水漏れ修理

よくある水漏れのトラブルとその対処法一覧

毎日使うお風呂や洗面所、トイレの水漏れなどが起きた場合、どのように対処したら良いのでしょうか?

水漏れを経験した方にとっては、「あのときこうしておけばよかった」といった準備不足や、業者についての知識不足で金銭的な損をすることが非常に多いです。

このページで水漏れはどこで発生しどのような原因なのかをあらかじめ知っておくことで、事前に防ぐこともできるでしょう。とはいえ、いつ水漏れのトラブルが発生するか、というようにトラブルを予知することはできませんので、この記事ではよくある水漏れトラブルの種類とその原因や対処法などについてご紹介します。

突然の水漏れのトラブルが起きたら? やるべき流れを解説

水漏れが起きたら、まずは、水道の元栓を確認し、閉めましょう。水道の元栓を閉めることは一番重要なポイントとなります。そして、どの場所から水漏れが起きているのかを探ってから、濡れている水をきれいに拭き取りましょう。濡れた床を放置すると、そのまま水染みになってしまいます。

そして、その時はなんともなくても、しばらくするとカビが発生することや、床材が腐るというトラブルの元になってしまうことがあるため、早めに拭き取るようにしましょう。その後に、賃貸であれば管理会社さんや大家さんに相談を行いましょう。ちゃんと管理されているところでしたら、そのまま水道業者や被害を受けた他の入居者へ連絡が行われます。

夜間などで対応が難しい場合、水道業者の方に連絡を行います。水道業者はお手元のスマートフォンなどで検索するとさまざまな業者のホームページなどが出てきますし、お風呂など水場の付近では水道業者の連絡先が書かれているシールなどが貼ってあることがあります。それに伴って、漏電の危険があるため電気会社に連絡をしましょう。自分自身で修理することができれば、それに越したことはありませんが、マンションやアパートの場合は必ず大家さんや管理会社へ連絡をすることは忘れないようにしましょう。

修理が完了した後、水漏れで故障した部品などは火災保険の対象となることがありますので、火災保険内容を確認の上請求することをオススメします。

どんなトラブルが多い? その原因を突き止めよう

では、どんな場所によるトラブルが多いのでしょうか? それぞれの場所や原因による特徴を知っておくことにより、事前に防ぐことができます。

また、水道料金が急激に増えた場合水漏れの可能性が高く、水道局から「異常水量のお知らせ」などの通知が届いた場合、目に見えない場所で水漏れが起きている場合があります。

また、特にマンションやアパートなどで水漏れが発生した場合には、原因を特定することで「責任は誰が負うのか」という問題にも絡んできますので、揉め事にならないように原因を特定することは、自分だけではなくマンション内の住民の方々のためにもなります。

そのため、原因を特定することでこの問題をスムーズに解決することができます。

マンションについてのトラブルは後半にご紹介させていただきますが、まずは一般的な水漏れについてそれぞれご紹介します。

キッチンの場合

キッチンは使用頻度が高く、長期間使用していると部品が痛み、キッチン自体も古くなり老朽化します。そのため、水漏れ事故に繋がってしまいます。

・蛇口の劣化

蛇口のハンドルやレバーで水を止めても、蛇口や、部品などから水がぽたぽたと漏れる場合があります。このような場合、蛇口の部品交換でほとんど修理が可能ですが、水道業者へ頼むのが良いでしょう。

・止水栓・排水栓の故障など

キッチン下の止水栓や排水栓の劣化によって水漏れが起きることがあります。その場合、キッチン下の水栓の水漏れが伝わり、シンクが水浸しになる場合があります。止水栓が原因の場合はすぐに止水栓を止め、排水栓の場合は交換になります。シンクの水浸しに気づかない場合、床が腐るなどの危険性がありますので、確認するようにしましょう。

・排水ホースが詰まることによる水漏れ

異物が流れるなどによって排水管、排水ホースが詰ってしまい、水が溢れだし水漏れとなります。

こまめな掃除を行っているのにもかかわらず、詰まることもありますので、そのような場合は修理業者に相談しましょう

かんたん!キッチンの水漏れ防止策

キッチンの排水口に料理で使った熱湯を流すことによって排水管を傷つけることがあります。さらに生ゴミ、油汚れも排水管に流すことで詰まりやすくなり、水漏れに繋がります。

そのため、普段からシンク、排水口をきれいに清掃することで防止できます。掃除の際には油汚れを落とし、フタ、ごみ受けを掃除し、排水口ネットなどを利用すれば、ゴミなどが流れにくくなり、つまりにくくなります。

トイレの場合

トイレも毎日使用するものですが、トイレの水漏れは突然起こるものだと考えられているものの、原因はさまざまです。

・タンク内のゴムに異常がみられる

トイレタンクにはトイレタンクからの水漏れを防ぐゴム玉がありますが、これが長期間水にさらされることで劣化することがあります。こちらはゴム玉の交換で取り換えることで解決できます。

