水漏れ修理

トイレのつまりを重曹とクエン酸とお湯を使って解消する方法

重曹をトイレつまりの解消に使うときは、一緒にクエン酸とお湯も必要です。なぜ重曹とクエン酸とお湯を使うと、つまりを解消できるのかご存じでしょうか。実際の作業をする前に、つまりが解消される理由を確認しておきましょう。効果を上げるためのコツを掴めば、作業をする上でも、プラスになるはずです。

実際の作業手順や注意点などを解説しますので、ご参考にしてください。

重曹とクエン酸とお湯を使って解消できるトイレつまり

トイレつまりの原因には、色々なパターンがあります。重曹とクエン酸とお湯の組み合わせは、大量に流したトイレットペーパーや、大便などがなかなか水に溶けず、つまっているときに実践してください。

重曹とクエン酸を混ぜると、二酸化炭素が発生し、泡立ちます。炭酸ガスには、つまりの原因になっている便やトイレットペーパーなどを、分散して溶けやすくする効果があります。炭酸ガスには、便や尿石、ぬめりなどの汚れと、トイレットペーパーやトイレシートなどの紙類を分散する効果があるのです。ただし、炭酸ガスだけでは、排水管にこびりついた汚れなどを、強力に落とす効果はありません。

重曹とクエン酸を混ぜることで発生した泡は、トイレットペーパーなどを溶けやすくします。この方法は、トイレシートや水に流せるティッシュペーパーなどがつまったときも、効果があります。ただし、流した量にもよりますが、溶け出すまでには時間がかかるかもしれません。なぜなら、トイレシートやティッシュペーパーは水に流せる製品であっても、トイレットペーパーに比べると、溶けるのに時間がかかるからです。

また、普通のティッシュペーパーだと、破れにくいように樹脂を添加したり、密度を高くしたりしているため、別の方法で対処する必要があります。もちろん、紙おむつや生理用品などの水に溶けない素材や、固形物が原因でトイレがつまったときは、この方法では解消できません。

重曹とクエン酸とお湯を適切に使うことが重要

重曹とクエン酸は、掃除をするときによく使われますが、水に溶けるものがつまっているときなら、つまり解消に役立ちます。なぜなら、重曹とクエン酸を混ぜると、炭酸ガスが発生し、つまりの原因を溶けやすくするからです。

重曹は、炭酸水素ナトリウムの略称で、水溶液は弱いアルカリ性を示します。対してクエン酸は酸性を示す物質です。重曹とクエン酸を混ぜると、炭酸ガスが発生しますが、お湯を加えることで、熱によりさらに発砲しやすくなり、つまりの原因が溶けやすくなります。

つまり解消の効果を上げるには、炭酸ガスを十分に発生させて、便やトイレットペーパーなどがつまっている箇所まで、炭酸ガスを浸透させる必要があります。炭酸ガスをつまりが起こっている場所まで届けるためには、お湯を飛び散らない程度に勢いよく流すことがポイントです。

ラバーカップを併用するとトイレつまり解消の効果が高まる

トイレつまりでよく使われるラバーカップは、ホームセンターなどで購入でき、すぐに手に入るため、用意している方も多いでしょう。ラバーカップは、つまりの原因になっている排泄物やトイレットペーパーを、水圧により押し流すための器具です。つまりの原因が、重曹とクエン酸を使うときとほぼ同じであるため、併用すると相乗効果を期待できます。

ラバーカップは、数千円で購入できるため、トイレつまりに備えて用意しておくことをお勧めします。炭酸ガスとラバーカップを併用すれば、トイレットペーパーや便がつまったときなら、ほとんどのつまりを解消できるかもしれません。

重曹とクエン酸を使う理由

トイレつまりが発生したときに、すぐにつまり解消作業に取り掛かるためには、重曹とクエン酸を常備する必要があります。常備している場合は、普段は掃除に利用するという使い方が良いかもしれません。重曹とクエン酸は、軽い汚れの掃除に適しており、使う方が多いため、ドラッグストア、ホームセンター、スーパーマーケットなどで、簡単に手に入るはずです。

重曹とクエン酸は、混ぜると中和しますが、液性を考慮して別々に使うと、汚れを分解できます。アルカリ性である重曹は、酸性の汚れに強く、酸性のクエン酸はアルカリ性の汚れに強いという特徴があります。

