水漏れ修理

水漏れ修理は火災保険の対象になる可能性あり!条件と保証内容

水漏れで困ってる人
水漏れで困ってる人
水漏れの修理は火災保険の対象になるのかな?

生活していく中で水回りのトラブルというのは突然訪れます。
特に多いのは、水漏れによってキッチンや洗面所・お風呂場などが水浸しになってしまうといったものです。

ひどい場合は階下にも迷惑をかけてしまうということがあります。
逆に上の階から水漏れによって自分の家の家電製品や家具が濡れてしまうといった事故が起こることもあります。

なるべくお金をかけずに修理がしたいということで、火災保険の対象になるのかと気にされる方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は水漏れの修理が火災保険の対象となるのか?に着目をして解説をしていきます。

先に結論を言うと水漏れの修理費用は火災保険の対象になるものもあればならないものもあります。
どのようなものが対象でどのようなものが対象にならないのか見て行くので参考にしてみてください。

 

【結論】水漏れ修理は内容によって保険の対象になるものあり

冒頭でも書いた通り、水漏れの修理費用はものによって火災保険の対象になるものがあります。

詳細は次で解説をしていきますが、火災保険の「水濡れ」の補償が適用されるものがあり、具体例でいうと下記のようなものとなります。

  • 給水管が破裂して電化製品が壊れてしまった
  • 天井の配管から水が漏れてしまって壁紙を貼り直す必要が発生した
  • 近所でボヤ騒ぎがあり放水によって窓ガラスが割れてしまった

そもそも火災保険というのは、「火災」だけでなく下記のようなものの保証がついています。

  • 火災・・・失火やもらい火による火災の損害の補償
  • 落雷・・・落雷による損害の補償
  • 破裂・爆発・・・破裂や爆発による損害の補償
  • 風災・雹災・雪災・・・風・雹・雪などによる損害を補償
  • 水濡れ・・・漏水などによる水濡れの損害を補償
  • 水災・・・台風や集中豪雨による損害を補償
  • 盗難・・・盗難にともなう、盗取・損傷・汚損による損害を補償
  • 騒擾・集団行為等にともなう暴力行為・・・騒擾や集団行為による暴力・破壊行為の損害を補償
  • 建物外部からの物体の落下・飛来・衝突

このように様々なものに保証が付いており、水漏れの修理に関しても「水濡れ」の補償として保険が適用されるケースがあるわけです。

 

水漏れ修理で保険の対象となるかは原因で変わる

それでは具体的にどのようなケースが保険の対象となるのでしょうか?

保険の対象となるかどうかは原因が何にあるのかによって変わってきます。
原因のパターンとして自分・他人・配管それぞれについて見ていきましょう。

原因が自分の場合

まずは水漏れの原因が自分にある場合について見ていきます。

原因が自分というのは下記のようなケースを指します。

  • シンクに栓をして水を出したままでいて、気づいたら水が溢れてしまった
  • 本来やらないようなことをして水漏れが発生してしまった

このように自分が原因となる水漏れに関しては、下記のようになります。

床の修理代

  • 持ち家であれば火災保険の「水濡れ」で保障される
  • 賃貸であれば原状回復する義務があるため管理会社や大家さんに賠償しなければならない

下の階への損害

  • 「個人賠償責任保険」で補償される

上記の通りで、床の修理代に関しては賃貸の場合基本は保険が適用されません。
ただ、火災保険にセットされている「借家人賠償責任保険」に加入している場合は保証される可能性があります。

全てにいえることとして、どの保険に加入しているかというのをしっかりと確認することが大事です。

原因が他人の場合

次に原因が他人の場合、上の階から水が漏れてきたというケースについて見ていきます。

基本的に上の階から水が漏れてきた場合は、上の階の方に損害賠償として修理費用を支払ってもらうことができます。

ただその際、家電や家具など購入費用丸々請求できるのではなく、 その時の価値(時価)によって金額が変わってきます。

10万円のテレビが壊れてしまったという場合・・・

テレビの寿命が10年間だとすると購入してから四年経って水漏れの被害によって壊れたとすると6万円が損害賠償として請求できるというような形になります。

なお、上記の例で新しいテレビをまた10万円で買う場合、差額の4万円が損失となってしまいます。
ただこの4万円に関しても火災保険で保証される場合があるのでしっかりと確認するとよいでしょう。

