水漏れ修理

簡単に試せるトイレのつまりの直し方一覧!画像付きでプロが解説

トイレは毎日のように使用しており、トイレのない生活は想像することができないでしょう。

それ故にトイレのトラブルで「トイレが突然流れなくなった」「トイレ詰まりでどうしたらいいかわからない」なんて声を耳にすることも少なくありません。トイレは毎日使うものなので、トイレのトラブルはできるだけすぐに直して使えるようにしたいですよね。

トイレつまりには原因や詰まりの症状によっては対処方法もそれぞれ異なります。

そのためトイレつまりの修理には、原因と症状によってそれぞれ最適な方法で直さなければいけません。基本的には業者へ依頼をして対応してもらう形にはなりますが、今回は、トイレつまりを自分で直す方法、原因や症状別でつまりの解消方法や予防、業者の選び方についてまとめてご紹介します。

トイレつまりを直す前に知っておくべき3つのポイントと予防策

トイレつまりの解消法をご紹介する前に、トイレつまりについて事前に知っておくと良いことを3つのポイントに分類してご紹介します。

それぞれ「トイレの仕組みと構造」「トイレつまりの前兆」「トイレつまりのよくある原因」について知っておくことは、トイレつまりの解消法を実践する際や、トイレつまりを今後起こさないための予防にもつながる大切なことになります。

1.トイレの構造と仕組みを確認しておこう

近年の住宅にあるトイレはほとんど洋式タイプのものであるため、この項目では洋式タイプのトイレの構造についてご紹介させていただきます。

まずは便器について解説します。洋式水洗トイレの便器は、水たまりと排水路の構造となっています。

水たまりは、便器内の水が溜まっている場所で、水をためておくことで排泄物をスムーズに流すだけではなく、便器への汚物の付着を防ぎ、下水管から便器へのぼってくる嫌なニオイを防ぐという役割があります。

排水路は、水や便器内の排泄物を排出させる便器内の排水路で、S字の形状をしています。

これらはトイレットペーパーなど流す量が多い場合、水がきちんと通らずにトイレの詰まりが発生する原因となります。

なので、トイレは排泄物を流し、水たまりの水位を一定に保つために、タンクでその流す水量を調整しています

次に、トイレタンク内の構造をご紹介します。

トイレタンクは、ボールタップ、フロートバルブ、オーバーフロー管が設置されています。

ボールタップは、タンクの中に浮いている玉です。この浮いた玉と、その玉を支える棒で構成された部品をボールタップと言います。このボールタップは、タンク内の水水位を測るためにあり、タンクの水位が低くなると給水し、上がると水を止める役割があります。

フロートバルブは、タンクの底に設置された黒いゴム製のバルブのことで、タンク内の水を便器に流す、水を止める、という機能があり、洗浄レバーと連動しています。

レバーを上げるとバルブが持ち上がり、排水されます。

オーバーフロー管は、タンクの中央部に立っている管を指し、タンクから水があふれることを防ぐ目的があります。もし何かしらの原因でタンクが故障し、水が溢れそうになった場合に、この管に溢れた水が通って逃げられるようになります。

最後に止水栓ですが、この止水栓を閉めると給水が止まるようになります。

止水栓は、タンクの側面付近の壁や床にあります。

これらを踏まえ、洋式水洗トイレが流れる一連の動作はどうなっているのでしょうか?

レバーを回すと、洗浄レバーと繋がっているフロートバルブが引っ張られてタンクの底にある排水弁が開き、便器内にタンクの水が流れます。これによって排泄物を水で下水に押し出すことができるのですね。水が流れ終わると、フロートバルブは閉まります。

このタンク内の水が少なくなれば、ボールタップが下に下がるので給水が始まります。

みなさんは一度水を流したあとにまたすぐに水を流そうとしても、なかなか水が流れないという経験をしたことはありませんか?その理由が、給水に時間がかかるからという理由で、必ず一度の洗浄に必要な水の量が溜まってから流しましょう。

