水漏れ修理

トイレのつまり原因一覧!原因の特定と正しい解消方法をプロが解説

トイレつまりが起こると、解消するまでトイレを使用できなくなり、家族の生活に支障を来すことになります。トイレつまりは、正しくトイレを使用していれば、滅多に起こることがないトラブルです。先ずは、普段からトイレを正しく使用するよう、心掛けることが何よりも大切です。トイレつまりの原因となることに気を付けていれば、厄介なトイレつまりを避けることができるでしょう。

トイレつまりは、一度つまってしまうと、解消するのに手間がかかるため、できるだけ避けたいトラブルです。普段からトイレを正しく使用して、深刻なトイレつまりを起こさないようにしましょう。

ただ、トイレつまりは、ちょっとした不注意で起こることがあり、対処の仕方が悪いと、つまりが解消するどころか、悪化することがあります。トイレがつまったときの正しい解消方法を、しっかりと理解してください。トイレがつまったときに、対応を間違うと、汚物が溢れ出すなどの惨事を引き起こす恐れもあります。また、対処の仕方が悪いと、固形物を奥の方へ押し込んでしまったり、便器を破損させたりといったことも、起こります。

トイレつまりは、トイレットペーパーなどによる軽度のつまりであれば、自然と解消されるかもしれませんが、油断は禁物です。軽度のつまりが、深刻なトイレつまりの前兆であることもあり得ます。トイレつまりでは、原因を特定し、正しい解消方法を実施しなければなりません。

トイレつまりの原因

トイレつまりは、水に溶けにくいものや溶けないものを流したり、便器洗浄の水流が弱かったり、配管に汚れが付着していたりと、様々な要因で発生します。

トイレットペーパーや水に流せるトイレシートなどを大量に流した

トイレに流して良いはずのトイレットペーパーであっても、一度に大量に流すと、途中でつまってしまうことがあるので、注意してください。水に溶けやすいトイレットペーパーであっても、大量に流すと、水の中で分散する前に、途中でつまってしまうことがあるのです。

トイレットペーパーは、密度が荒く、水に浸すと絡み合っている繊維がほぐれやすいので、トイレに流すことができます。また、適量のトイレットペーパーであれば、便器洗浄の水流で拡散され、水に溶け出すのが早まるのです。

ただし、水に浸すと分散しやすく作られている、トイレットペーパーであっても、結合した繊維が離れるまでは、ある程度の時間を要します。また、一度に大量に流すと、トイレットペーパーが拡散されずに固まってしまうため、つまりの原因になるのです。

それから、水に流せるトイレシートやティッシュペーパーなどは、トイレットペーパーに比べると、繊維の結合が強く厚みがあります。水に浸すと細かく分散するように作られているとはいえ、水に溶け出すまでに時間がかかります。水に流せると明記されているからと言って安心せずに、一度に何枚も流さないようにしましょう。

水に溶けない普通のティッシュペーパーなどを流した

トイレつまりの原因として多いのが、普通のティッシュペーパーをトイレに流したときでしょう。普通のティッシュペーパーは、樹脂を添加するなどして、破れにくく作られています。また、普通のティッシュペーパーは、長い繊維のパルプを原料としている上、密度が高く、繊維同士が絡み合っています。

そのため、普通のティッシュペーパーをトイレに流してしまうと、すぐにつまってしまうかもしれません。ティッシュペーパーを、安易にトイレに流さないようにしましょう。

汚物を流すための水流の圧力が不足している

排泄物とトイレットペーパーを流すには、便器洗浄の水流による圧力が必要です。その水流が弱く、勢いが足りないと、汚物を押し流せないことがあります。もし、便器洗浄の水流が弱いように感じるときは、止水栓やトイレタンクを確認した方が良いでしょう。

トイレ本体の足元などに止水栓がありますので、しっかりと開いているか確認してください。トイレタンクに関しては、蓋を開けて確認する必要がありますが、仕組みなどが分からず点検できない場合は、水道修理業者に相談してください。

