水漏れ修理

依頼前に確認!失敗しない水漏れ修理業者の選び方

水漏れは、上下水道や給排水衛生設備などが経年劣化すると、発生することが多くなるトラブルです。原因をある程度は想像できるとしても、配管や設備の劣化を把握するのは難しく、いつ水道トラブルが起こるかは分かりません。そのような時のために、業界のことや優良な工事業者の選び方を知っておきましょう。

水漏れが発生すると、生活に支障を来しますので、早めに修理が必要ですが、どの水道工事店でも同じような対応を期待できるわけではありません。水漏れしたときに、業者の選び方を間違わないための、秘訣をまとめました。

水道の修理や工事は指定工事事業者へ依頼する

水漏れ箇所が屋内の給排水管であれば、水道事業者(水道局)指定の工事業者へ依頼する必要があります。これは、水道(上水道)事業についての法律である、水道法で定められている規則です。指定工事事業者は、市区町村の水道事業者が指定しており、ホームページなどで店名・住所・電話番号などを確認できます。

宅地内の給水装置・排水設備は、単独水栓の取り替えなど軽微な変更を除いて、指定工事事業者でなければ工事してはいけないと、水道法により定められています。これに違反すると、給水契約の申し込み拒否や給水停止などの罰則もあり得るので、必ず守りましょう。

利用中の水道事業者が指定している場合は、住んでいる地区と異なる地区の業者でもかまいません。平成8年の水道法改正により、所在地に関する各水道事業者の規制が緩和され、新規参入が増えています。

給水装置工事と排水設備工事

指定工事事業者は、給水装置と排水設備の両方を水道事業者から指定されていることもありますが、どちらか一方のみ指定されている工事業者もあります。給排水とも指定されているのか、給水もしくは排水のどちらかのみ担当できる工事業者なのか、確認が必要です。

指定給水装置工事事業者制度

日本には、水道法という上水道の敷設や管理など、水道事業について定める法律があります。水道法では、水道事業者が給水装置工事事業者を指定できると定めています。技術や経験のない業者が、不適切な工事をすると、漏水事故や、水質異常により健康被害などを招きかねないため、設けられている制度です。

平成8年に水道法が改正され、以前は水道事業者ごとで基準が異なっていた指定要件が、全国統一され明確になりました。各水道事業者は、指定要件に基づき、給水装置工事業者を指定します。給水装置工事事業者の指定要件は、次のようになっています。

  • ・ 給水装置工事主任技術者が在籍している
    ・ 工事に必要な器材・資材を取り揃えている
    ・ 適切な工事と事務手続きを行うことができる

参照元: 厚生労働省 指定給水装置工事事業者制度に関する検討会(最終閲覧日: 2019年10月27日)
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/kyusui/02.html

給水装置工事主任技術者は、専門知識と技術・経験を裏付ける国家資格として、位置付けられています。つまり日本では、国家資格取得者が在籍し、器材・資材を取り揃え、適切な工事を行えると認められなければ、水道工事を請け負うことができません。また、平成8年の水道法改正において、給水区域内に事務所を有するという要件がなくなり、新規参入する事業者が増えています。消費者は、多くの指定工事事業者の中から、優良な水道工事店を見極めることが重要です。

給水装置工事主任技術者の役割

給水装置工事主任技術者の職務は、施工計画等の策定や、技術上の指導監督および管理業務のほか、水道事業者との調整や水道事業者が行う検査での立ち合いなどです。そのため、水道引き込み工事では、重要な役割を担っています。

また、給水装置工事主任技術者は、実務経験が1年以上あると、建設業法で定められている管工事業の専任技術者になることも可能です。上下水道に関する建設工事の内、水道引き込み工事のように、一般家庭の家屋や敷地での配管工事などは、管工事業が該当します。

管工事業の建設業許可

建設業法上では29種類の業種がありますが、500万円以上の管工事を請け負うには、管工事業の建設業許可が必要です。建設業許可を受けている業者は、経営や技術などにおいて信頼できる業者であることが多いでしょう。

