水漏れ修理

賃貸物件で水漏れ発生!修理や対応の仕方を徹底解説!

賃貸マンションやアパートで水漏れを起こしてしまった!

こんな時、水漏れしている状態で水を止めることも出来ず、パニック状態になってどうしたら良いのかわからないですよね。

賃貸での水漏れは、誰にでも起こる可能性があります

今回は、賃貸における水漏れ修理や、水漏れが起きたときの対応の仕方を徹底解説いたします!

賃貸で水漏れを起こしてしまったら管理会社に連絡を!

賃貸マンションやアパートで水漏れを起こしてしまった場合には、連絡する先の優先度を以下のようにすると良いでしょう。

  1. まずは管理会社に連絡
  2. つぎに水道会社に連絡
  3. 念のため、電気会社に連絡
  4. 最後に保険会社に連絡

はじめに連絡するのは、管理会社です。

管理会社に連絡することによって、次の対応を指示してもらえることや、他の入居者に連絡してもらうことによって二次被害を防ぐことが出来ます。

次に、管理会社に連絡がつながらず、緊急を要する場合においては、水道会社に連絡すると良いでしょう。

水道会社に連絡することによって、水漏れ修理の緊急対応をしてくれます。

しかし、管理会社を通さなかった場合、後からトラブルになる可能性もあるため、緊急を要しない場合には、管理会社に連絡がつながるまで待った方が良いでしょう。

管理会社に連絡がついた場合には、その後の対応なども指示をもらえるはずですが、電話がつながらなかった場合には、念のため漏電などの被害が出ないように、電気会社にも連絡をしておくべきです。

水漏れ修理に掛かる費用はどれくらい?

管理会社や水道会社によって、とりあえずは対処できたあと、気になるのは修理費用についてでしょう。

修理費用はその被害にもよりますが、一般的には数万円前後で済む場合が多いですが、その被害が自分の部屋だけではなく、床下まで広がっていたり、下の階の入居者にまで被害が及んでいたりする場合には、その費用は数万円では済まなくなってしまいます。

保険に入っていない場合など、状況によっては、自分でその修理費用を負担する必要があります。

賃貸の水漏れ修理、誰が支払う?

水漏れした場合、この修理費用は誰が払うのでしょうか?

賃貸における水漏れ修理は、購入した戸建て住宅とは異なり、「入居者」「管理会社」か、責任の所在を明らかにする必要があります。

責任の所在について、一般的な考え方を見ておきましょう。

「入居者」の過失責任

入居者の過失責任については、故意に壊した・洗濯機のホースが外れた・お風呂の水を止め忘れたなどが考えられます。

このような場合には、入居者の過失責任として、入居者側の支払いが必要となるでしょう。

「管理会社」の責任

管理会社の責任として考えられるのは、「入居者の過失責任」以外の場合と考えて良いでしょう。

基本的には水漏れは入居者の責任以外は管理会社の責任となります。

例えば、建物の劣化によって、水道管も劣化しており、そこから水が漏れてしまっていたというケースであれば、間違いなく管理会社の責任となるでしょう。

稀に、管理会社でもなく、水道工事をした水道工事業者による過失の場合がありますが、その場合には水道会社が責任を取る形となるでしょう。

もしも、管理会社に連絡が取れずに修理費用を支払った場合には、その領収書などを管理会社に渡して、その分を管理会社側に請求するようにしましょう。

賃貸の水漏れ修理に保険は出るの?

自分自身の過失によって水漏れを発生させてしまった場合、賃貸マンションやアパートの修理費用に保険は出るのでしょうか?

修理に関しての保証は、水道管修理費用保険金のような保険であれば、条件に合えば設備の修理に関する費用が出る場合がありますが、一般的には設備の修理自体には保険が適用されないケースが多いです。

また、責任の所在が入居者である自分にあった場合、加入している保険の中で「個人賠償責任保険」というものがついている場合、損害賠償の責任を取らないといけない場合に、この保険が適用になることが多く、火災保険や自動車保険などを確認してみると良いでしょう。

特に、火災保険については、火災だけではなく、水漏れなどに関しての補償がついているケースが多いため、火災保険は普段からどのような補償がついているか確認しておくべきです。

賃貸における水漏れを未然に防ぐには?

賃貸における水漏れを事前に防ぐには、自分の過失による水漏れを起こさないこと以外の対策は難しいでしょう。

水道会社や建築会社などではない限り、水回りの設備や建物に関しての予防策は入居者自身が行うことは出来ないため、出来ることとしては「水漏れが起こった際の準備」です。

例えば、管理会社や水道会社、電気会社や保険会社などの連絡先は、すぐに連絡が出来るように連絡先をまとめておくことや、普段から火災保険の種類など、補償の内容などを見ておくなどすると良いでしょう。

そして、大切なことは自分の過失による水漏れを起こさないように、普段から洗濯機のホースがしっかりついていることを確認することや、お風呂の水を溜めている途中に出かけるような習慣を持たないようにすることです。

まとめ

今回は、賃貸マンションやアパートにおいて、水漏れを発生させてしまった場合の対応の仕方や、修理について、費用面や保険の部分についてご紹介してきました。

水漏れを発生させてしまったら、まずは焦らずに管理会社に連絡するようにしましょう。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~