水漏れ修理

トイレのつまりを業者に依頼するときの料金相場

トイレつまりを経験したことはあるでしょうか。トイレは、流してよいはずのトイレットペーパーであっても、一度に大量に流すとつまることがあります。落とした固形物を流してしまうと、取り除くことは容易ではありません。

トイレは、日常生活のなかで、頻繁に使用する住宅設備ですが、水回りのなかでもトラブルの多い場所です。家庭用の道具を使って自分で対処できる場合もありますが、間違った作業をすると悪化させることがあります。

ただ、「トイレがつまったので業者に依頼したら、料金が高くて驚いた」という声を聞くことがあります。トイレは、つまらせてしまうと厄介です。トイレのつまりで業者を呼んだときの料金や、トイレ修理を業者に依頼するときに知っておくと役に立つことを解説します。

トイレつまりの原因や作業内容により料金は変わる

トイレのつまりには、いくつかのパターンがあります。トイレットペーパーや便がつまったのであれば、溶かしたり押し流したりすることで、対処できることが多いでしょう。しかし、固形物を落とした場合は、除去するための作業が必要です。また、つまっている箇所が、便器なのか排水管なのかで、作業内容や必要な機材が変わります。

トイレットペーパーや便のつまりであれば自分で対処できることが多い

トイレは、流してよいトイレットペーパーや便であっても、大量に流すとつまることがあります。この場合は、ラバーカップを使って対処できることが多く、業者を呼ぶ前に試してみるとよいでしょう。

ラバーカップは、排水路に引っかかっているものを水圧で動かし、排水のつまりを解消するための道具です。ラバーカップは、ホームセンターなどに行けば、数千円ほどで購入できます。

固形物をトイレに落としてしまったとき

トイレつまりの原因としてよくあるのが、不注意で物を落としてしまったときでしょう。便器の水たまりであれば手が届くので、何とか拾い上げることができますが、排水路に流れてしまったら、簡単には取り出せません。

固形物が便器と配水管の間に引っかかっている場合は、便器を一旦外してからでないと、なかなか取り除くことはできません。便器脱着作業の料金は、多くの業者が数万円程度に設定しています。また、重量のある便器などは、作業料金が加算されることもあります。

トイレに繋がっている排水管がつまってしまったとき

排水管がつまっているときは、トーラーや高圧洗浄機などを使って、押し出したり除去したりする作業を行います。トーラーは、排水管につまった異物をワイヤーで除去する工具です。

料金は、戸建より集合住宅のほうが、高くなることが多いようです。また、作業する場所が、飲食店や会社、共有部分などの場合は、さらに料金が上がる可能性があります。なぜなら、排水管のつまりでは、配管が長いほど作業に時間を要するからです。そのため、作業をする配管の長さや、作業時間により料金が変わることもあります。

汚物や紙類をむやみにトイレに流す行為はやめよう

トイレには、人間の便とトイレットペーパー以外は、基本的に流してはいけません。ペットの糞は、毛づくろいのときに飲み込んだ毛が混ざっていることが多く、トイレつまりの原因になります。

ティッシュペーパーに関しては、トイレに流せるティッシュが売られていますが、トイレットペーパーに比べて溶けにくいことに変わりはありません。安易に流さないほうが無難でしょう。

トイレつまりの除去作業の種類から料金の目安を知る

トイレのつまりを解消する作業では、特殊な機材が必要になることが多く、使用する機材により料金が変わります。業者がトイレのつまりを解消する作業で使う機材や、作業内容について解説します。

薬剤

トイレのつまりの原因が、トイレットペーパーや便などであり、軽度のつまりであれば紙を溶かす薬剤で対応できます。トイレットペーパーなどが溶けるまで少し時間はかかりますが、道具を使わずに解消できます。薬剤で済むのであれば、業者に依頼しても、他の方法に比べて低料金です。