アルカリ性の度合いが強いと、皮膚は弱酸性のため手荒れの原因になりますが、重曹は弱いアルカリ性を示す物質です。油汚れを落とすことがメインになる台所洗剤などは、アルカリ性が適していますが、中性や弱酸性の製品が多いのは安全性を優先しているからです。

クエン酸は、柑橘類や梅干しなどの食品に含まれる酸っぱい成分のことで、酸性を示します。また、揮発性がなく、無色無臭の安全な物質です。クエン酸の代わりに、同じく酸性の酢を使うことも可能ですが、酢は揮発するため、刺激臭があります。

重曹の特徴

重曹は、アルカリ性のため、油脂やタンパク質など酸性の汚れを中和するときに、使用します。ただし重曹は、pH8.4(1%水溶液、25℃)と、きわめて弱いアルカリ性を示す物質です。また、重曹は、セスキ炭酸ソーダや炭酸ソーダに比べ、やや水に溶けにくいという性質があります。そのため、油脂の乳化やタンパク質の分解に使うなら、炭酸ソーダ(pH11.2)やセスキ炭酸ソーダ(pH9.8)の方が適していると言えるでしょう。

重曹は、やや水に溶けにくいという性質がありますが、熱を加えると分解し、アルカリ性が強まり洗浄力がアップします。重曹が分解するときに泡が出ますが、この泡は水と二酸化炭素(炭酸ガス)です。そして、分解された重曹は、炭酸ソーダになります。トイレつまり解消では、より泡を発生する物質を使った方が有効です。トイレつまり解消などでは、炭酸ソーダに変化するときに出る、泡が多い重曹の方が、セスキ炭酸ソーダより適しています。

重曹の水溶液は、65℃以上になると急速に分解が進みますが、陶器製のトイレに熱湯を入れると、ひび割れなどの原因になります。重曹は、常温の水溶液であっても、徐々に分解しますので、使用するお湯は40~60度くらいのぬるま湯を使いましょう。

重曹は、鍋の焦げ落としの際にも使われる物質です。重曹と水を鍋に入れて熱すると、泡が発生し焦げを浮かせる効果があるのです。その他にも、重曹には粒子が細かく水に溶けにくいという性質があるため、クレンザー(研磨剤)としても使われます。ただし、重曹・セスキ炭酸ソーダ・炭酸ソーダのいずれも、油汚れなどを落とす力は、界面活性剤にはかなわないようです。

クエン酸の特徴

クエン酸は、柑橘類や梅干しなどの食品に含まれる酸っぱい成分のことで、無色無臭の安全な物質です。クエン酸は、水に溶けやすい粉末状の物質で、水溶液はpH2.1(2%、20℃)の酸性を示します。クエン酸は酸性のため、尿石や水垢などアルカリ性の汚れを落としたいときに使われる物質です。クエン酸の代わりに酢を代用できますが、酢には刺激臭がありますし、粉末状のクエン酸の方が扱いやすいので、クエン酸を使うことをお勧めします。

そして、クエン酸を重曹に混ぜると、発砲する勢いが増し、洗浄力がアップします。そのため、排水口のつまり解消では、重曹とクエン酸を混ぜる必要があるのです。炭酸ガスは、洗浄効果が高く、ぬめりや油脂汚れなどを除去できるだけでなく、トイレつまりの解消にも効果があります。

トイレつまりを解消するために用意する重曹とクエン酸とお湯

実際に重曹とクエン酸とお湯を使って、トイレつまりを解消するときの手順や、用意する分量などを説明します。

重曹とクエン酸とお湯の分量

重曹とクエン酸とお湯は、次の分量を用意してください。トイレつまりの解消では、発砲しすぎると、便器から泡や汚水が溢れる恐れがありますし、勢いが弱いとつまり解消効果が不足します。

重曹…50ml(1/4カップ)
クエン酸…100ml(1/2カップ)
お湯…40~60度くらいのぬるま湯を便器の半分程度の量

重曹とクエン酸の割合は1:2になるようにしてください。適量は記載した分量です。また、クエン酸の代わりに酢を使うことも可能ですが、刺激臭がありますので、クエン酸をお勧めします。

重曹とクエン酸とお湯を使ってトイレつまりを解消するときの注意点

お湯は40~60度くらいのぬるま湯を使い、熱湯は使わないでください。なぜなら、陶器製の便器に熱湯を入れると、ヒビが入ったり割れたり、パッキンなどが傷んだりする恐れがあるからです。お湯はぬるすぎても効果が減るので、40~60度くらいが適温です。