大便やトイレットペーパーを流すときに大洗浄ではなく小洗浄を使用した

大便を流すときに、節水のために小洗浄を使う方がいるなら、つまりの原因になりますので、大洗浄を使うようにしましょう。洗浄ハンドルに大洗浄と小洗浄がある場合、小洗浄の水流は弱いので、大便の後は大洗浄を使うようにしてください。

また、用足しが大便でなく小便のときでも、トイレットペーパーを使ったら、大洗浄で流した方が良いでしょう。小洗浄の水流では、トイレットペーパーを奥まで押し流せないため、つまりの原因になることがあります。

便器内に嘔吐した

嘔吐するときに、便器を使う方がいるかもしれませんが、嘔吐物がつまりの原因になることがあります。大量に嘔吐したり、水に溶けにくい食べ物を嘔吐したりすると、トイレつまりの原因になりますので、注意が必要です。大便と違い、消火されていない食べ物は、水に溶けにくいため、トイレつまりの原因になります。

便器への嘔吐を、頻繁に繰り返していると、流れなかった嘔吐物が排水管内に少しずつ溜まっていきます。すぐにトイレがつまらなくても、いつかトイレつまりを引き起こすかもしれません。

便器や配管に尿石が付着して溜まっている

尿石とは、尿の成分であるカルシウムイオンが固まったもので、便器および排水管の内部にこびりついて蓄積すると、排水不良やつまりの原因となります。尿石は、尿に含まれる色素の影響で、黄色や茶色です。尿石が沈着しているときは、トイレが黄ばんだり、アンモニア臭が発生したりすることも多くなるでしょう。

尿石は、時間の経過とともに固くなり、通常の中性洗剤やこすり洗いでは、取り除けない頑固で厄介な汚れです。尿石が溜まってしまうと、排水不良やつまり、悪臭の原因になるので、できるだけこまめに掃除をして、尿石の付着を予防しましょう。

尿石は、アルカリ性のため、便器に付着している尿石を除去したいときは、酸性洗剤やクエン酸などを使います。ただし、頑固な尿石は、1度掃除しただけでは、全て除去できないことがあります。その場合は、何度か続けて、少しずつ落とす必要があるでしょう。

また、尿石が排水管に付着しているときなど、除去することが困難な場合は、専門業者へ依頼してください。つまりの原因がはっきりしていない場合でも、専門業者であればつまりの原因を調査しながら必要な対処をしてくれるはずです。

便器の中に固形物を落とした

便器の中に固形物や水に溶けないものを落とすと、つまりの原因になります。便器内の手の届く位置であれば、自分で取り除けますが、奥の方へ流れてしまった場合は、業者へ依頼して取り除いてもらいましょう。便器の水が流れるからと言って、放置したまま使い続けると、汚水や汚物が便器から溢れ出すような事態にもなりかねません。

固形物が奥の方でつまっているときは、便器を一旦取り外す必要がありますが、自分で作業をすると、便器を破損させたり、トイレを汚したりする心配があります。便器は重量物であり、慎重に扱う必要があります。知識や経験のない方が、便器を外して作業することはお勧めできません。

便器を取り外すとなると、手間がかかる上、修理費が嵩みます。スマートフォンなど、落下しそうなものは、むやみにトイレに持ち込まないようにしましょう。小さな子どもがいる場合は、おもちゃなどを持ち込ませないようにしてください。また、おむつや生理用品、ペットシートなど、水に溶けないものをトイレに流してしまったときは、取り除け必要があります。

トイレつまりは、大小便とトイレットペーパー以外のものを流さなければ、滅多に起こることはありません。トイレットペーパーなどによる軽度のつまりであれば、ラバーカップや数時間の放置で、大抵は解消されます。トイレつまりが中々解消されない場合や、頻繁に起こる場合は、知らないうちに何か固形物がつまっているのかもしれません。深刻になる前に、専門業者に相談した方が良いでしょう。