一般建設業の許可を受けている事業者は、次に挙げる5つの要件を満たしていると考えられます。

  • ・ 経営業務の管理責任者がいる
    ・ 専任技術者が営業所にいる
    ・ 誠実に契約を締結し履行する
    ・ 財産的な基礎を有している
    ・ 欠格要件に該当しない

参照元:国土交通省 許可の要件(最終閲覧日:2019年10月27日)
https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/1_6_bt_000082.html

管工事の建設業許可を受ける際に、経営業務の管理責任者になることができるのは、次のような経歴のある方です。

  • ・ 管工事業での経営経験が通算して5年以上
    ・ 他の建設工事業種での経営経験が通算して6年以上

また、管工事業の専任技術者になるには、国家資格や技能検定などの合格、指定する学科の卒業、実務経験などが必要です。専任技術者になるための資格や学歴などはさまざまですが、一定の基準を満たしていることは確かでしょう。

管工事業の専任技術者になることができる配管技能士

配管技能士は、選択科目が建築配管作業とプラント配管作業に区分され、管工事業の専任技術者に該当する技能検定は配管「建築配管作業」です。また、旧検定職種の名称である給排水衛生設備配管や配管工などの合格者が専任技術者であることも多いでしょう。配管工は、配管だけでなく、洗面化粧台やトイレなどの衛生機器の取り付けも担当します。

参照元: 厚生労働省 技能検定合格者の資格の活用について(最終閲覧日: 2019年10月28日
https://www.mhlw.go.jp/general/seido/syokunou/ginou/aramashi/goukaku.html

配管の技能検定には1級~3級までの等級があり、専任技術者になり得るのは、1級合格者および必要な実務経験を満たす2級合格者です。2級合格者に必要な実務経験は、現在は3年以上となっています。ただし、平成16年4月1日以前の2級合格者は、1年以上の実務経験があれば、専任技術者になることができました。

技能検定は、厚生労働省所管の国家検定制度であり、職業能力開発促進法に基づき実施され、合格すると技能士と名乗ることができます。建設関係の検定試験は、中央職業能力開発協会が問題を作成し、各都道府県の職業能力開発協会が実施します。

配管工事は、地味な作業ですが、緻密さや妥協しない責任感が求められます。修理作業でも、経験に基づくカンが求められるなど、職人的な側面が強いため、ベテランの配管工が多い工事業者は安心できるでしょう。

水漏れしたときに修理や工事を依頼するときの留意点

修理や工事を依頼するときは、複数の業者から見積もりを取り、十分に説明を受け、アフターサービスも安心できる業者に依頼すべきでしょう。これらが不十分だと、発注した後に後悔することになりかねません。

複数の指定工事事業者から見積もりを取る

給排水設備の工事を請け負っている指定工事事業者は、事業所の規模や実績などもまちまちです。また、提案内容や見積もり内容に違いが出ることもありますので、できれば複数の指定工事事業者から見積もりを取った方がよいでしょう。

水道引き込み工事や大掛かりな配管交換工事のときは、最初に見積もりを取った業者へすぐに発注せずに、複数の業者から見積もりを取ることをお勧めします。業者によっては、工事代金が相場よりも高かったり、対応が悪かったりと、不満を感じることがあるかもしれません。小さな工事であっても、信頼できる業者と判断できるまでは、複数の業者から見積もりを取ることをお勧めします。

もし、相見積もりになることに難色を示すような業者であれば、発注先のリストから除外した方がよいでしょう。

工事内容や費用についての説明は十分に受ける

見積もりを取ったら、工事内容についての説明を十分に受けて、不明点があれば一つ一つ確認しましょう。見積書の説明を受けたら一旦預かって、できるだけ念入りに確認した方がよいかもしれません。

見積書の詳細に、分からない項目があれば、見積もりを出した業者に質問してください。質問に丁寧に回答してくれるなら、工事やアフターサービスにおいても安心できる業者であることが多いはずです。業者が提出した見積書について質問をしたのに、回答できなかったり、不誠実な態度を取ったりするようであれば、別の業者を探した方がよいかもしれません。