・水が流れ続ける

水が流れっぱなしになるには、タンクの他の原因としてレバーの働きが悪いことが挙げられます。

老朽化した部品が故障する場合交換によって解決できますが、ゴム玉と異なり部品が複雑なので、業者に依頼することをオススメします。

・ウォシュレットの水漏れ

ウォシュレットが汚れることや、ウォシュレットの部品の劣化によって水漏れが起きることがあります。

自分自身ではメンテナンスは困難のため、ウォシュレットに何か異常が見られた場合、業者へ相談しましょう。

かんたん!トイレの水漏れ防止策

トイレに関しては、トイレタンクの内部や、便器の劣化などが挙げられますが、これは細かい部品交換を行う必要があります。これは、なかなか個人で修理することが困難なため専門業者へ以来しておきましょう。後半でご紹介しますが、業者を選ぶ際には注意し、水漏れを防止しましょう。便器の劣化に関しては、修理が行われるまでは、便器のヒビなどが入った部分には防水テープを貼るなどして水漏れを防ぐことができます。

お風呂の場合

長期間お風呂を使っていると、蛇口や接合部分から水漏れしてくる場合があります。大がかりな部品の故障などに繋がる前に、早めに部品交換や修理を依頼しておきましょう。

・蛇口からの水漏れ、蛇口の劣化

浴室の蛇口の寿命は10年から15年程度と言われ、故障してしまうと水漏れに繋がります。蛇口だけではなく水道管なども原因として考えられ、水を止めても少量の水がぽたぽたと染み出してきます。

パッキンの交換や、蛇口自体を交換することで解決することがあります。

・パイプからの水漏れ

混合水栓の内部部品などが劣化・故障などによってパイプ部分から水漏れが起きます。蛇口からではなく、蛇口の根本の接続部分からの水漏れで、パッキンの締め直しや原因となっている故障した部品を交換すると改善します。

・シャワーヘッドの水漏れ

シャワーヘッドから水が漏れている場合、シャワーの水栓そのものから漏れている可能性があり、シャワー本体の故障などが考えられます。

水栓やシャワーヘッドなどを交換すると直ります。

かんたん!お風呂の水漏れ防止策

お風呂では、シャワーのパッキンの劣化が多くの原因として挙げられます。使用していない場合には、元栓をしめることを忘れないようにしましょう

バスタブに関しては、バスタブ栓の劣化が考えられるため、ゴム栓の入れ替えなどで解決することがあります。

洗面所の場合

・洗面台の床が濡れている

ホースの劣化、パッキンや排水管の不具合、劣化などで洗面所の床に水が染み出て濡れることがあり、放置しておくと水滴がつくことや湿気によりカビの発生の原因にもなります。

これは、劣化や故障している部品を交換・修理することで解決します。

・排水トラップから水が溢れている

異物や汚れの蓄積などによって排水トラップが詰まります。家庭でもよくあるトラブルの一つでしょう。

排水トラップが詰まった場合、分解して掃除をすることで解決します。

かんたん!洗面所の水漏れ防止策

洗面台は、パッキンやナットの劣化が考えられます。これは交換することで解決しますが、ナットに関しては定期的に緩んでいないかを確認しましょう。

ナットは、レンチで締めることで水漏れを防ぐことができます。

また、詰まることが多い原因の一つに髪の毛が挙げられますので、パイプクリーナーなどを使い洗浄しましょう。

水漏れを放置することによるリスク

浴室や洗面所などの水場であれば、「少しくらい放置してもいいかな」と考えてしまうと、あとになってから大きなトラブルを招く場合があります。また、経済的にも、環境的にも大きなリスクを抱えることになりかねません。そんな水漏れを放置するリスクを3点ご紹介します。

・水道料金の増加

水漏れに気づかないことで、あるいは放置することで水道料金が増加します。水滴が落ちる程度なのに? と思う方もいらっしゃるとは思いますが、毎日24時間休みなく水が漏れているとしたら、とてつもない量となりますので、水道料が増えることは当然でしょう。

・カビや腐食の原因になる

水漏れによって家の湿気が高くなれば、カビにとっては絶好の住処となります。

カビは、天井や壁などにも発生しますので、家野見た目が悪くなるだけではなく、悪臭を発生させたり、アレルギーを起こしたり、家の柱などが腐食したり、カビによってさまざまな被害が出るおそれがあります。また、夏場などでは家の中が高温多湿になり、家で快適に暮らすことが難しくなります。

湿度が高いことでは、気温が25度以下でも湿度が80%を超えると熱中症にかかる確率が高くなるため、注意が必要です。

・漏電につながる可能性がある

家電製品は水に弱く、特に精密機器は湿気に弱いため湿度が高い状況が続くと故障の原因になります。また、水漏れに気づかないまま水によって家電製品や精密機器が故障してしまえば、そのまま漏電で火事になる可能性が高くなります。

