水漏れ修理

トイレ水漏れの5つの原因とその対処方法について解説!

私たちの生活の基盤と言っても過言ではないトイレは、毎日の使用頻度が非常に多く、それだけに水漏れや故障となると困ってしまいますよね。

ある日突然気がつくと

トイレから水漏れが…

タンクから水漏れが発生していて、水が止まらない!

なんてことがあると、多くの人がパニック状態に。

今回は、このような場面においてトイレの水漏れにどのような対処をすれば良いのか、その原因と対処方法について水漏れ修理サービスの専門業者である弊社がご紹介します。

突然、トイレから水漏れが発生しても、まずは慌てずに原因を理解して対策を講じましょう。

トイレから水漏れが…考えられる5つの原因とは?

ここからは、突然引き起こるトイレの水漏れの原因について5つのポイントに絞りご紹介します。

パイプと水道管の接合部からの水漏れ

トイレの水道管とパイプとをつなぐ接合部も水漏れが発生しやすい箇所の1つです。

この部分も、経年劣化と共にパッキンが摩耗するため、その部分から水漏れを引き起こします。そのような場合は、パッキンを新しいものへ交換して対応しましょう。

また、水道管とパイプとの接合部を固定しているナットが緩んでいないかも重要。

少しの水漏れの場合、ナットをレンチ等で締め直せば水漏れが直る場合もありますから、ぜひ確認してみてください。

トイレタンクからの水漏れ

トイレのタンクからの水漏れの場合には、非常にやっかいです。というのも、トイレのタンクには常に10Lほどの水が確保されています。

そこから、水漏れがするということはトイレの床に水が溢れて、最悪の場合、床が腐る原因にもなりかねません。

とはいえ、慌てても解決につながることはありませんから、まずは原因を考えることが重要です。

トイレのタンクからの水漏れで考えられる原因は、主に2つあります。

1つは、「トイレのタンクとパイプをつなぐ接合部からの水漏れ」。
もう1つが「トイレのタンク自体になんらかのトラブルが発生している」場合です。

前者の場合には、タンクとパイプをつなぐ接合部分のナットが緩んでいないかを確認してみましょう。

ナットが緩んでいない場合には、パッキンが摩耗している可能性が高いです。

パッキンの摩耗の場合には、すぐに新しいパッキンへ取り替えることで水漏れを解消可能。

問題は、トイレタンク自体に問題がある場合です。

このような場合には、止水栓を一度締めて、タンクの内部を確認してみましょう。

場合によっては、タンク内部の部品が破損している場合もありますし、位置がずれている可能性も高いです。

ウォシュレット・温水洗浄便座からの水漏れ

日本のご家庭であれば、ほとんど設置されているウォシュレットや温水洗浄便座。

実は、ウォシュレットや温水洗浄便座もトイレの水漏れの原因になりやすい場所の1つなんです。

ウォシュレットからの水漏れも、パイプとの接合部から発生している場合と、ウォシュレット自体に問題がある場合とがあります。

ウォシュレット自体に問題がある場合には、精密部品が故障している場合もあり、そのような場合には新しいものへ交換が必要に。

慌てずに、まずは止水栓を締めて、水漏れを起こしている箇所を特定しましょう。

便器からの水漏れ

便器の下、トイレの床が水浸しになっている場合には、「便器からの水漏れ」の可能性が高いです。

便器や床の水を一通り拭いてから、便器自体にヒビが入っていないかよく確認してみてください。

また、便器にヒビが入っていない場合には、結露によるものという可能性も高いです。

まずは慌てずに、確認しましょう。

トイレの水漏れ対処方法3選!

トイレの水漏れの場所がなんとなくでも良いので特定できた場合、今度はその対処方法についても理解しておくと、水漏れ修理業者への依頼などがスムーズに進みます。

大切なことは、トイレの水漏れに関して無理に自分で修理しないことが重要です。

場合によっては、水漏れが悪化する場合もありますから、最低限の対処法を学び、あとは水漏れ修理業者に依頼することをおすすめします。

止水栓を締める

トイレだけではなく水漏れ全般に言えることがですが、水漏れを発見した場合には、止水栓を締めて水の流れを完全に止めてください。

そうすることで、状況によっては水漏れが解消することもありますし、水漏れの勢いを弱めて原因を確認することも可能です。

トイレの水が漏れ続けていると、床に水が浸透し、トイレの床板が傷んでしまう可能性もありますから、繰り返しになりますがまずは、止水栓を締めてください。

トイレの止水栓の場所は、手洗いがある場所付近や、タンクや便器と繋がっているパイプ部分に、ハンドルが設置されている場合が多いです。

なお、トイレの止水栓の場所がどこにあるかわからない場合には、水道の元栓を一時的に締めるという方法もあります。

多くの戸建では、敷地内の屋外に、水道の元栓がある場合が多いです。

「止水栓」と蓋に書かれていることが多いため、見つけてみてください。マンションなどの場合には、管理会社に連絡することをおすすめします。

バルブやナットを締める

止水栓を締めて、水の流れを完全に止められたら、次にバルブやナットを締めてください。

トイレの水漏れでは、パッキンなどの各部品が経年劣化によって破損している場合もありますが、ナットやバルブが緩んでいるだけということも多々あります。

修理において重要なことは、消去法にて原因を探ることです。

まずは、簡単なバルブやナットの緩みを確かめ、もしそれが原因でない場合には、次の原因を探りましょう。

バルブやナットを締める際には、「モンキーレンチ」などを使用して、緩みが固くなっていく方に向けて、徐々に締めてみるのが良いです。

注意点としては、あまりきつく締め過ぎないようにすることです。

バルブやナットをレンチ等で一気に締め過ぎてしまうと、パイプを圧迫して逆に水漏れを加速させる可能性が高いです。

徐々にナットを締めて、様子を見ながら行いましょう。

各部品の修理及び交換

バルブやナットを締め付けても、水漏れが解消しない場合には、部品そのものが経年劣化で摩耗している可能性が高いです。

このような場合には、破損している部品のメーカーや型番を調べて、交換することになります。

持ち運べる部品に関しては、できる限りそのままホームセンターに持っていくと、店員さんに新しい部品を選んでもらえます。

なお、交換するためには、各部品を分解する必要があり修理に慣れていない人は、分解した後にどのように組み立てるかわからなくなってしまうため、おすすめできません。

もしご自分で、トイレの水漏れを修理する場合には、分解した手順を大変でも記録しておくと良いでしょう。

分解した手順ごとに写真に残しておくだけでも、組み立てがスムーズに進みます。

少しでも部品の交換や自分で行う修理に自信がない方は、水漏れ修理の専門業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

トイレの水漏れのほとんどは、経年劣化に伴うナットやバルブの緩み、パッキン等の各種部品の破損から生じます。

ナットやバルブの緩みなどであれば、ご自身でも対応できるかもしれませんが、各種部品の交換や修理となると、水漏れ修理の専門知識が必要です。

このような場合には、止水栓を締めるなどの最低限の対策を講じた上で、トイレの水漏れ修理専門業者に依頼しましょう。

弊社は、水漏れ修理の専門業者として、トイレの水漏れの現地調査からお見積もりまで無料でご対応をしております。

また、水漏れは迅速な対応が重要ですから9時〜18時までにご連絡を頂けますと即日対応も可能です。

水漏れでお困りの際は、ぜひお気軽にお申し付けください。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~