2.トイレつまりの前兆を知っておこう

トイレは何かしらのつまる前兆があり、その前兆を把握することで事前にトイレつまりを予防できる可能性があります。

この項目では、トイレつまりの前兆をそれぞれご紹介しますので、それぞれの兆候を確認しておきましょう。

水の流れる勢いが弱い

水の流れる勢いが弱いということは、なにかがトイレの便器や排水管に詰まることや、タンクから便器に何らかのトラブルが起こり水が流れにくくなっていることが挙げられます。

トイレタンクを確認する場合には、まずは止水栓が開いているか確認し、もし閉まっている場合は開きましょう。止水栓が閉まっていると水の勢いが弱くなります。

止水栓が正常であればタンク内を開いてみましょう。さきほどご紹介した構造を知っていると、開けたときにも冷静に対処できます。

まずは洗浄レバーとフロートバルブを繋ぐ鎖が繋がっているかどうかを確認しましょう。この鎖が切れていると、便器に水が流れなくなってしまいます。切れていた場合には、ホームセンターや通販などで簡単に購入することができます。

鎖が正常の場合、フロートバルブがきちんと動くかどうか確認してみましょう。

フロートバルブにゴミなどの異物が付着していて、動かなくなっている場合があります。フロートバルブの汚れがひどい場合には、ブラシなどで清掃を行う必要がありますので、不要なブラシなどで汚れを落としましょう。フロートバルブを清掃する際には、止水栓は閉めてから行いましょう。

フロートバルブが正常であった場合、ボールタップを確認しましょう。

ボールタップの浮き球がフロートバルブの鎖にからまっていることや、タンクの壁にくっついてしまうと、水がきちんとタンクにたまらないことがあります。

浮き球がタンク内の水にぷかぷかと浮いている状態であれば問題はありません。

また、ボールタップの汚れも確認をしましょう。

ボールタップに汚れが付着していると正常に動かなくなります。これもフロートバルブの汚れを落とすことと同様に止水栓を閉じて汚れを落としましょう。

水位が上る

水を流したときは普通に流れるけど、流れるのに時間がかかることや、便器のみずたまりの水位が高くなっていた場合には、トイレつまりの兆候としてとらえることができます。

便器の中の水位が通常よりも高くなっていると、排水管の奥の方から汚れが発生していることや、異物などが引っかかっている可能性があります。

水位が高いからといって無理やりに洗浄レバーを何回も動かしたり、バケツに入れた水を大量に流したりするのは危険です。

排水管の詰まりには、対処できる方法がありますので、これは解消方法の項目にてご紹介します。

水を流すと異音がする

トイレで水を流したときに異音がするという場合、トイレが詰まる前兆の可能性、もしくはすでに詰まっている可能性があります。

異音にも種類があるため、こちらでまとめご紹介します。

・ゴボゴボという音が聞こえる

便器内の水たまりから「ゴボゴボ」という音がする場合には、排水管内になにか異物があるか、トイレットペーパーが異物などに引っかかり巻き込んだ空気によって発生する音である可能性があります。

便器内になにか落としていないか確認してみましょう。

・カンカン、コンコンという音が聞こえる

「カンカン」「コンコン」という音の正体は、排水の温度で配管が膨張または収縮し、近くの壁にぶつかっている音です。主に冬に鳴ることが多いのですが、故障やつまりではないので心配はありませんが、もし音が気になる場合には断熱材などを使用してみましょう。