トイレつまりを解消できるラバーカップ

トイレつまりを、自分で解消する手段として、最も一般的なのはラバーカップです。ラバーカップには、吸引カップなどの別名や、スッポンなどの通称があり、英語ではプランジャー(plunger)と呼びます。ラバーとはゴムのことですが、英語のラバーカップ(rubber cup)は、先端にあるゴムカップの部分を指すのに用いられる語です。

ラバーカップは、ホームセンターやドラッグストア、スーパーマーケットなどで、数千円で購入できます。必要になったときに、すぐに使えるようにあらかじめ自宅に用意しておくことをお勧めします。

ラバーカップの使い方

ラバーカップは、柄の先についている半球状のゴムカップを排水口に当てて、強く押したり引いたりして使います。ラバーカップは、ゴムカップを押したり引いたりする作業を繰り返すことで水圧を生み、つまりを動かして解消する器具です。最初にゴムカップを押して空気を抜くときは、ポコッと出てくる空気により汚水が飛び散らないように、ゆっくりと静かに行ってください。

ラバーカップには、真空式パイプクリーナーと呼ばれる、製品もあります。それらの製品は、ハンドルを上げ下げするだけで、強力な吸引力と押し下げる圧力を生むことができます。

また、ラバーカップを使用する際は、先端のゴムカップが水の中に完全に沈んだ状態になる位置まで、水を溜めておくようにしてください。ラバーカップは、水がない状態では、真空状態にならないため、効果がありません。便器内の水が足りないときは、バケツなどで水を足しておきましょう。

ゴムカップを押すときは、カップ内の空気をすべて押し出す、あるいは抜くイメージで、ゆっくりと押し付けてください。ラバーカップ内の空気が押し出された状態から、今度はラバーカップを上方向に勢いよく引きます。そうすると、ラバーカップの中が真空状態となり、強い吸引力が生まれ、水が吸い寄せられてつまっているものが動き、つまりが解消されるのです。ラバーカップを引くときは、真空状態になるため、汚水が飛び散る可能性がありますので、ビニールシートでカバーを掛けるなどの対策が必要です。

もしも、つまりの原因になっていたものが逆流してきたら、便器から取り出してください。水に溶けない固形物はもちろんですが、通常流して良いものも、もう一度、トイレに流そうとすると、再びつまるかもしれません。できる限り、取り出して処分した方が良いでしょう。

何度か、押して引いてという作業を繰り返しているうちに、水がすーっと引いたら、つまりが解消されていくサインです。念のため、バケツを使って便器に水を流し、つまりが解消されスムーズに流れるか確認してからトイレの使用を再開してください。バケツの水を流したときに、通常よりも水位が上がるようであれば、再度、ラバーカップで作業する必要があるでしょう。

ラバーカップを使うと、便器に落としたものが吸引力で引き寄せられることもありますが、逆に奥まで押し出してしまう恐れがあります。水に溶けない固形物を奥に押し出してしまうと、業者に依頼して取り除いてもらうときに、余計に手間がかかることになります。ラバーカップは、水に溶けるものがつまったときに、動かしたり、水圧をかけたりして解消するのに有効な器具です。大便やトイレットペーパーなどのつまりを押し流すときに使用することをお勧めします。

使用後のラバーカップは、きちんと水洗いして、天日干しで乾かしてから保管しましょう。トイレの便器で使用したものを、そのまま保管しては不衛生です。

ラバーカップには洋式トイレ用や和式トイレ用などの種類がある

ラバーカップは、柄の先端にゴムカップが取り付けられていますが、ゴム形状の異なる複数の種類があります。洋式トイレ用のゴムカップは、半球状のカップの中央に、筒状の出っ張りがあるのが特徴です。この筒状の出っ張りを、洋式トイレの細い排水口にはめるように入れて、押し引きすることで、より効果的につまりを解消します。

和式トイレ用のラバーカップは、先端に筒状の出っ張りがないため、洋式トイレの排水口にしっかりと押し込むことができません。和式トイレ用のラバーカップを、洋式トイレに使うと、汚水が飛び散ったり、吸引力や押し出す圧力が不足したりして、作業効率が下がるでしょう。

