水漏れ修理

水漏れ悪徳業者の手口と被害事例!詐欺に合わないための対策とは

残念ながら水漏れ修理の業界にも悪徳業者が存在します。

24時間水漏れ修理を対応しているからと安心して来てもらったら、ノズルを交換しないと水漏れが直らないと言われてしまい、交換をしたところ、5万円以上の高額な請求をされたなどの事例が相次いでいます。

このような悪徳業者の手口に引っかからないためにはどうしたら良いのでしょうか。

ここでは、水漏れ修理の専門業者である弊社が、水漏れ修理の悪徳業者の詐欺に合わないための対策や、手口、被害事例について詳しくお届けします。

水漏れ悪徳業者はどのようにして騙してくるのか

「水漏れ悪徳業者が訪問してきたらさすがに気づくでしょ」

そう考える方もいらっしゃるかもしれませんが、最近の悪徳業者は依頼者との接点が非常に巧妙で、それに気づくことは容易ではありません。

以前は「訪問型」と言って、「ただいま水漏れ修理の無料診断中です」などと自宅を訪ねてくる場合が多い印象でした。

そして、水漏れがないのにもかかわらず「部品の経年劣化が激しく今すぐ修理が必要です」などと言い、高額な部品代を請求します。

しかし、現在はその手口も巧妙化しており、複雑になっています。次章では、水漏れ修理の悪徳業者の手口と被害事例をご紹介します。

水漏れ悪徳業者の手口と被害事例について

ここでは、水漏れ悪徳業者の手口と被害事例についてお届けしてまいります。実際にどのような事例があるのかを学び、悪徳業者の詐欺に遭わないように役立てて頂ければ幸いです。

悪徳業者の手口と被害事例①「チラシ配布からの誘導」

悪徳修理業者の最近の手口は、自宅へ訪問するやり方だけではありません。見出しタイトルにもあります通り、事前に各ご自宅にチラシを配布しておきます。

そして、そのチラシには「水漏れのお悩みならお任せください!ただいま、無料診断実施中」などのセールスライティングが掲載されています。

このチラシを見たお客様が、緊急時の水漏れに対して「急がなきゃ」とチラシを配布した悪徳業者に連絡をしてしまいます。

すぐに自宅にやってきた悪徳業者は、本来ならパッキン交換等、簡易な修理で済むにもかかわらず、「水栓ごと交換しないと直りません」などとたたみかけます。

動揺したお客様は、工事を依頼してしまい、その後高額な請求が…

悪徳業者の手口と被害事例②「正確な見積もりを出さない」

これは水漏れ修理に限らず、悪徳業者全般に言えることですが、WEBサイトや広告等には「蛇口の水漏れ修理は〇〇円〜対応可能!」などと記載されており、安くて安心したお客様が依頼をすると、見積もり内容が不透明ということがあります。

WEBサイトによると「作業前に現地見積もりをするため安心」などと書かれているため、安心してお願いした結果、見積書に詳細な記載がなく、水漏れ修理後に「予期せぬ故障が見つかった」など高額な費用を請求するケースです。

このように、水漏れ修理の悪徳業者は年々その手口が巧妙化しています。

ですので、同じような手口で水漏れ悪徳業者に修理をお願いされた場合でも、すぐに契約せずに、複数社へ相見積もりを取得するなどを考えましょう。

水漏れ修理の悪徳業者の詐欺に遭わないための対策

前章では、水漏れ修理・悪徳業者の手口と被害事例についてお届けしましたが、ここでは悪徳業者の詐欺に遭わないための対策についてお届けします。

作業前には必ず詳細な見積もりを!