原因が配管の場合

三つ目の原因として配管による水漏れの場合についても見ていきましょう。

配管が原因の水漏れの場合は、「専有部分」なのか「共有部分」なのかによって変わってきます。
基本的にマンションに関しては専有部分なのか共有部分なのかというのは、玄関の内側なのか外側なのかというのが判断の基準となります。

玄関より内側の配管で水漏れが発生した場合は、上記で挙げた自分が原因と同じ対応となります。

共有部分に関しては、マンションであればマンション組合が契約している賠償責任保険で補償されます。
この際も、保証される賠償金は上記でもあげた通りその時の価値によって金額が異なってくるので、差額は自分で加入している火災保険で賄えないかというのを確認するようにしましょう。

 

逆に水漏れ修理で保険の対象とならないもの

ここまでは水漏れの修理で保険の対象となるものについて見てきました。

一方で、保険の対象にならないというケースもあるので、最後にどのようなケースが保険の対象とならないのかについて解説をしていきます。

1.保証の場面を火災のみにしている

まず一つ目は、火災保険の補償の対象を火災のみにしてしまっている場合です。

火災保険に加入するのもお金がかかってしまうので、費用を抑えようと補償の対象を火災のみしてしまっている場合は水漏れの被害に関しては補償の対象となりません。
結構やりがちな失敗なのですが、火災保険で支払いの対象となるものは実は火災よりも水濡れのケースの方が多いという統計が出ています。

2.保証を建物のみにしている

二つ目は、一つ目と同様に火災保険の対象を建物のみにしてしまっているケースです。

建物のみにしておいた方が保険料が少なくなるという要因で、水濡れを対象外にしてしまっている場合は水漏れが発生した際に保証の対象となりません。

いざという時のことを考えるとしっかりと保険料を支払って、火災も建物も水濡れも全て対象としておいたほうが得策と言えますね。

3.経年劣化によるもの

三つ目は経年劣化による水漏れの発生です。

普通に生活しているだけでも下記のような箇所は経年劣化により水漏れが発生しやすい状況になってきます。

  • 窓枠やサッシ
  • 排水管
  • 水道管

特に修理するように指摘されていたにも関わらずそのまま放置してしまっていたという場合は火災保険の対象とならない場合が多いです。
予測できるような被害は未然にしっかりと防いでおくことが大事という風に言えますね。

 

まとめ

今回は水漏れの修理が保険の対象となるのかどうかについて解説をしてきました。

おさらいすると下記のようなケースは保険の対象として保証されるケースが多いです。

  • 持ち家で水漏れが発生して床の修理が必要となった:火災保険
  • 賃貸で水漏れにより床の修理が必要となった:借家人賠償責任保険
  • 水漏れによって人の海へ損害を与えてしまった:個人賠償責任保険
  • 自分の家の外の共有部分が原因で水漏れが発生した:マンション組合が契約の損害責任保険

逆に下記のような場合は保険の対象とならないことがほとんどです。

  • 火災保険の対象を「火災のみ」や「建物のみ」にしてしまっている
  • 経年劣化による水漏れで予知できるものを防がなかった

細かい保険の内容や被害の状況によって、保険が適用されるかどうかは変わってきます。

なので、 水漏れの被害が発生してしまった際は改めて保険の内容を確認するようにしましょう。

水漏れ修理業者の選び方と評判が良い業者だけを厳選紹介 水漏れが発生するとすぐ修理業者探しを行う方がいますが、修理業者を探す方法は明確でしょうか? しっかりと水漏れ修理業者を選ぶ...
水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~