・ゴン、ガン、という音が聞こえる

水栓を閉じた際に「ゴン!」「ガン!」と強い音が聞こえることがあります。

便器が壊れると思うほど強い衝撃音で、初めて聞くとびっくりしますが、水回りではよく発生する音です。

水道管の水が瞬間的に止められる際に圧力がかかるため、このような音が出てしまいます。この音には名前がつけられており、ウォーターハンマーという名称となっています。

ウォーターハンマーが頻繁に起きることや、音を抑えたいという場合には業者へ相談してみましょう。

・シューという音が聞こえる

トイレの壁の向こう側やタンク内から「シュー」という音聞こえる場合、壁の向こう側の場合には配管から水漏れが疑われます。

タンク内でしばらく長い間「シュー」という音が続く場合、タンク内でなにか異常がみられる可能性があるため、先述したタンク内を開けて原因を調べてみましょう。

・ピシャピシャという音が聞こえる

水が落ちる音が聞こえる場合には、便器から水漏れが発生している可能性があります。タンクの部品などが劣化して水漏れが起きるなど水漏れの原因はさまざまなので、業者へ連絡しましょう。

水を流すと嫌なニオイがする

トイレがなんとなく下水道の嫌なニオイがする、という場合、トイレの詰まりが疑われます。便器内の水たまりの水位が減っていることや、排水管の詰まりによって下水のニオイがのぼってきてしまいます。

水を流すと解決しますが、排水管が詰まっていては、流しても再び同じニオイが発生してしまいます。

詰まりの解消は後述させていただきます。

3.トイレつまりのよくある原因を知っておこう

トイレつまりが起きる原因には何種類かのパターンで予想することができますので、それぞれトイレの構造からつまりになる原因までわかりやすくご紹介します。

トイレのつまりがなぜ起きるのかを知っておくことで、解消につながるだけではなく、今後つまりを起こさないという予防にもなります。

つまりやすい場所は?

トイレの便器にはつまりやすい場所があり、そこからトイレつまりが発生しやすくなっています。

トイレはカーブ上の排水路で水が流れる構造になり、便器内へ大量のトイレットペーパーや排泄物、水に溶けない異物を流してしまうと、排水路のつまりやすい場所を流れきれずにつまってしまいやすくなります。

また、排水口の出口でもつまりが起こりやすいです。

トイレットペーパーの使用

トイレつまりのよくある原因が大量に使用したトイレットペーパーのつまりです。

トイレットペーパーは水に溶けますが、使用量を正しく使えば、トイレでしっかりと溶けるということで、使用したトイレットペーパーの量が多ければ多いほど水に溶けるまでの時間がかかりますので、トイレットペーパーでつまってしまいます。一般的にトイレットペーパーを使用する分量は5メートル以内が目安となっていますので、こまめに使用するようにしましょう。

また、ティッシュペーパーはそもそもトイレットペーパーとは異なる材質ですので格段に溶けにくいためティッシュペーパーを流さないようにしておきましょう。

ティッシュペーパーだけではなく、猫砂などの水に流せるタイプの商品なども水に流せるとはいえ、大量に使用するとつまるおそれがあります。めんどくさいとは思いますが、水に流せるからと言ってなんでもトイレに流さずにゴミ箱へ捨てる、ということも大切です。

節水で流す量が少ない

段から流す量を減らすことや、節水機能を過剰に設定しているという場合、排水管内に残留物が流れ切らずに蓄積されていくことがあり、結果的にトイレのつまりになります。

例えばトイレで水を流す際には洗浄レバーの大小で洗浄の強さを変えることができるのですが、大を小で流す、というような節水は水量不足で流れ切らずにつまりを起こしやすくなるので避けましょう。同様に誤った節水として、タンクにペットボトルを入れるというのは、水道代の節約になりますが、つまりを起こす原因になりかねませんので注意しておきましょう。

ただ、タンク内の部品の故障などで節水していないのに流す水の量が少なくなることもあります。

例えば、ボールタップや浮き球、フロートバルブの劣化や故障などが挙げられます。

タンク内のオーバーフロー管を見るとタンクにためておく水の量の標準水位が印としてありますので確認しておきましょう。

排泄物やペーパー以外の異物がつまる

来トイレで流すものではない異物が流されてしまうと、つまりが起きてしまいます。

トイレ棚にあったものが落下して流れてしまった、ポケットに入っていた小銭入れやスマートフォンを落として流してしまった、などで排水管が詰まってしまいます。

その他にも小さいお子さんの遊ぶおもちゃなどがトイレで流れることなども注意しておきましょう。

また、落ちたことに気づいたらすぐに取り出すようにしましょう。

実際にトイレつまりが起きたときに、生理用ナプキン、おむつ、検便カップ、ボールペン、ヘアクリップ、入れ歯、小銭入れ、スマートフォン、つまようじなどが実際のトイレつまりのケースとしてありました。また、食品の残り汁などもつまりの原因となりますので絶対に流さないようにしましょう。

トイレつまりの予防策はこれ!