また、道具を用いる他の方法と併用して、薬剤が使われることもあります。ブラシなどを付けたワイヤーで配管の汚れを削ったり、清掃したりするときにも薬品が使われます。

ラバーカップ

ラバーカップが有効なのは、トイレットペーパーを大量に流して、便器がつまったときなどです。ラバーカップを便器の排水口にセットし、ゆっくり押して一気に引く作業を繰り返すと、つまったトイレットペーパーを水圧で押し流すことができます。

ラバーカップは、用途により形状が異なりますので、購入する場合は目的に合った種類を選んでください。トイレ用のラバーカップには、和式便器用・洋式便器用・節水型洋式便器用などがあります。

ローポンプ

ローポンプもラバーカップのように、トイレットペーパーを大量に流して便器がつまったときなどに使用します。ローポンプは、ハンドルを押したり引いたりすることで、ラバーカップよりも強力な水圧を出すことができます。

ラバーカップの数倍の水圧を出すことができるため、ラバーカップの代わりにローポンプを使用する業者が多いようです。

ハイスパット

ハイスパットは、ローポンプよりも強力な水圧により、頑固なつまりを除去できます。ハイスパットは、自転車の空気入れのようにハンドルを上げ下げしながら、ポンプ内に空気を圧縮し、一気に噴射する仕組みです。衝撃波が強力なので、取り扱いには注意が必要です。

ハイスパットは、便器から圧力をかけることも、便器を外して排水管に圧力をかけることもできます。

トーラー

トーラーは、手動式と電動式があり、何メートルもの長さがあるワイヤーを、配管内に通しながら汚れやつまりを押し出していく機材です。トーラーは、先端にブラシやコイル型ヘッドなどを取り付けて、配管内を回転しながら進みます。

トーラーは配管内の汚れを清掃する効果もありますが、配管内をぶつかりながら進むため取り扱いには注意が必要です。電動式はパワーがありますが、古い老朽化した配管で使うと、破損させる危険性があります。

また、トイレつまりの原因によっては、薬剤を併用して作業することがあります。

高圧洗浄機

高圧洗浄機は、水を勢いよく噴射させて汚れを落とす機械ですが、トイレの配管の洗浄でも使用されます。専用のノズルとホースを取り付け、配管内の奥までホースを通しながら、高圧洗浄で汚れやつまりを除去できます。高圧洗浄機を上手に使えば、トーラーで作業するよりも配管内を綺麗にできるでしょう。

ただし、高圧洗浄機のホースを、複雑に曲がっている配管に通すことは、難しい作業です。また、高圧洗浄機を使うと、汚れが飛び散る心配や、老朽化した配管を破損させる危険性があります。

トイレつまり除去を業者に依頼するときの料金の目安

トレイつまり除去を業者に依頼すると、使用する機材や作業方法などによって、料金が変わります。料金がいくら位なのか、参考になるように料金表を作成しました。実際の料金は、業者に問い合わせるか、見積もりを依頼するなどして、確認してください。

参考料金表

薬剤によるつまり除去 5,000~10,000円程度
ローポンプやハイスパットによるつまり除去 10,000~20,000円程度
便器を外して、便器内の異物を除去 15,000~35,000円程度
トーラーによるつまり除去 15,000~30,000円程度
高圧洗浄機によるつまり除去や洗浄 15,000~50,000円程度

料金表はあくまで参考程度のため、業者や状況により前後します。トイレのつまり具合や配管の状態などで、料金は変わります。配管が古く老朽化しているときや、トーラーや高圧洗浄機でつまりが解消されないときは、配管交換が必要になることもあるはずです。

まとめ

トイレのつまりでは、ほかの水回りのトラブルに比べると、特殊な機材を必要とすることが多い上に、作業に手間がかかるため、料金が高くなりがちです。

トイレのつまり除去では、使用する機材や作業内容によって料金が変わります。便器の取り外し作業は重労働ですし、便器や配管のつまりを除去するには、知識や経験が必要です。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~