これは、悪徳業者だけに言えることではありませんが、現地調査をしてもらい作業前には必ず詳細な見積書を作成してもらってください。

特に悪徳業者に限っては、大雑把な見積もりのみで詳細な見積もり作成してもらえない傾向にあります。

たとえ見積もりが無料であっても、その内容をしっかり確認し、少しでも不安なことがあれば説明を受ける必要があります。

きちんとした水漏れ修理業者であれば「なぜこの見積もりなのか」「なぜその部分の部品効果が必要なのか」をきちんと説明してくれるはずです。

それがないということは、悪徳業者だと疑っても良いと思います。

見積もりは最低でも3社にお願いする

水漏れ修理に関して、見積もりを願いする際は、「最低3社」に見積もりを作成してもらいましょう。

たとえば、見積もりを依頼した業者が1社だけですと、その業者が提示した修理価格が果たして適正かどうかを判断することができないですよね。

しかし、複数社に見積もりを依頼することで、1社だけがパッキン交換だけなのに非常に高い費用を請求されているなど、市場価格について正しく把握することができます。

このように、複数の業社へ相見積もりをお願いすることで適正価格を把握できますので、ぜひ意識して検討してみてください。

作業内容に変更があった場合には再見積もりを依頼する

水漏れ修理の悪徳業者において、よくありがちなこととして、当初の見積もりで進めていたら、予期せず故障が発生してしまい、高額な請求額を要求されてしまったということがあります。

もちろん、悪徳業者にとってはこれが詐欺の手段なのです。

このようなことがないように、何をどのように作業するのか、詳細見積もりを行なった前提で、作業内容に変更があった際は、必ず再見積もりを出してもらいましょう。

優良水漏れ修理業者であっても作業内容が突然変更になることはあり得ます。

ですので、お伝えしたいことは「作業内容の変更=悪徳業者」ではありません。

重要なことは、作業内容の変更時でも「再見積もりをしてもらえるか」、「変更内容に丁寧な説明があるか」などです。

優良業者であれば、一方的に作業内容を変更することは絶対にあり得ません。

詳細な説明もなく、強引に追加工事などを進められた場合には、注意しましょう。

点検無料の飛び込み業者や期間限定には注意が必要!

悪徳業者に多い事案として「今なら点検無料です!」などと甘い言葉で飛び込み営業をする業者や「期間限定サービスが掲載されたチラシ」を配布してセールスを行う業者が多いです。

このような甘い誘惑を伴った業者は、悪徳業者が多いため注意が必要です。

その一方で、優良水漏れ修理業者の場合には、飛び込み営業は非常に少ないですし、頻繁に「今なら〇〇円引きキャンペーン実施中」などの割引などを行うことは稀です。

このことから、甘い誘惑に騙されず、飛び込み営業があった場合にも、一度名刺等をもらった上で、その場ではお断りをした方が良いでしょう。

https://hal-promo.net/2019/06/29/water_leak03/

水漏れ悪徳業者と契約してしまってもまだ大丈夫!

「水漏れ悪徳業者とついつい契約をしてしまった」

と泣き寝入りする方もいらっしゃいますが、決して諦めないでください。

たとえば、その場で断りにくい飛び込み営業などの場合には、一定の条件を満たした上で、「クーリング・オフ制度」が利用できます。

クーリング・オフ制度を利用すると、いったん契約の申し込みや契約の締結をしても、契約自体を解除することも可能です。

詳しくは、日本全国に設置されている消費生活相談窓口「消費者ホットライン」へご相談ください。

局番なしの「188」にて、商品やサービスなどの消費生活全般に関する相談をすることが可能です。

消費者ホットラインの詳細はこちら!

独立行政法人「国民生活センター」

まとめ

水漏れ修理の悪徳業者は、言葉たくみに飛び込み営業や電話勧誘、チラシの配布などをしてきます。

このような場合には、必ずすぐに契約をせず、複数の見積もりを依頼するなど本記事でご紹介した対策を講じましょう。

弊社は、水漏れ修理の専門業者として全国に営業所を保有しております。

9時〜18時までにご連絡をいただけますと即日対応も可能です。

また、相見積もりや出張診断につきましても無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

https://hal-promo.net/2019/06/29/water_leak06/

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~