これまで前半の内容を踏まえて、トイレつまりの予防策は以下のことに気をつけましょう。

まずはトイレの構造と仕組みを知っておき、タンクの故障によるつまりの際は自分でタンク内を確認しておきましょう。

1回で大量のトイレットペーパーを使用せず、使用量が多い場合には数回に分けるなどして工夫しておきましょう。

猫砂など水に流せる商品も、なんでもかんでも水に流せるとトイレに流さず、面倒とは思いますが一般ごみとして捨てておき、トイレを使用する際や故障の確認などを行う際にはポケットやトイレの棚など、モノの落下に気を付け、便器内に落ちてしまったら流さないようにしましょう。

また、洗浄レバーの大を使うべき時に使うようにし、使用する用途に合わせて水量を適切に使用してください。

タンク内にペットボトルなどを入れて節水するのも間違った節水方法で、配管がつまる可能性が高くなります。

トイレつまりを自分で直す方法は?

突然トイレが流れなくなって焦った方もいるのではないでしょうか?トイレが自然につまりを解消するのを待つ、なんて気長に構えている状況でもいられません。

しかし、トイレつまりは業者へ依頼すると高額になるのでできるだけ安価に抑えたいですよね。

そんなトイレつまりを自分で直す方法をさまざまなシチュエーションや原因別に分けてご紹介していきます。

重要!トイレの止水栓を止めて、つまり原因を特定すること

トイレつまりを解消する前に、修理中にトイレの水漏れが起きてしまう可能性があります。

トイレの水漏を起こさないためにも、事前にやらなければいけないことがあります。

止水栓を閉めなければなりませんが、まずは止水栓をまずは探しだす必要があります。一般的に止水栓は、タンクの側面付近の壁や床にありますが、マンションやアパートの場合、玄関横にあるパイプシャフトの中に元栓がある場合があります。

止水栓の場所が見つからない場合には、家全体の元栓を閉じましょう。戸建てなら宅地内の地面にあります。

ウォシュレット専用の止水栓があるので間違わないよう注意が必要です。

止水栓抜きを閉じるには、マイナスドライバーが必要になります。

マイナスドライバーを時計回り(右方向)にまわすと閉じますが、止水栓が固い場合には、無理をせずに家の元栓を閉めましょう。

次に、まずウォシュレットプラグを抜いておきます。ウォシュレットはセンサーに反応して水が出る仕組みになっているので、水漏れが起きた際に被害を増やしてしまいます。

また、ウォシュレットプラグを抜く際には、感電する危険性もあるのでゴム手袋を着用してプラグを抜くようにしてください。

バケツの水を使ってつまりを直す

バケツの水を使って、トイレつまりを解消する方法です。

特に水で溶けるトイレットペーパーが大量に使われた際のつまりに有効とされています。溶けるはずのものが溶けないということは密度が高くなり溶けにくくなっている状態と考えられます。

バケツで水を便器内の水たまりへ徐々に流し込むことで、水の動きや便器内の水が流れるようになり溶けやすくしてあげます。

このとき、水の温度が40度程度のお湯だとより効果的ですが、熱湯だと便器が割れてしまう可能性があるので熱湯を流し込むのは絶対にやめましょう

バケツがなければ、ペットボトルを数本用意するなど身近なものでも代用できます。

まずはバケツに入れたお湯を高い位置から便器内にゆっくりと注ぎます。便器内の水たまりの水位が高い場合には、水が多すぎて詰まっている場所まで届かない可能性があるので、水を減らしましょう。

