財道具に損害を与えてしまった場合の修理費用はどのようになるのでしょうか。

基本的に、上記のような場合には「個人賠償責任保険」にて補償を行うことが可能です。

賃貸物件に住む場合には、火災保険の中に「個人賠償責任保険」が含まれている場合が多いです。

火災保険にもいくつかの種類があり、個人賠償責任保険以外にも「家財保険」や「借家人賠償責任保険」などが存在します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①家財保険
火災や落雷、水漏れなどによって家財が損害を受けた場合に適用となる保険のこと。たとえば、キッチンの水漏れによって床が水浸しになり床板の交換が必要な場合などです。

②借家人賠償責任保険
借家人賠償責任保険とは、入居者が火災や水漏れなどの事故によって物件に損害を与えてしまった場合、さらに大家さんに賠償責任を生じさせた場合に適用となる保険のこと。損害賠償金などが該当します。水漏れによって床が水浸しになるのも当然のことながら該当します。

③個人賠償責任保険
さきほどもお伝えした通り、個人賠償責任保険とは、水漏れによって他人の家財道具に損害を与えてしまった場合に適用となる保険のこと。

たとえば、水漏れによって下の階の住人の家電が故障してしまったときなど、その住民から修理費用を求められる場合などです。

このように、水漏れによって他人の家財道具に損害を与えてしまったケースでは、そのほとんどが火災保険の対象となりますので、ぜひ理解しておきましょう。

また、賃貸物件の場合には、ほとんどの不動産会社において賃貸契約をする際に、書面にて火災保険の加入手続きを行うが一般的です。

ただし、必ずしも不動産会社にすすめられた火災保険に加入する必要はありませんので、そのあたりはじっくり考えた方が良さそうです。

https://hal-promo.net/2019/06/29/water_leak05/

キッチンの水漏れ修理において保険適用をする手順を解説

ここまでは、キッチンの水漏れにおいて火災保険の適用条件等を詳しくご紹介しましたが、ここからは実際に水漏れが発生してしまった際に役に立つ保険適用の手順についてお届けします。

必要な手順や書類などがわからずにあたふたしてしまうこともあるかと思いますので、事前に確認しておきましょう。

また、加入している保険の種類によっては保険適用の手順が異なりますので、ご注意ください。

キッチンの水漏れで保険を申請する手順

キッチンの水漏れにおいて保険を適用する手順ですが、基本的には以下の手順で行います。

水漏れ修理において保険申請を行う手順

  • 該当の保険会社に連絡
  • 請求に必要な書類等の説明を受ける
  • 書類の作成および提出
  • 保険会社の調査
  • 保険金の受け取り

なお、キッチンの水漏れで保険申請を行う場合、保険会社に連絡をする際に、水漏れが起こった状況などもご説明してください。

保険会社に状況を詳しくご説明すると、保険会社は保険申請に必要な書類等を案内してくれます。

保険によって申請に必要な書類は異なりますが、以下が一例です。

キッチン水漏れ修理の保険申請に必要な書類

  • 保険金請求書
  • 事故状況報告書
  • 示談書や承諾書
  • 損害申告書
  • 修理見積書
  • 事故箇所の写真等
  • 領収書と保証書
  • 自宅の場合には登記簿謄本等

また、申請する保険が「火災保険」なのか「賠償責任保険」なのかでも、必要な書類が変わります。

まずは保険会社に連絡をして、状況を説明してみてください。

キッチンの水漏れ修理における保険適用で知るべきことまとめ

ここでは、本記事でご紹介したキッチンの水漏れ修理における保険適用の条件についてまとめてお届けします。

①水漏れを起こした設備の修理費用

基本的には、水漏れの原因をつくった設備本体には保険では補償されない

②水漏れが原因で発生した損害費用

水漏れが原因で発生した損害費用については火災保険で適用される

③水漏れ保険申請手順は保険会社に確認する

火災保険の代行詐欺に注意が必要!

ここまで、キッチンの水漏れに関する修理費用の保険適用について詳しくご紹介しました。

水漏れ修理の火災保険の申請は、保険会社への連絡から準備する書類、確認事項などやるべきことがたくさんあります。

正直面倒だなと考えてしまう方も多いのが事実です。

そこで注意が必要なのが、この火災保険の申請を代行してくれる詐欺業者が存在することです。

火災保険の申請を代行業者に依頼すると、水漏れによって発生した損害の工事とセットで代行をするなど非常にうまい話しを提供し、最終的には高額な工事費用をだまし取るという手口が発生しています。

以下が「独立行政法人 国民生活センター」に寄せられた火災保険にまつわるトラブルの一例になります。

火災保険が使えると誘う住宅修理契約トラブル

業界団体のような名前のところから「自然災害で壊れた箇所はないか」と電話があり、昨年の台風で屋根が傷んでいることを話すと「火災保険で修理できる。うちの指定業者が無料で調査し、保険申請も手伝う」と言われ、後日業者が調査に来た。保険金が出るならと思い、その業者と工事請負契約を結び、作成してもらった見積書等で保険会社に申請すると、60万円の保険金が出ることになった。しかし、やはり工事はなじみの業者に頼んだほうがよいと思い、解約しようとしたところ、保険金の50%もの解約料が取られることがわかった。工事もしていないのに高額すぎないか。(70歳代男性)

引用:「火災保険が使える」と誘う住宅修理契約トラブルに注意!|独立行政法人 国民生活センター

 

このような事案が発生し、どう対応して良いのか困ってしまった場合には、お住まいの自治体の消費生活センターなどにご相談ください。

局番なしの「188」にご連絡をしますと「消費者ホットライン」に相談することが可能です。

https://hal-promo.net/2019/06/29/water_leak06/

まとめ

キッチン水漏れの修理費用は、水漏れの原因となった設備については基本的に火災保険等が適用になりません。

しかし、キッチンの水漏れによってその他の家財道具等に損害を与えてしまった場合には、火災保険等が適用になります。

ぜひこのことだけでもご理解いただき、キッチン回りの水漏れが発生した際にはお役立ください。

弊社は、水漏れ修理の専門業者として全国に営業所を保有しております。9時〜18時までにご連絡をいただけますと即日対応も可能です。

また、相見積もりや出張診断につきましても無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

https://hal-promo.net/2019/06/29/water_leak04/

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~