水漏れ修理

プロが解説!トイレのつまりで少しずつ流れるときの対処方法

トイレつまりでは、便器内の水が全く流れないときと、少しずつ流れるときがあります。トイレットペーパーがつまったのであれば、時間が経つにつれて溶け出し、少しずつ流れてつまりが解消されるはずです。ただし、少しずつ流れるときでも、排水管内のつまりに隙間があるだけで、深刻なトイレつまりの前兆のときがあります。トイレつまりが発生したときは、つまりの原因が何かで、軽度のつまりなのか、深刻なつまりなのかが変わります。

トイレがつまって便器内の水が少しずつ流れるとき

トイレのつまりが発生したときに、少しずつ流れるのであれば、軽度のつまりの可能性があります。少しずつ流れるのは、水が流れる隙間が少しだけ残っているということです。トイレットペーパーや大便が原因となり、一時的につまったのであれば、放置するだけで便器内の水位が少しずつ下がり、つまりが自然に解消されることがあります。

ただし、放置しているだけで、つまりが解消されるのは、一度に大量のトイレットペーパーを流したり、粗悪品のトイレットペーパーを使用したりしたときです。もちろん、固形物や水に溶けないもの、吸水性のある紙製品などを、トイレに落としてつまっているときは、つまりの原因を除去する必要があります。自分で取り除けないときは、専門業者へ依頼してください。

また、配管の汚れなどが原因でつまりやすくなることがあります。普段の掃除やつまり解消作業で改善されないのであれば、専門業者に相談した方が良いかもしれません。

つまりの原因がいずれの場合であっても、トイレを使用した後に、正常に流れていかず、少しずつ流れる可能性があります。正常に流れずに、少しずつ流れるときは、つまりの原因によって対処しなければならないことが異なります。また、しばらく放置して、少しずつ流れるときは軽度のつまりかもしれませんが、全く流れないときは深刻なつまりが発生していると考えて良いでしょう。便器内に溜まった水が、全く流れないときは、専門業者に相談しましょう。

トイレットペーパーなどが軽度のつまりの原因になることがある

トイレットペーパーや、トイレに流せるティッシュペーパーやトイレシートなどが原因で、トイレつまりが起こることがあります。用を足す直前まで、正常に流れていたのに、急に流れが悪くなったときは、その可能性が高いでしょう。これらの原因によるトイレつまりは一時的なものであり、つまり解消後に、トイレの使用方法を改善すれば、つまることがなくなるはずです。

トイレットペーパーを一度に大量に流したり、粗悪品を使用したりすると、トイレつまりの原因になります。また、トイレに流せるティッシュペーパーやトイレシートなどは、トイレットペーパーに比べて、分散するまで時間がかかるので、使用方法に注意してください。

これらが原因であれば、時間が経つにつれて、トイレットペーパーなどが溶け出すため、つまりは解消されるはずです。放置していても、便器内に溜まった水は少しずつ流れ、自然に水位が下がるでしょう。

トイレットペーパーなどは、水に浸すと分散しやすく作られているとはいえ、結合した繊維が離れるまでは、ある程度の時間を要します。大量のトイレットペーパーを一度に流すと、途中でつまってしまうことがあるので、注意してください。

トイレットペーパーはなぜ水に溶けるのか

トイレットペーパーなどの紙の製造工程には、パルプ化工程と製紙(抄紙)工程があります。原料となるパルプは、木材チップや古紙を溶かし、繊維を取り出して製造します。そして、水で薄めたパルプを抄くための抄紙機を使い、パルプをシート状にして乾燥させると、原紙を製造できるのです。

このように、植物繊維が原料の紙は、パルプ化工程と製紙工程を経て製造されています。紙は、繊維同士を接着し、結合させなければ、作ることはできません。これは、トイレットペーパーに関しても同じことです。

ただし、繊維が結合する強度は、製造される紙の種類により異なります。トイレットペーパーは、繊維が離れやすいため、水に入れて掻き混ぜると、ばらばらに溶け出します。トイレットペーパーが水に溶けやすいのは、繊維が結合する強度を低くしてあるからです。

トイレットペーパーは、厳密には水に溶けるわけではなく、水に浸すと絡み合っていた繊維がほぐれ、細かく分散しているだけです。トイレットペーパーは、水に浸したときに、ほぐれやすくする必要があります。そのため、トイレットペーパーは、繊維の長さを短くし、密度を粗くして作られているのです。