もし水位が高くなっているようであれば、便器内の水をバケツやポンプなどで取り出してからお湯を注いであげるとつまりが解消します。

また、このときに洗浄レバーを引かないように気をつけてください。

薬品を使ってつまりを解消する

重曹クエン酸を使うとトイレつまりが解消するケースがあります。

クエン酸はお酢に含まれているので、家庭に常備されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし家にないという方でも、スーパーやコンビニなどでも手に入りますので、簡単に入手できますね。

重曹を50mlとクエン酸(お酢)100mlを混ぜて便器内に徐々に流していき、最後にバケツに入れたお湯を徐々に便器内に流していきます。

お湯を入れてから1時間程度放置して、またバケツに水を汲んでから便器内に少しずつ流します。水が流れるようになれば、つまりが解消します。

このときに熱湯は使わないようにしてください。

ラバーカップ(スッポン)でつまりを直す

トイレつまりの解消法にはラバーカップがよく家庭で使われています。

スッポンとも呼ばれる他に、ギュッポン、ガッポンなどと呼ばれています。

このラバーカップには主に3種類に分類されます。

カップの底が出っ張っているものと、出っ張っていないもの、つばのついたもの3種類となります。

カップの底が出っ張っているものはトイレ用、出っ張っていないものはキッチンなどの排水口用、つばのついたものは、複雑な排水管にもフィットするように設計されたものです。

ご家庭のトイレに合うものを選択するようにしましょう。

ラバーカップの使い方は、つまっている部分に柄を持って押し込み、勢いよく引き抜き、つまりが解消するまで繰り返します。。水がはねてしまうことがありますので、ビニールなどをあらかじめ床に敷いておくと良いでしょう。

つまりが解消すると水位が下がりますので、解消したら洗浄レバーで水を流して完了となります。

ワイヤーブラシでつまりを直す

固形物などトイレつまりにはワイヤーブラシを使って排水管内を押し込むことでつまりを解消します。

ワイヤーブラシと呼ばれるほか、パイプクリーナーやワイヤードレンブラシなどさまざまな呼ばれ方がありますが、このページではワイヤーブラシと呼ばせていただきます。

ワイヤーブラシを組み立てて、ワイヤーをゆっくりと便器の水たまりの排水路へ押し込み、ワイヤーが水たまりに落ちないように注意します。

ワイヤーを入れると、つまりの原因となるものに接触しますが、接触した段階でグリップ部分(柄)をひねってワイヤーを開店させながら押し込みます。この時に手元のワイヤーのねじれなどで怪我しないように注意しましょう。

バケツなどで水を流しながらつまりが解消しながら確認し、水が流れたら解消しています。

つまりが解消できていない場合またワイヤーを押し込んで作業を続けます。

ワイヤーブラシは水に入れると錆びますので、使用後は錆びないように良く洗い、布やブラシなどで清掃をしたのち乾燥をさせて保管しましょう。

真空式パイプクリーナーでのつまりを直す

真空式パイプクリーナーはトイレだけではなくキッチンなどのつまりにも効果的なアイテムです。

ラバーカップと同じような使い方ですが、ラバーカップよりも強い吸引力でつまりを解消できます。ホームセンターなどで、3,000円程度で購入することができます。

カップを便器に当てて真空式パイプクリーナーを「押して引く」を繰り返すと解消します。

水が引いてつまりが解消できればバケツに水を流すと確認できます。

つまりが解消するまでは洗浄レバーを引かないように注意しましょう。

ビニール袋でトイレのつまりを直す

ビニール袋とゴム手袋を使ってつまりを取ることもできます。

これは、ラバーカップや真空パイプクリーナーと同じような原理で、圧力を使ってつまりを解消します。非常に安価で解消に効果的ではあるものの、実践には抵抗感があるやり方となります。