筒状の出っ張りがある洋式トイレ用のラバーカップの方が、半球状カップのみの和式トイレ用より、一般的に値段は高くなります。しかし、洋式トイレ用のラバーカップであっても、数千円で購入できます。洋式トイレなら洋式トイレ用のラバーカップ、和式トイレなら和式トイレ用のラバーカップというように、正しく使い分けることが大切です。

また、100円ショップで売られているラバーカップは、和式トイレ用であり、しかもカップのサイズが小振りで、耐久性も劣ります。そのような点も考慮して、ラバーカップを購入しましょう。

それから、ラバーカップには、ツバ付きの製品があります。ツバが付いていると、複雑な形状の便器であっても、覆いやすく、便器への密着性が高まり、隙間を作らずにフィットします。節水型便器は、形状が複雑なため、ツバ付きラバーカップがお勧めです。

ラバーカップを使ってトイレつまりを解消するための準備

ラバーカップでつまりを解消するときは、汚水の溢れや飛び散りなどが起こらないように、準備をしてから作業に取り掛かりましょう。

止水栓を止める

ラバーカップを使う作業では、誤って洗浄レバーを回して水が溢れるようなことを防止するために、止水栓を閉めておきましょう。水洗トイレなど、水回りの修理では、止水栓を閉めてから、作業に取り掛かるのが基本です。

床や便器をビニールシートなどで覆う

ラバーカップを排水口に当てて、押し引きしていると、汚水が飛び散る恐れがあります。トイレ用のラバーカップは、飛び散りにくく作られていますが、慣れていないと汚水が飛び散るかもしれません。床と壁をビニールシートで養生し、便器にはラバーカップを通せるように穴を開けた、ビニールシートでカバーを掛けましょう。

用を足した後の便器の汚水は、雑菌が多い状態です。人や床などに汚水がかからないように、十分注意してください。

便器内の水位をラバーカップが隠れるくらいに調整する

ラバーカップは、水の中でなければ、真空状態にならないため、吸引力が生まれません。便器の水位が低く、ラバーカップが完全に水に浸からないときは、バケツなどで便器に水を足して調整してください。逆に、便器内の水位が高すぎると、汚水が飛び散りやすくなるため、必要な水位になるまで、便器内の水を汲み取る必要があります。

軽度のトイレつまりであればラバーカップを使うか数時間の放置で解消する

トイレに流して良いものであっても、一度に大量に流すと、つまってしまうことがあります。トイレットペーパーは、水に浸かると繊維がほぐれやすく、分散しやすいとはいえ、大量に流すと、溶け出す前に排水管につまることがあります。

そのような場合でも、トイレットペーパーは時間が経てば自然と溶け出すため、大抵は数時間でつまりが解消されることが多くなるでしょう。ただし、数時間経ってもつまりが解消する気配がないときは、水に溶けないものがつまっているのかもしれません。

一見、軽度のトイレつまりのように感じても、深刻なトイレつまりの前兆のときがあるので、注意が必要です。トイレつまりを解消しないまま放置すると深刻な事態になることがあります。トイレつまりがきちんと解消されないときは、早めに専門業者に相談した方が良いでしょう。

トイレつまりの解消で注意しなければならないこと

トイレがつまってしまうと、慌ててしまうかもしれませんが、間違ったことをすると被害が拡大する恐れがあります。また、知識や経験がないのに、無理をして自分で解消しようとすると、思わぬ失敗をするかもしれません。

便器に熱湯を入れてはいけない

陶器製の便器に熱湯を入れると、ひびが入ることがあります。重曹を使うときなどに、お湯を入れることがありますが、40~60度くらいのぬるま湯を使ってください。

便器を外す必要があるときは専門業者に依頼する

便器の排水口の奥に固形物がつまっているときは、一旦便器を取り外してから、取り除く必要があります。しかし、便器脱着を伴う作業は、専門業者に依頼すべきことであり、技術のない方が簡単に行える作業ではありません。便器は重量があり、破損しやすい上、取り付け方が悪いと、水漏れの原因にもなるでしょう。

