水漏れ修理

水漏れを修理するために覚えておきたいパッキンの種類と交換方法

蛇口などの水回り品には、水漏れを防ぐために「パッキン」というゴム製や樹脂製の部品が使われています。パッキンにより密閉することで隙間がなくなり、僅かな水漏れも防いでくれます。

パッキンは、水道を長く使用していると、劣化が進む消耗品です。特に蛇口のような水栓金具の場合、毎日のように開閉しながら水を流しているため、交換時期が早く訪れます。けれども、パッキンは、ホームセンターやネットショップから購入できますし、消耗品のため交換も簡単です。

パッキンとは

パッキンは、管や機械部品の継目などに挟むことで、気密性や水密性を保つための部品です。パッキンは、弾力性のあるゴムでできていることが多く、動きのある部分に取り付けても、隙間がなくなり密閉できます。

水栓金具におけるパッキンの役割は、水密性を保つことです。蛇口のような水栓金具は、接合部や可動部ごとにパッキンをあてて、水漏れを防いでいます。蛇口の水漏れでは、漏れている箇所から、どのパッキンが劣化しているかが分かります。

水栓パッキンは消耗品のため定期的な交換が必要

パッキンは消耗品のため、定期的な交換が必要です。水栓パッキンの寿命は、使用頻度などにもよりますが、通常は10年程度です。

蛇口の水漏れは、パッキンの劣化が原因であることが多く、パッキン交換するだけで水漏れが止まることがあります。水栓パッキン交換は、難しい作業ではありませんので、ウォーターポンププライヤーやモンキーレンチなどの工具があれば簡単におこなえます。

水栓パッキンは、ホームセンターなどに行けば、数百円程度で売られている部品です。業者に依頼すると工賃がかかりますが、DIYによる交換ならかなりの節約です。

パッキンを交換する前に確認することや注意すること

パッキン交換では、プライヤーやレンチなどの工具を使って、水栓パーツを分解する必要があります。本体とハンドル、あるいは本体とパイプなどは袋ナットで接合されています。袋ナットを締める際は、緩くては水漏れしますが、強く締めすぎると固くなるので、力加減が必要です。

それから、パッキンには異なるサイズの規格がありますので、購入する際は間違わないようにしてください。また、パッキンなどを交換する前に、劣化しているかの確認もしてください。劣化していなければ、交換する必要はありません。原因は他にあるはずです。

袋ナットを工具で取り付け際は固さを調整しながら締める

蛇口などの水栓金具は、接合部分が多く、水漏れの原因が袋ナットの緩みであることがあります。パッキン交換をする前に、水栓パーツを接合する袋ナットが緩んでいないかを確認してください。締め直しても、水漏れが止まらないならパッキン交換などが必要です。

それから、袋ナットをプライヤーなどで締めるときは締めすぎにも注意してください。強く締めすぎるとハンドルやパイプなどが固くなります。

水栓金具の呼び径には13mmや20mmなど異なる規格がある

「呼び」とは、配管用パイプの内径を基準にした呼称です。一般家庭用の水栓金具の呼び径は13mm(1/2インチ)か20mm(3/4インチ)のどちらかですが、多くは13mmサイズです。購入する前に確認してください。

ちなみに、呼び13は、パイプ外径が約16mmで、取付ネジ直径が約21mmです。呼び20は、パイプ外径が約19mmで、取付ネジ直径が約26mmです。

蛇口の水漏れの多くはパッキン交換により修理できる

蛇口の基本的な構造を知っていれば、パッキン交換は簡単におこなえます。蛇口の水漏れが発生したら、漏れている箇所を確認しましょう。水漏れ箇所が分かったら、止水栓や元栓を閉めて蛇口を外してみてください。パッキンなどの部品が劣化しているなら、交換することで水漏れが止まります。

パイプ先の吐水口から水漏れしている

ハンドルを回して蛇口を閉めても、パイプの先からポタポタと水が漏れている場合は、ケレップやスピンドル下部のパッキン交換が必要です。蛇口のハンドルを回すと、スピンドルという軸棒が上がったり下がったりします。蛇口は、閉めるとスピンドルが下がり、ケレップを押さえることで水の通り道を塞ぐ仕組みです。

ケレップは、各メーカーや商品により名称が変わり、コマパッキンなどとも呼ばれます。軸を中心に回転させて遊ぶ玩具の独楽(こま)に、形状が似ている部品です。

ケレップは、金属部分にゴム製のパッキンがナットで取り付けられていて、傷んだゴムパッキン部分だけを交換できます。ケレップは、数百円程度ですので、老朽化しているなら丸ごと交換したほうがよいでしょう。エスコマという製品は、パッキンが一体になっているため、必ずコマごと交換します。