重曹やクエン酸を入れる前に行うこと

重曹やクエン酸をトイレの便器に入れる前に、行わなければならないことがあります。

水洗トイレの止水栓を回して水を止める

最初に、止水栓を閉めて便器に水が流れないようにしておいた方が良いでしょう。止水栓を閉めておけば、トイレの洗浄ハンドルを誤って回しても、水が流れることはありません。水洗トイレの給水管には、止水栓が取り付けられていますが、止水栓にはドライバー式・内ネジ式・ハンドル式の3種類あります。

ドライバー式と内ネジ式は、マイナスドライバーなどで調整したり閉めたりするタイプです。ドライバー式と内ネジ式の違いは、突起があるかないかの違いです。ドライバー式には、突起があり、突起にドライバーを差し込んで回すためのへこみがあります。内ネジ式は、突起がなく、平らな面にへこみがあります。ハンドル式は手で回すタイプで、三角ハンドルとレバーハンドルがあります。

水洗トイレ機器の電源コードを抜く

作業に取り掛かる前に、水洗トイレ機器の電源コードを抜いておくようにしてください。作業中に水がかかると、感電や漏電が起こる危険性があります。安全対策として電源コードをコンセントから抜き、電源プラグなどが水濡れしないようにビニール袋などを被せておきましょう。

二酸化炭素濃度が高まるので換気をする

重曹とクエン酸を混ぜると二酸化炭素が発生しますので、換気扇を回すか、窓を開けるなどの対策が必要です。空気中の二酸化炭素濃度が高まると、気分が悪くなるかもしれませんので、換気を行ってください。

便器内に溜まっている水をバケツなどに汲み取る

便器内の水位が高い場合は汚水を汲み出す必要がります。トイレがつまって水位が上がっている状態では、作業を行えません。便器内の水を、バケツに汲み取ってから、つまりを解消するための作業を行ってください。

重曹とクエン酸とお湯を入れるときの作業手順やコツ

重曹とクエン酸とお湯を入れる手順は次の通りです。炭酸ガスを、十分に発生させ、つまりの原因になっている、大便やトイレットペーパーなどを効果的に溶かすために、次のように作業を行ってください。

1. 重曹50ml(1/4カップ)を便器の中に入れる
2. クエン酸100ml(1/2カップ)を便器の中に入れる
3. お湯を溢れさせないように便器の中にゆっくりと注ぐ
4. 炭酸ガスが発生し泡立ってきますので1時間ほど放置する
5. 1時間経過したらバケツに入れた水を少しずつ便器に流してみる
6. 水が流れてつまりが解消していることを確認する

つまり解消の効果を上げるためのコツ

重曹とクエン酸とお湯により発生した炭酸ガスの泡が、つまりの原因になっている便やトイレットペーパーを分散します。重曹とクエン酸を入れる順番を間違えると、発砲している時間が短くなってしまい、洗浄効果が落ちますので、必ず順番通りに作業してください。

また、泡が十分に発生してから、排水口の奥まで泡が届くように、お湯を注ぐようにしましょう。お湯を入れる容器には、バケツ・ヤカン・ペットボトルなどを使い、勢いよく注ぐと奥まで流れていきます。つまりの原因となっている、便やトイレットペーパーまで炭酸ガスを届けることが目的ですので、お湯を入れすぎる必要はなく、排水口がお湯に浸かる程度で大丈夫です。

1時間ほど放置したら、つまりが解消されているか確認しますが、その際はトイレの洗浄レバーを回さずに、バケツなどの水を使ってください。トイレつまりが解消されていない状態で、洗浄レバーを回してしまうと、便器から水が溢れるかもしれません。様子を見ながら、バケツの水を少しずつ注いでください。

まとめ

重曹とクエン酸を混ぜると、炭酸ガスが勢いよく発生し、トイレつまりの原因になっている、便やトイレットペーパーなどを溶けやすくしてくれます。重曹やクエン酸の性質を知ると、手順通りに作業する必要性を理解できるはずです。トイレがつまったときに、自分で解消できる方法として覚えておくと、役に立つかもしれません。ただ、手順通りに作業しても、つまりが解消されないときや、原因が別にあるときは、プロの水道修理業者へご相談してください。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~