ビニール袋2枚を重ねて、手にゴム手袋を着用します。また、汚れる可能性もあるので、水が飛び散らないようにし、汚れない服装で実施します。

手をグーの形にしてビニール袋に入れて、手をそのままトイレの排水管へ入れます。

手を押したり、引いたりして圧力をかけるのを何度か繰り返しておきます。

これで自然とつまりが解消するようになります。

水が流れたら手を排水管から抜き、ビニールとゴム手袋を処理しておきましょう。

高圧洗浄でトイレのつまりを直す

高圧洗浄機を使った方法です。

高圧洗浄機は家の外壁や車などのしぶとい汚れを落とすことで使われますが、トイレのつまりにも効果があります。固形物などがつまりの原因となっている場合には使用しても効果がみられませんので、注意が必要です。

つまりが発生して原意が特定できたら、トイレの排水管内へホースを潜らせて原因となっている部分へ水を噴射し、つまりを解消するという方法です。

トイレで使用するとなると水が跳ね返りますので、ビニールなどを敷いたり、トイレにビニールを被せたりして汚れないようにしておきましょう。

高圧洗浄機を用意してホースを便器内の排水管の曲がり角まで押し込んで、高圧洗浄機のスイッチを入れて噴射します。

これで汚物やつまりの原因となっているものを吹き飛ばします。

つまりが解消したら、バケツなどで水を流して解消を確認しておきましょう。

便器を取り外してトイレのつまりを直す

道具を使わずにトイレつまりを解消する方法で、これはトイレットペーパーや排泄物のつまりではなくスマートフォンやメガネといった小物などの異物に対応する方法です。

トイレを取り外すのは若干困難になりますが、一応自分でも行うことが可能です。

便座を取り外し、大きめのスポイトやポンプなどで便器内の水をすべて抜きます

次にタンクのフタを外して給水管につながっているナットなどをすべて外します。その後便器本体を取り外し、排水管内のつまりの原因となっているものを取り出しましょう。

抵抗があるとは思いますが、長めのゴム手袋や汚れても良い服装をしておくと作業すると良いでしょう。つまりが取れたら、再度便器、タンクをとりつけて水を流して完了です。

それでも直らない場合は?


これまでご紹介した方法でも解消されないという場合には、業者への依頼も視野に入れておきましょう。

排水管が劣化していることなどが原因として挙げられます。

そのような場合は自分で直すことは非常に困難で、無理に直そうとするとかえって状況が悪化するおそれがあります。

そのため、自分で直せなかった場合には修理業者へ依頼し確実に修理してもらいましょう。

修理業者に依頼する際には、複数の業者へ無料見積もりをお願いしてそこから選ぶと良いでしょう。業者によっては料金がかなり異なります。また、ホームページや電話で価格をはっきりと言わない業者には注意し、なるべく依頼しないようにしてください。悪徳業者の疑いがあります。何がどうなって価格が決定するのかを明確にしてくれる業者へ依頼しましょう。

もう一つ選ぶ基準としてトイレだけではなく水回り全般の工事を担当する業者には指定業者と言われる水道局から認定を受けている修理業者と、認定を受けていない業者がいます。

この水道局認定の指定給水装置工事事業者に指定されている業者を選ぶようにしておくと修理も確実で安心です。

まとめ


ここまで、前半ではトイレの構造やつまりの前兆、よくある原因をご紹介してトイレとトイレつまりの知識を知ることで、予防にもつながるようになります。

知識がある上で、実際に後半の内容を試してみるとどこに何が詰まって詰まりが起きたのか、全体的に問題を把握することができます。

また、自分で直す方法にもいくつか方法がありますので、状況似合わせて行いましょう。

安価なものはゴム手袋とビニール袋で行う方法があり、高いものは高圧洗浄機とやり方はさまざまです。

何度もやっても直らない場合には、排水管の劣化が考えられますので業者にお願いするようにしましょう。

トイレつまりが起きてからではなく、起きる前にこのページを参考に、もしつまりが起きたらと準備をしておくことも大切ですので、是非参考にしてみてくださいね。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~