水漏れ修理

水洗トイレのレバーを回しても水が出ないときの対処方法をプロが解説

水洗トイレには、従来からのタンク式トイレとタンクレストイレがあります。タンク式トイレは、レバーを操作してタンクの水を便器内に流し、使用後はタンク内に再び水が溜まるという仕組みです。

タンク式トイレは、タンク内の不具合により、便器に流れる水が止まらなかったり、レバーを回しても水が出なかったりすることがあります。タンク式トイレで、水が出ないときの原因と対処について解説しますので、参考にしてください。

水が出ないときはまずはタンクの蓋を開けて水の溜まり具合を確認する

もし、レバーを回しても水が出ないときは、まずはタンクの蓋を開けて、水が溜まっているか、溜まっていないかを確認してください。水が溜まっている場合と、溜まっていない場合では、不具合箇所が異なります。

水が溜まっている場合は、ゴムフロートを引っ張る鎖を点検してください。逆に、水が溜まっていない場合は、浮き球の作動不良などが原因と考えられます。

水が溜まっている場合はゴムフロートの鎖などに不具合があると考えられる

ゴムフロートとは、トイレタンクの底にある排水口を塞ぐためのゴム製の蓋です。レバーを回して、ゴムフロートに繋がっている鎖を引っ張ると、トイレタンクの水が便器に流れていく仕組みです。レバーを戻すと、ゴムフロートが下に落ちて、元の位置に戻ります。

レバーとゴムフロートを繋いでいる鎖が切れたり、外れたり、引っかかっていたりすると、レバーを回してもトイレタンクの水が便器内に排水されません。トイレタンクに水が溜まっているのに、レバーを回しても水が出ないときは、ゴムフロート弁を引っ張る鎖などに原因があると考えられます。

もし、鎖が切れてしまっていたら、新品と交換しなければなりません。新しい鎖を用意できるまでは、針金やビニール紐などで切れた鎖を繋ぎ、応急処置をしておくとよいでしょう。

また、タンク内で鎖が何かに絡まったり、引っかかったりして、動かなくなっているかもしれません。その場合は、引っかかっている鎖やその他の部品を破損させないように、慎重にほどいてください。鎖がほどければ、スムーズに動くようになるはずです。

ゴムフロート弁をスムーズに開閉させるには、鎖が2~3環くらいたるむように調整するとよいでしょう。それから、作業をする前に、水洗トイレの足元にある止水栓を閉めるようにしてください。止水栓を閉めずに作業し、ゴムフロートが浮き上がると、水が流れ続けます。

水が溜まっていない場合は浮き球の作動不良などが原因と考えられる

浮き球はその名の通り、トイレタンク内に溜めた水に浮かんでいますが、水位が下がると浮き球も一緒に下がります。それから、トイレタンクの給水管は、タンク内でボールタップという部品と接続されていますが、ボールタップの中には弁があります。ボールタップの中にある弁は、浮き球が下がると開き、浮き球が上がり元の位置に戻ると閉まり、トイレタンクの水位を正常に保っているのです。

トイレタンク内に水が溜まっていない場合は、排水されたときに浮き球が動かなかったため、ボールタップが作動しなかったと考えられます。浮き球が下がらず、ボールタップの弁が開かないと、給水されません。

水が溜まっていない場合は、浮き球がトイレタンク内の壁に接触していないか、確認してください。浮き球が壁に接触して動かないときは、浮き球とボールタップを繋ぐ支持棒の差し込み方や曲がり具合を調整する必要があります。

また、浮き球は、破れてパンクすることもありますので、その場合は新品と交換しなければなりません。

手洗い金具から水が出ない場合

タンク式トイレには、手洗い付きタンクと手洗いなしタンクがありますが、手洗い付きタンクでは手洗い金具から水が出ないというトラブルも発生します。手洗い金具から水が出ないときは、手洗い金具と接続管の状態を確認してください。