品質の良いトイレットペーパーは、水に浸したときにできるだけ細かく分散するような工夫がされています。例えば、木材には、広葉樹と針葉樹がありますが、広葉樹の方が繊維の長さが短いため、トイレットペーパーに適しています。

逆に、ティッシュペーパーは、繊維が長い針葉樹が使われたり、樹脂を添加したりして、破れにくく作られているのです。また、ティッシュペーパーは、繊維が長い上に、密度が高いため、繊維同士が絡み合っています。

軽度のトイレつまりを自分で解消する方法

軽度のトイレつまりなら、放置するだけで、自然に解消されるかもしれませんが、ラバーカップや重曹などを使えば、つまり解消が早まります。つまりが解消するまで、トイレを使えないのは不便です。できるだけ、つまり解消が早まるように、自分で解消する方法を覚えておいた方が良いでしょう。

ラバーカップを使って軽度のつまりを解消する

トイレつまりの原因が、トイレットペーパーや大便であることが分かっているなら、ラバーカップを使うと良いでしょう。ラバーカップは、ホームセンターやドラッグストア、スーパーマーケットなどで、数千円で購入できます。使い方も簡単ですし、軽度のつまりであれば、手っ取り早く対処できるので、予め用意しておくことをお勧めします。

ただしラバーカップは、吸引力と押し出す圧力でつまりを解消する器具です。水に溶けないものを、奥に押し流してしまい、悪化させる恐れがあります。固形物などをつまらせたときは、別の方法で取り除いた方が良いでしょう。

重曹とクエン酸とお湯を使って軽度のつまりを解消する

重曹は、炭酸水素ナトリウムの略称で、水溶液はpH8.4(1%水溶液、25℃)と弱いアルカリ性を示す物質です。重曹を水に溶かすと、徐々に分解してアルカリ性が強まると同時に、炭酸ガスが発生し泡が出ます。発砲する勢いを強めるには、熱を加えたり、酸性のクエン酸などを混ぜたりすると、効果的です。

この時に発生する泡は、つまりの原因になっている大便やトイレットペーパーが水に溶けるのを、早める効果があります。ただし、この方法は、適切に作業することが難しいため、注意が必要です。重曹とクエン酸の使用量が多すぎると、炭酸ガスの泡で水が溢れて、トイレを汚してしまう恐れがあり、逆に少なすぎるとつまり解消の効果がありません。

重曹とクエン酸とお湯を使う場合は、次のような手順で行います。

1. 重曹50ml(1/4カップ)を便器の中に入れる
2. クエン酸100ml(1/2カップ)を便器の中に入れる
3. 40~60度くらいのぬるま湯を溢れさせないように便器の中にゆっくりと注ぐ
4. 炭酸ガスが発生し泡立ってきますので1時間ほど放置する
5. 1時間経過したらバケツに入れた水を少しずつ便器に流してみる
6. 水が流れてつまりが解消していることを確認する

熱湯を入れると、陶器製の便器にひびが入る恐れがあるため、40~60度くらいのぬるま湯を使用してください。1時間経過したら、バケツの水を少しずつ流して、つまりが解消しているか確認してください。確認せずに、洗浄ハンドルを回すと、つまりが解消されていない場合は、便器の水が溢れる恐れがあります。

それから、作業を開始する前に、止水栓を閉めたり、電源コードを抜いたり、換気扇を回したり、床が汚れないようにビニールシートなどで覆ったりする作業が必要です。また、便器内の水位が高い場合は、汚水を汲み取る必要があります。

トイレの水が少しずつ流れるときはトイレつまりの前兆の可能性がある

トイレつまりの原因が、直前に流したトイレットペーパーや大便であれば、一時的なつまりかもしれません。しかし、トイレの使用方法に気を付けていても、同じトラブルが繰り返されるのであれば、水に溶けないものがつまっているのかもしれません。放置せずに、専門業者に相談した方が良いでしょう。

まとめ

トイレつまりで、便器内の水が少しずつ流れるとき、直前に使用した際のトイレットペーパーや大便がつまったのであれば、一時的なつまりです。その場合は、軽度のつまりであることが多く、ラバーカップを使うなどして対処すれば、つまりを解消できるでしょう。

ただし、水に溶けないものがつまっていて、小さな隙間から少しずつ流れているのであれば、使用する度につまったり、流れが悪くなったりするはずです。その場合は、放置せずに、早めに専門業者に相談しましょう。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~