水漏れ修理

【蛇口別】水漏れを自分で修理する方法を徹底解説!自分で修理する判断基準も

蛇口からの水漏れは、経年劣化によって発生する場合が多いです。しかし、これらの劣化は、見た目で判断することは難しく、水漏れはある日突然発生します。

毎日使用している蛇口だからこそ、突然水漏れが発生してしまったら、非常に焦ってしまいますよね。

もちろんすぐに水漏れ修理業者に修理してもらえれば良いのですが、水漏れ修理業者が休日で対応してもらえないことや、対応はしてもらえるがすぐに駆けつけられない場合もあります。

ここでは、自宅の水漏れ修理に関して、自分で修理する方法を水漏れ修理の専門業者である弊社がお届けします。

また、自分で修理できるかどうかの判断基準についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

自分で蛇口の水漏れ修理ができるのか?その判断基準について

蛇口の水漏れ修理といっても、自分で対応できるものから、蛇口本体を分解する必要があり修理の事前知識を要するものまでさまざまです。

ここでは、自分で行う蛇口の水漏れ修理に関してその判断基準をご紹介します。まずは、自分で対応できる水漏れなのかをしっかり理解しましょう。

水漏れの勢いが弱い場合

キッチンや洗面台、浴室などの各蛇口の水漏れがチョロチョロ、ポタポタとしずくが垂れる程度の水漏れの場合には、水漏れの度合いは低く、自分で直せる可能性があります。

しかし、水漏れの勢いが強く大量に吹き出している場合や、配管に常に圧力がかかっている給水管の場合などは無理に修理をしようとすると、かえって状況が悪化することも。

このような場合には、水漏れ修理業者に連絡を入れ修理してもらった方が良いです。

故障部品や各部品の交換ができるか

水漏れ修理において単純に各部ナットのゆるみなどが原因で水漏れが発生している場合には、レンチを使用しナットを締め直せば、水漏れは解消します。

しかし、原因がナットのゆるみでない場合、パッキンの劣化やバルブカートリッジの交換が必要な際は、蛇口本体を分解しなければなりません。

各部パーツを取りはずせるという方は良いのですが、分解したのは良いけれど、元に戻すことに自信がないという方の場合には、無理に修理をしない方が良いです。

このような場合も、水漏れ修理業者に依頼をしましょう。

水漏れの原因がはっきりしているか

自宅の各蛇口について水漏れの原因がはっきりしている場合には、比較的パッキンの交換やバルブカートリッジを取り替えるなど、一般の方でも対応できるかと思います。

しかし、水漏れの中には目視では確認できない水漏れの場合もあり、配管が地中や壁の中に埋もれている箇所からの水漏れが原因のことも。

このような場合には、水漏れ修理業者でしか水漏れに対応することはできません。

https://hal-promo.net/2019/06/29/water_leak06/

自分で各蛇口の水漏れを修理する方法について解説!

水漏れは、キッチンやトイレ、洗面所とありとあらゆる場所で発生する可能性があります。

ここでは、各蛇口の水漏れにおいて自分で修理を行う場合の方法について解説します。

シングルレバー混合水栓から水漏れが発生している場合

シングルレバー混合水栓とは、レバー1つで水と温水の切り替えができるタイプの種類になります。現在では、主流となっている混合水栓です。

シングルレバー下からの水漏れ修理方法

シングルレバー下からの水漏れが発生している場合には、バルブが原因であることが多いです。水漏れ箇所は、スパウトと呼ばれる胴体部分の上下か、接続部が圧倒的に多い。

  • ①レバーハンドルを引き抜きます。引き抜き方は、水栓購入時の説明書等を参考にしてください。
  • ②レバーハンドルを引き抜いてから、本体を固定し、水栓が回らないように、レンチを使いナットを緩めます。
  • ③ナットを緩めたら、故障したバルブを新しいものへ交換しましょう。故障したバルブのメーカー名や型番等を確認した上で、メーカー等へ問い合わせると販売店を教えてもらえます。
  • ④新しいバルブに交換したら、再びレンチを使いナットを締めます。
  • ⑤取り外していたハンドルレバーを押し込んで、元の位置に戻します。これでバルブ交換の手順は完了です。

あとは、ハンドルレバーを動かして問題がなければ大丈夫です。

接続部からの水漏れ修理方法

シングルレバー混合水栓の接続部から水漏れしている場合には、接続部のナットが緩んでいないか確かめましょう。緩んでいる場合には、ナットで締め直してください。なお、ナットを締めても水漏れが解消しない場合には、他の原因の場合もありますので、水漏れ修理業者へ連絡してください。

ハンドル混合水栓から水漏れが発生している場合

ハンドル混合水栓とは、以前は主流であった水と温水それぞれにハンドルがついており、それぞれのハンドルを回して温度調整を行うタイプになります。

現在は、シングルレバー混合水栓が主流ですが、少し前に建てられた住宅ではハンドル混合水栓の比率が高いです。

ハンドル混合水栓は、シングルレバー混合水栓よりも構造が比較的単純なため一般の方が分解しても、部品などの場所がわかりやすいのが特徴です。

吐水口からの水漏れ修理方法

ハンドルを閉めても吐水口からのポタポタという水漏れが発生している場合には、「パッキンの劣化」や「バルブパッキンのシール面にゴミが詰まっている」可能性が高いです。

  • ①ハンドル上部についているビスを回して、ハンドルを取り外します。
  • ②バルブの上部についている六角部分をレンチで回し、バルブをはずします。
  • ③バルブを取りはずしたときに、バルブパッキンのシール面にゴミがついている場合にはゴミを取り除いてください。

また、パッキンの劣化が見られる場合には、パッキンを新しい物へ交換する必要があります。

そのほか、単水栓からの水漏れの場合でも、基本的にはナットに緩みがないかを確認します。

ナットにゆるみがない場合には、パッキン交換を行いましょう。

また、パッキンを新しい物へ交換しても状況が解消しない場合には、各部品に異常が発生している可能性があります。

水漏れ修理の専門業者へ問い合わせてみてください。

https://hal-promo.net/2019/06/29/water_leak03/

まとめ

弊社は、水漏れ修理の専門業者として全国に営業所を保有しております。9時〜18時までにご連絡をいただけますと即日対応も可能です。

また、相見積もりや出張診断につきましても無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~