水漏れ修理

キッチンの水漏れ修理!原因と費用について解説

キッチンは、水漏れが起こりうる住宅設備の一つですが、どのような原因で水漏れが起こるかと、修理に必要な費用について解説します。水漏れは、発生すると被害が拡大することがある、できれば避けたいトラブルです。住宅には、他にもバスやトイレのように、大量の水を使用する箇所がありますが、キッチンも水のトラブルが起こりやすい箇所です。

古くなったシステムキッチンは、寿命が近づいたら、リノベーションしたり、リフォームしたりする必要があるかもしれません。それまでは、適切な保守・管理と、必要な修繕をすることで、深刻な被害に発展することを防げるはずです。

キッチンの水漏れ修理では、水栓金具のパッキン交換や排水ホースの補修など、DIYが可能な軽微なものもあります。しかし、給排水管が破損した場合は、水漏れ被害が拡大したり、大掛かりなリフォーム工事が必要になったりすることもあるでしょう。キッチンの基本的な構造と給排水設備についての知識を備えて、水漏れ修理が必要になったときに、適切に対処してください。

キッチンにおける水漏れの主な原因

キッチンには、収納(キャビネット)、天板(ワークトップ)、流し台(シンク)、加熱調理機器(IHやコンロ)などがあります。そして、システムキッチンはそれらを基本構造とし、一体化しています。

水漏れが起こる恐れがあるのは、流し台や水栓金具や排水管などです。キッチンには、他の水回りの住宅設備と同じように、水栓金具が取り付けられ、床下から立ち上げられた、給水管と給湯管に繋がっています。また、流し台の下では、排水管に接続されています。

キッチンに取り付けられている水栓金具からの水漏れ

キッチンに取り付けられている水栓金具の主流は、シングルレバー混合水栓です。水栓金具を大別すると、単水栓と混合水栓があります。単水栓は、水あるいはお湯を専用とする水栓金具ですが、混合水栓はお湯と水を混ぜて吐水する水栓金具です。そして、以前の混合水栓では、水とお湯の専用ハンドルが一つずつでしたが、1本のレバーで水温と水量を調整するのがシングルレバー混合水栓です。

また、水栓金具は、横水栓タイプと立水栓タイプがあります。横水栓タイプは、流し台ではなく、壁から横向きに設置されています。また、壁と水栓金具本体の間には、偏心管という水とお湯の配管が、2本1組で付いているのも特徴です。偏心管は、床下から立ち上がっている配管に接続されています。

対して、立水栓タイプは、流し台から縦に設置されている水栓金具です。立水栓には、偏心管は必要なく、流し台の下でねじ止めにより固定され、一旦フレキシブルホースを経由してから、床下に繋がる配管に接続されています。

水栓金具から水漏れしている場合は、内部部品の劣化が原因と考えられますが、キッチンに取り付ける水栓金具の主流はシングルレバー混合水栓です。シングルレバー混合水栓は、一般的な単水栓とは違って、内部部品が汎用的ではありません。ホームセンターなどで簡単に内部部品を購入できないことが多く、ネットなどで購入しても代金が高額であることが多いでしょう。

キッチンなどのシングルレバー混合水栓が水漏れしている場合は、水栓金具本体も経年劣化していることが多いので、本体ごと交換した方が良いかもしれません。ただし、接続部分から水漏れしているなら、緩みやパッキンの劣化などが原因かもしれません。その場合は、ナット類を締め直したり、パッキンを交換したりするだけで、水漏れは直るでしょう。

水栓金具などの配管の接続部分の緩みが原因であれば、交換しなくても締め直すだけで継続使用できるかもしれません。自分で作業できることがある水漏れですが、気付かずに業者に依頼した場合は、出張費や作業代がかかります。その際の修理費用の相場は、5,000円程度でしょう。

流し台の下に設置されている排水トラップや排水ホースからの水漏れ

キッチンの水漏れでは、排水管からの水漏れに注意しましょう。キッチンは、長い年月使用していると、排水管がつまりやすくなったり、劣化が進んだりするため、水漏れが起こる恐れがあります。

流し台の排水口には、排水トラップが設置され、そして排水管に接続されています。排水トラップとは、汚水の臭いが上がってこないように、取り付けられるものです。排水トラップは、悪臭などを遮断したり、害虫の浸入を防いだりするために、排水管には必須と言えるでしょう。ただし、パイプつまりの原因になることがあり、固形物が流れてしまうことがある、流し台トラップに関しては特に注意が必要です。

排水トラップは、設置される設備により、種類がさまざまですが、流し台ではワン型トラップが主流です。食器のお椀のような形をしているため、ワン型トラップと呼ばれていて、排水管の上に被せるような構造をしています。

