水漏れ修理

水道の配管からの水漏れを修理する方法

水漏れに困ってる人
水漏れに困ってる人
水道の配管から水漏れが発生したけどどうすれば修理することができるだろう?

今回は水道管から水漏れが発生した場合の修理方法について解説をしていきます。

先に結論から言いますと水道管からの水漏れはDIYで自分で完全に修理するというのはほとんど無理です。

完全に修理できないとすぐに水漏れが再発してしまったり二次被害に繋がってしまう危険性もあります。なので、しっかりと応急処置をした上で修理業者へ依頼することが大事です。

水道管の水漏れを修理するための基本的な流れは下記の通りです。

  1. どの配管から水漏れが発生しているか特定する
  2. 水を使うのをやめる&元栓を閉める
  3. 補修用テープでしっかりと止める
  4. 修理業者へ連絡をする

それぞれの詳細について本記事で詳しく見ていきましょう。

 

水道の配管からの水漏れは配管の種類を把握することが修理するために先決

水道の配管からの水漏れを修理する方法を見る前に重要なこととして、どこの配管から水漏れが発生しているのかしっかり把握しましょう。

配管から水漏れが発生している場合は基本的に下記いずれかになります。

  • 給水管
  • 排水管

それぞれどの部分なのか見ていきましょう。

給水管からの水漏れ

まず給水管がなにかというと「水道管」と同じ意味です。

役割としては、自治体が管理している水道管から家に水を引っ張ってくるのが給水管の役割となります。

給水管の水は水がしっかりと蛇口から出るように強い圧力がかかっています

地震や凍結、物が当たったりすると給水管が破損・破裂して水漏れが発生してしまうことがあります。

排水管からの水漏れ

排水管はその名の通り、使った水を家の外へ運ぶための配管のことです。

洗面所やキッチン、トイレ、お風呂場など様々なところに排水管はありますが、圧力はかけずに傾斜を活用して排水しています。

水つまりが発生してしまったり、経年劣化により排水管が傷んだりするとそこから水漏れが発生することがあります。

給水管と排水管、水漏れが発生した際にやるべきことが変わってくるのでどちらで水漏れが発生しているか把握することが重要です。

 

水道の配管からの水漏れ修理で使える道具

水道の水漏れがどちらの配管からの水漏れかわかったら水漏れを修理するために用意すべきものは配管補修用テープです。

補修用テープと言っても3種類のものがあるのでそれぞれ解説をしていきます。

水漏れの状況に合わせて適切なテープを選ぶようにすることが大事です。どれも500~2000円くらいでAmazonやホームセンターで購入することができます。

自己融着テープ

引用元:Amazon

特徴 石油が減量の合成ゴムで伸ばして巻き付けるとゴムが重なり合った部分がくっつくようになる。
価格帯 500~1000円

防水補修テープ

引用元:Amazon

特徴 防水効果のある補修テープ。
価格帯 500~2000円

水道用ラップテープ

引用元:Amazon

特徴 排水パイプのつなぎ目などからの水漏れに使える補修テープ。
価格帯 500~2000円

 

水道の配管から水漏れしてる時の修理方法【給水管Ver】

ここから具体的にどのように水道の配管からの水漏れを修理できるのか解説をしていきます。まずは給水管から水漏れしている場合の修理方法を見ていきます。

給水管から水漏れしている場合は水を出していなくても水が漏れてしまいます。

水道の元栓を閉めることで水漏れをおさえることができるので、まずは水道の元栓を閉めましょう。

必ず元栓を閉めた上で応急処置として下記を行いましょう。

  1. 配管補修用のテープを用意する(家にない場合は購入する)
  2. 水漏れが発生している部分に何度もきつく巻き付ける

これである程度の水漏れは解消できるはずです。それでも水が漏れてくる場合はタオルを巻きつけたりバケツを給水管の下に置くなどして応急処置を行います。

その上で、水道工事の専門業者へ依頼をして修理してもらうようにしましょう。

 

水道の配管から水漏れしてる時の修理方法【排水管Ver】

続いて排水管から水漏れしている時の修理方法について見ていきます。

排水管から水漏れしている場合は基本的に水を流すのを止めれば水漏れも一時的に止まります。

ただつまりが発生している場合、配管に水が溜まっていたらその水が流れ切るまでは水漏れが続きます。

目視で確認できる水漏れの場合は排水管の下にバケツや雑巾を置いて被害が他に及ばないようにしましょう。その上で下記のように対処していくことが重要です。

  1. 配管補修用のテープを使って水漏れ発生箇所を補強する
  2. 水漏れが発生している箇所がわからない場合は元栓を閉めて水の使用をやめる
  3. 早めに修理業者を呼ぶ

水漏れをそのままにしてしまうと下記のような二次被害に繋がる恐れがあります。

  • カビの発生
  • シロアリの発生
  • 腐敗
  • 家電への影響
  • 近隣へ被害が及ぶことによる損害賠償

早めに応急処置をした上で修理業者を呼ぶようにしましょう。

 

まとめ

今回は水道管から水漏れが発生した際の修理方法について解説をしてきました。

おさらいすると水道管からの水漏れといっても大きく2つの水道管があります。

  • 給水管
  • 排水管

どちらで水漏れが発生したとしても基本的なステップとしては下記のように実施していくこととなります。

  1. 水漏れが発生している箇所を特定する
  2. 水を流すのを止める&元栓を閉める
  3. 水漏れが発生している箇所を補修用テープでしっかり縛る

配管からの水漏れの場合は自分で完全に直すことはできないので、上記を実施した上で信頼のできる水漏れ修理業者にお願いすると良いでしょう。

修理業者の選び方やおすすめの修理業者については下記記事でも紹介しています。

水漏れ修理業者の選び方と評判が良い業者だけを厳選紹介 水漏れが発生するとすぐ修理業者探しを行う方がいますが、修理業者を探す方法は明確でしょうか? しっかりと水漏れ修理業者を選ぶ...

水漏れ修理業者の選び方と評判が良い業者だけを厳選紹介

少なくとも3社以上に見積もりを依頼すると本当にあなたにとってピッタリな業者を選ぶことができるので、しっかりと相見積もりを取るようにしましょう。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~