便器脱着を伴うつまり解消作業は、修理料金が高くなりますが、自分で作業をして失敗すると、失費が増えることになります。

洗浄ハンドルを回して汚物などを無理に流そうとしない

トイレがつまって、便器の水位が高くなったときに、洗浄ハンドルを回して無理に流そうとすると、汚物や汚水などが溢れ出す恐れがあります。トイレがつまったときは、慌てずに、冷静に対処してください。

強い薬剤を使用するときは取り扱いに注意する

トイレがつまりやすくなったときに、薬剤を便器に投入し、つまりを解消する方法があります。ただし、濃度の低いアルカリ性洗浄剤では、ヌメリやニオイの除去などの効果しかありません。

大便や嘔吐物などのつまりを解消するためには、強いアルカリ性の薬剤が必要です。さらに、ペーパー類を溶かすには、強いアルカリ性の劇薬が必要になります。劇薬であっても、一般の方の購入は可能ですが、劇物譲渡書のやり取りが必要です。

強いアルカリ性の薬剤は、洗浄能力が高い分、危険性が高まるため、取り扱いに細心の注意が必要です。取り扱いを誤ると、重篤な皮膚の薬傷や、重篤な目の損傷などを引き起こす危険性があることを十分理解しておきましょう。

また、尿石が原因でつまりが起こっているときは、酸性の尿石除去剤が必要です。小便器がつまっているときは、尿石が原因であることがほとんどです。大便器でも、尿石が溜まって、つまることがありますが、この場合はいくら強いアルカリ性の薬剤を使っても、つまりは解消されません。

重曹とクエン酸を便器に入れるときは正しい方法で行う

重曹にクエン酸を混ぜると、炭酸ガスが発生し、大便やトイレットペーパーが水の中で分散するのを早めてくれることが知られています。ただし、つまっているトイレで勢いよく発砲させると、泡や水が溢れる恐れがありますし、勢いが弱いとつまりを解消するだけの効果が得られません。

重曹とクエン酸を使ってトイレつまりを解消するときの、一般的な手順は次の通りです。また、重曹を便器に入れる前に、汚水を汲み取るなどの準備も必要です。

1. 重曹50ml(1/4カップ)を便器の中に入れる
2. クエン酸100ml(1/2カップ)を便器の中に入れる
3. 40~60度くらいのぬるま湯を溢れさせないように便器の中にゆっくりと注ぐ
4. 炭酸ガスが発生し泡立ってきますので1時間ほど放置する
5. 1時間経過したらバケツに入れた水を少しずつ便器に流してみる
6. 水が流れてつまりが解消していることを確認する

まとめ

トイレがつまってしまうと、用を足すことができなくなり、とても困りますし、解消するのに手間がかかります。トイレは、正しい使い方をしていれば、滅多につまることはありません。普段から、トイレを正しく使う習慣を維持していれば、トイレつまりが起こる確率は低くなるはずです。

トイレには、必要がなければ落下しそうなものを持ち込まないようにし、もし落としてしまったときは、不要なものでも流そうとしないでください。排泄物とトイレットペーパー以外を、トイレに流さないことが、トイレつまり予防の基本です。

また、トイレに流して良いトイレットペーパーであっても、大量に流すとつまることがありますので、使い過ぎにも注意してください。使う量が多くなりそうなときは、便器にトイレットペーパーが溜まる前に、数回に分けて流すと良いでしょう。

トイレがつまったときは、慌てずに冷静な対応を心掛けましょう。トイレがつまったときに、洗浄ハンドルを回して無理に流そうとすると、汚水が溢れる恐れがあります。トイレに流してよい、大便やトイレットペーパーなどによる軽度のつまりなら、大抵は数時間放置しただけで自然に解消します。また、ラバーカップを使えば、自分で解消できるので、用意しておいた方が良いでしょう。

ラバーカップなどで解消できないときや、数時間経っても解消しないときは、水に溶けないものが原因であるなど、深刻なトイレつまりかもしれません。そのような場合は、専門業者に依頼することをお勧めします。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~