また、コマには、吊りコマ固定コマがあり、吊りコマが上記で説明した製品です。固定コマはスピンドルにコマが固定され、一体化している製品のことで、固定コマ付スピンドルなどといいます。コマは外せませんが、ゴムパッキンのみの交換が可能です。ただし、スピンドルやコマ部分が老朽化しているなら、丸ごと交換してください。

蛇口ハンドルの根元から水漏れしている

ハンドルの根元から水漏れしている場合は、ハンドルを本体に取り付けているナットの裏側の三角パッキンが劣化しています。三角パッキンは、断面形状が三角形です。

ハンドルを回すとスピンドルが連動しますが、スピンドル上部には、ワッシャーと三角パッキンが取り付けられています。

三角パッキンは、パッキン受けのワッシャーとセットで販売されていますので、一緒に交換してください。交換するときは、先にワッシャーをスピンドルに入れてから、三角パッキンを通します。三角パッキンは、上下がありますので、径が小さいほうを上にしてください。

万能ホーム水栓や自在水栓などのパイプ根元から水漏れしている

万能ホーム水栓や自在水栓などは、パイプ根元と水栓本体との接合部から水漏れすることがあります。パイプ根元からの水漏れでは、水を出しているときに漏れて、ハンドルを捻って水を止めると、水漏れも止まるはずです。

パイプ根元と水栓本体を接続するナットの裏には、Uパッキンが使われています。Uパッキンは、上部にくぼみがあり、断面形状がUの形をしています。U字にするメリットは、水密性を保ったまま、こすれ合う摺動部の抵抗が小さくなることです。Uパッキンは、パイプを上下もしくは左右に動かす可動部に取り付けるため、傷みやすい部品です。

また、パイプの根元には、プラスチックのリングが取り付けられています。Uパッキンは、パイプパッキンセットとしてプラスチックのリングと一緒に売られていることが多い部品です。リングも劣化しますので、一緒に交換するとよいでしょう。リングは、パイプの根元を挟むように取り付けます。

新しいUパッキンを取り付ける際は、溝を水栓本体に向けて差し込みます。Uパッキンを水栓本体に差し込んでから、パイプを取り付けて袋ナットを締めます。

混合栓の偏心管と蛇口本体の間から水漏れしている

混合栓の場合は、水栓本体と配管の間に偏心管があります。偏心管と本体を接合する袋ナットの裏には偏心管パッキンがあり、劣化すると水漏れの原因になります。

偏心管パッキンの形状は、スタンダードな平パッキンです。偏心管パッキンとして売られていますので、同じサイズの専用パッキンを選んでください。

水栓金具と壁の間から水漏れしている

蛇口などの水栓金具と壁の間から水漏れすることがあります。水栓金具と配管用パイプの接合部にはシールテープが使われていて、劣化すると水漏れの原因になります。

水栓金具を配管に取り付けるネジ山部分には、シールテープを巻くことで水漏れを防いでいますが、劣化した場合は巻き替えが必要です。シールテープの巻き替えでは、ネジ山の古いシールテープと、配管内に残っているシールテープやゴミを取り除いてください。

シールテープは、1カ所の作業で約50cm使用します。巻く方向は、ネジに向かって時計回りです。少し引っ張りながら6~7回程度巻きます。

水栓金具を取り付ける際は、時計回りにねじ込んでいきます。途中で反時計回りに戻すと、シールテープが切れて水漏れの原因になりますので、注意してください。また、水栓金具を取り付けるときに、無理に締めすぎると配管を傷めます。緩く感じるときは、シールテープの量で調整する必要があります。

水栓金具の配管への取り付けは、パッキン交換などに比べると難しい作業になるかもしれません。また、蛇口の種類によっては、専用の水栓取外しレンチがないと、作業がしづらく、水栓金具に傷をつけてしまう心配もあります。

シングル混合栓がパイプ先の吐水口から水漏れしている

シングル混合栓には、温水と冷水を混合するカートリッジという部品が使われています。シングル混合栓は、カートリッジが劣化すると、パイプ先の吐水口から水漏れします。

カートリッジは、メーカーや機種によって異なりますので、純正品を取り寄せる必要があります。ただし、カートリッジは、パッキンなどと違い高価な部品ですので、水栓本体の劣化なども考慮して、交換するか決めることをお勧めします。古くなった水栓金具なら、本体一式を買い替えたほうがよいかもしれません。

まとめ

蛇口などの水栓金具には、接合部が多く、それぞれの箇所に専用のパッキンが使われています。水栓パッキンは、可動部に使われていることが多い上に、毎日のように水を出しているため、劣化が早い部品です。

蛇口に使われているパッキンの寿命は、およそ10年です。使用状況によっては、もっと早く劣化が進みます。専門業者でなくても、自分で交換できる場合が多いので、点検した上で交換してみてもよいでしょう。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~