手洗い金具と接続管がきちんと接続されているか、劣化や損傷がないかを確認します。手洗い金具とボールタップを繋ぐ接続管に劣化や損傷があるときは、交換が必要です。この箇所の接続管は、ゴム製かプラスチック製のどちらかです。

手洗い金具と接続管に問題がなければ、ボールタップに取り付けられているダイヤフラムという部品が劣化しているかもしれません。ダイヤフラムは水圧を制御する部品ですが、劣化するとタンクに給水されなかったり、水がタンクに溜まっても止まらなくなったりすることがあります。ダイヤフラムは、汚れを落とすと症状が解消することがありますが、パッキンなどが経年劣化する部品ですので、新品に交換した方がよいでしょう。

なお、ボールタップには、水圧とテコの原理を利用する単一機械式と、水圧と空気の力を利用するダイヤフラム式があります。単一機械式は吐水口が完全に塞がるまで時間がかかりますが、ダイヤフラム式は瞬時に吐水口を遮断できるという利点があります。

タンクのレバーが回転不良を起こしているため水が出ないことがある

タンクのレバーは、タンクの内側の芯棒と直結していますが、芯棒の錆びや汚れが原因となり、レバー自体が動かなくなることがあります。その場合は、レバーを外してチェックする必要がありますが、作業に慣れていない一般の方は、業者へ依頼した方がよいでしょう。

芯棒に錆びや汚れが付着している場合は、ワイヤーブラシかサンドペーパーで磨いてから、潤滑油を吹き付け、元どおりに取り付けます。芯棒が腐食している場合は、新品と交換する必要があり、場合によってはレバー自体の交換も必要になるでしょう。

トイレタンクのメンテナンスでは止水栓で流量を調整する必要がある

止水栓には、ネジタイプとハンドルタイプがあります。ネジタイプはマイナスドライバーなどで調整し、ハンドルタイプは手で回して調整します。

トイレタンクに繋がる給水管の止水栓は、給水量の調整が必要です。止水栓を開けすぎると、トイレタンク内から水が溢れることになりかねません。メンテナンスなどの作業が終わったら、閉めた止水栓を、適切な給水量に調整しながら、開ける必要があります。

給水量を調整するときは、浮き球を手で押し下げた状態で、オーバーフロー管の最上部より1cm以上高くならないようにしてください。なぜなら、1cm以上の高さまで上昇するくらいの流量では、ボールタップが故障したときに、水が床まで溢れる恐れがあるからです。トイレタンクの標準水位は、オーバーフロー管の最上部より2~3cmぐらい下の位置です。

ゴムフロート弁の脇には、オーバーフロー管という水位が高くなりすぎるのを防ぐための管があります。ゴムフロート弁とオーバーフロー管は、別々の部品として購入できますが、セットで販売されていることの多い部品です。オーバーフロー管は、トイレタンクの底の排水口に繋がっていて、水位が高くなり過ぎたら水を排水管に流す役割があります。

まとめ

水が出ないというトラブルは、タンク式トイレでよく起こるトラブルの一つです。トイレタンク内では、浮き球、ボールタップ、ゴムフロートなどが連携して、水が流れる仕組みになっています。

各部品の正常な状態や、水が流れる仕組みを理解し、タンク内の構造を知っていれば、タンクの蓋を開けて、ある程度は状態を点検できるでしょう。ゴムフロートを引っ張り上げる鎖や、浮き球に関するちょっとしたトラブルなら、自分で解決できるかもしれません。

ただし、水洗トイレの各部品は、正しく扱わないと破損したり、正常に動作しなかったり、あるいは水が溢れたりする心配があります。また、部品が劣化していないか、正しく調整されているかなどの点検も必要です。経験や知識が乏しい方は、無理な作業をなさらないでください。

一般の方でも、作業方法と故障原因を知っていれば、部品を取り寄せて交換することも可能ですが、余裕がないときは専門業者へ依頼することをお勧めします。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~