流し台トラップには、防臭ワンのほかに、ゴミカゴ、フタあるいは菊割れフタなどが必要なため、通常は流し排水栓としてセット販売されています。一般的な流し排水栓であれば、5,000円程度で購入できるでしょう。ただし、排水口の口径や、「深型」「浅型」「薄型」といった排水栓本体の深さ、下引きなのか横引きかなど、流し台に合う製品を探す必要はあります。また、防臭ワン、ゴミカゴ、フタなどは、部品として販売されていますので、メーカーや型番が分かり、市販されているのであれば、破損しても交換が可能です。

流し排水栓が破損すると、水漏れの原因になりますので交換が必要ですが、取り付け方が悪いと、水漏れの原因になります。知識があれば、自分で交換することも可能ですが、流し台に合う排水栓を探したり、取り付けたりすることが難しいようであれば、水漏れ修理業者に相談してください。

それから、流し台の下に設置されている排水管は、排水パイプの場合と排水ホースの場合があります。マンションの場合は、水漏れ被害が階下にまで至るのを防ぐために、破損しにくい塩化ビニルや金属のパイプが用いられていることが多いはずです。流し台トラップに接続されているのが、排水ホースではなく、排水パイプの場合は、交換できないことが多いようです。

一戸建て住宅の流し台であれば、排水栓と排水管の間に、排水ホースが取り付けられていることが多く、排水ホースであれば交換が可能です。流し排水ホースであれば、1,000円程度で購入でき、必要な排水ホースを購入できれば、簡単に取り替えることができるでしょう。排水ホースの取り替えでは、ネジ式なのか差込式なのか、ネジ呼径やホースの長さ、アダプターが必要なのかなどを確認し、新しい排水ホースを用意してください。

また、排水ホースに傷がつき、水漏れしている場合は、テープ類を使って補修できます。傷がある部分をよく拭いてから、ゴム製の補修用粘着テープを巻き、さらにビニールテープを巻いておけば、補修だけで済むかもしれません。ただし、排水ホースが老朽化している場合は、交換する必要があります。

キッチンに繋がっている給排水管からの水漏れ

キッチンの水栓金具には、床下から立ち上がってくる給水管と給湯管が繋がり、流し台の下に設置されている排水栓は、床下の排水管に繋がっています。キッチンに繋がっている、それらの配管は経年劣化や凍結などにより破損すると、水漏れの原因になります。

配管の修理では、床下点検口から床下に入り作業するか、一旦キッチンや壁などを解体してから作業する必要があります。工事にかかる費用は、床下からの作業なら、配管の材料費や工賃から見積もることができます。しかし、一旦キッチンや壁を解体する必要がある場合は、それらの費用も追加しなければなりません。そのため、水まわりの工事では、給排水設備の設置状況により、工事が大掛かりになり、費用が嵩むことがあります。

また、給排水設備工事は、市区町村の水道事業者(水道局)が指定する、工事事業者へ依頼しなければならないと、水道法により定められています。複数の指定工事事業者から見積もりを取り、しっかりと検討してから、工事を依頼した方が良いでしょう。築年数が経っている建物の場合、配管が老朽化しているかもしれません。床下配管の大掛かりな交換工事が必要になるかもしれませんので、業者選びは慎重に行ってください。

水漏れや老朽化によりシステムキッチンが傷んでいる場合

キッチンの水漏れでは、水栓金具や排水栓などの交換だけで済むこともあります。しかし、システムキッチン自体の傷みが、水漏れや老朽化などにより進んでいる場合は、交換工事の検討も必要でしょう。システムキッチンの構造部分は、木材であることが多く、水漏れなどにより、腐食することがあります。その場合は、建物まで影響し、床材や壁材、あるいは構造部材などの補修が必要になることがあるかもしれません。

システムキッチン本体に関しても、小さな傷みであれば、ある程度は補修することが可能ですが、老朽化している場合は限度があります。経年劣化が進むと、金属部分に錆が発生していることもあるでしょう。傷みの状態や想定居住年数や予算などを考慮して、システムキッチンの交換リフォームを検討してください。

まとめ

キッチンの水漏れは、築年数の経過とともに起こりやすくなります。キッチンの水漏れ対策は、水栓金具や排水管が中心ですが、築年数が経過している建物では、給排水管にも注意が必要です。給排水管からの水漏れは、気付くのが遅れ、深刻な被害になることがありますので、注意してください。

キッチンに関しては、固形物を流してしまうことがあるため、パイプつまりへの注意が必要です。流し台の下には、排水栓や排水パイプがあり、破損させてしまうと、水漏れの原因になりますので、ご注意ください。

軽微な修繕なら、DIYで補修したり部材交換したりすることも可能ですが、取り付け方が悪くても、水漏れの原因になりますので、確実な作業が必要です。作業や知識に不安がある方は、適正価格で対応している水漏れ修理業者に相談してみてはいかがでしょうか。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~