修理業者の選び方

インターネットで水道業者について検索するとさまざまなホームページが表示されます。その中でも、作業が丁寧で料金も安い業者を見つけるというのは、なかなか簡単ではありません。水漏れは緊急度の高いトラブルですので、良い業者を知らないと大きく損をする可能性が高くなります。

では、良い業者とはどのような業者なのでしょうか? ぼったくりのような高い料金の請求といったトラブルを避けるためにも、知っておきましょう。

1.料金

修理の内容や技術の価格とマッチしているかどうか。また、きちんと修理費用を明記しているかどうか、という点で見分けることができます。修理内容の金額と技術については他の業者と比較することでわかりますね。修理費用が明記されていない場合には見積もりなどをお願いし、即決しないことをオススメします。

また、契約してしまった場合、8日以内であれば契約した事実を撤回することができるクーリングオフ制度の対象となります。

2.実績

法人として会社で活動している水道業者は、個人経営などの業者に比べると全体的に信頼できる傾向にあります。

3.サポート

アフターサービスなどがあるかどうかで判断することも大切です。修理してもらったけどその後すぐに故障した、というような場合また料金が取られてしまうことがあります。サポートが厚い業者を選択しましょう。

4.エリア

居住している地域で活動しているかどうか確認しましょう。出張料という観点から見ても、近場だと出張料が安い、もしくは請求されないというメリットもあります。

5.対応力

対応は丁寧で速いのでしょうか? 連絡したらすぐに応答し、到着が速い業者ほどより良いとされています。たいていそのような業者は技術力だけではなくマナーや態度も良く、評判が良いです。

6.資格・認定があるかどうか

水道局の指定工事店であるかどうか確認しましょう。国内では、講習会や資格試験を受け、指定工事に関わる申請や届け出を行って認められます。専属の水道設備責任技術者が在籍していることや、水道設備を行う工事に必要な機材などがあるかどうかが条件となっています。

これを調べるには居住している地域名と「指定給水装置工事事業者」というキーワードで検索すると結果が表示されますので確認してみてください。

この指定水道工事店については、「上水道」「下水道」の2種類がありますが、多くの業者は上水道のみです。この2種類とも指定業者を受けている業者は、水道のプロフェッショナルと呼べる業者として信頼して良いでしょう。

また、この指定給水装置工事事業者として登録されていない業者の利用はやめておきましょう。なぜなら、違法として扱われているためです。

悪徳業者とのトラブルを回避するには

異常に高い値段の請求や、対応力の悪さなどトラブルにならないよう、まずは電話で料金確認をし、作業員が到着後に大幅な料金変更などあった場合には、落ち着いて対処しましょう。

水漏れで焦ったり慌てたりしてしまうものですが、元栓を閉めれば止まることがほとんどですので、前半でご紹介した対処をしておけば、業者に対して冷静に対応できるのではないでしょうか。

また、選び方に関してはどのようなことを重視して業者を以来するかによって、金額も変わってきます。アフターサービスなどのサービス面を重視するのか、資格や認定を受けているかどうかなのか、それぞれ選び方があります。

もしマンションやアパートで水漏れした時の対処法

持ち家ではなく、マンションやアパートなどの賃貸だった場合、前半にもご紹介したように大家さんや管理会社へ連絡をする必要があります。

一般的には、水漏れは上階から流れてきますが、必ずそうとも限りません。

建物や配管の構造によって異なることがあります。

賃貸の場合には、どこで、誰が水漏れの原因となったのかによって対応が異なりますので、管理会社に連絡することが必要となります。

個人が原因の場合

水漏れの原因が浴室など、特定できる場合、例えば…

・大量の水を使用したことで、水漏れが起きた

・異物によって配管やパイプが詰まった

というようなものです。

個人が起こした人為的なミスであるという判断により、水漏れを起こした本人が責任を負います。

個人ではない場合

居住している部屋などではない部分からの水漏れとなります。

例えば……

・雨桶に異物が溜まることによって配管からの水漏れ

・建物の配管の劣化

屋上の防水性能の劣化

などが挙げられ、これは管理会社や工事を行った業者が責任を問われます。

また、マンションの共用部分である廊下などで水漏れが起きた場合には、管理会社に責任があります。

そのため、原因を特定することは非常に大切であるということがわかりますね。

水漏れについてのリスクを踏まえると、本人が水漏れに関与していなくても、水漏れを発見したらすぐに対処できるようにしておきましょう。水漏れしている部分を写真などで証拠として残すことで、管理会社や水道の修理業者とのやりとりがスムーズになりますので、スマートフォンなどで写真を撮影するなどしておきましょう。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~