また、見積書に記載されている情報が不十分な業者は問題です。例えば、給排水に使われる配管には、さまざまな種類があり、使用する素材により耐用年数が異なります。配管の素材を明記していない見積書は、一般的にあり得ません。見積書の記載が不十分な業者は、発注先リストから除外すべきです。

配管工事では、複数の業者から見積もりを取ることで、正当な見積もりであるかを確認できます。見積もりを比較すると、配管の長さに大きな違いはないか、配管材にどのような性能の製品を使っているかなどを確認できます。工事内容に違いがあれば、不要な工事なのか、必要な工事なのか、あるいは工事品質に違いがあるのかなど、検討すべきでしょう。それから、追加工事が発生しないかなども、確認するようにしてください。

アフターサービスについて十分に確認する

長い間、給排水衛生設備を使用し続けると、故障や不具合などにより、修理が必要となります。上下水道や給排水衛生設備は、使用できないと生活に支障を来す重要なインフラです。アフターサービスの良さも考慮して、業者を選ぶべきでしょう。

口コミなどによる情報がなければ見極めは難しいかもしれませんが、アフターサービスの良し悪しは業者選びの重要なポイントです。業者によっては、アフターサービスや保障などについて、文書できちんと明記しています。また、給排水衛生設備では、急を要することも多いため、迅速な対応ができる業者が重宝されることが多くなるでしょう。

信頼できる工事業者か見極めるには

配管工が勤務する設備会社は、中小企業がほとんどであり、下請けの仕事をしていることが多いのが現状です。しかし、一般消費者から直接受注している設備会社は増えています。そのような会社は、中小企業であってもホームページを作成していることが多いので、ホームページは情報収集の手段として有効です。

一般消費者から直接受注している設備会社であれば、消費者から信頼されるための営業努力は欠かせません。電話対応や現場スタッフの人間性などに問題がある会社では、今後の事業運営は難しくなるでしょう。

ホームページで確認すべき箇所

企業のホームページでは、実績や会社の規模などの情報を掲載するのが一般的です。ホームページを調べれば、規模や所在地など、会社の実体について調べることができます。問い合わせをする前に、実体のある会社なのか、所在地はどこで、どのような営業活動をしているかなどは、必ず確認するようにしましょう。

フリーダイヤルのほか、固定電話番号も表示していれば、発着信場所を確認でき、事務所で電話対応していることなどが分かります。また、給排水衛生設備に関しては、工事料金やアフターサービスなどについて明記している方が、予算を立てやすく、消費者にとって親切です。工事料金やアフターサービスを明記していれば、一般消費者向けにどのような工事をしているかが分かります。

電話対応の良さは重要

工事業者とは、何度も電話連絡することになりますので、電話対応の良さなどは重要です。電話が繋がりにくい業者は、緊急時に困りますので、商談する業者に選ぶことを避けた方が良いでしょう。

また、もしも横柄な態度を取ったり、会話が噛み合わなかったりする業者であれば、一般消費者への営業にあまり力を入れていないかもしれません。電話帳だけの情報で、問い合わせをするような方法はお勧めできません。

現地で対面する担当者の人柄

配管は、壁内や床下などに設置され、隠れてしまうだけに、誠実で責任感のある人でなければ、安心して任せられません。手抜き工事があると、被害が発生していることに気が付かないまま、長期間経過することもあり得ます。

住宅の水回りに関する修理や工事を請け負っている業者はさまざま

給排水衛生設備の水漏れ修理では、以前は地域密着型の水道工事店に依頼することがほとんどでした。また、水道工事だけを専業とせずに、ガス・井戸ポンプ・電気などの工事も請け負っている設備会社も多いでしょう。

しかし近年は、24時間365日、サービスを提供している全国対応の事業者が増加しています。水漏れなどでは、即日対応が必要となることが多いですが、地元の水道屋よりも対応が早いことも多いようです。ただし、ネット店の中には、設備機器の販売が中心であり、料金が安くても、すぐに駆け付けてくれるとは限らず、待たされることが多い業者もあります。さまざまな業者が存在しますので、訪問可能時間や現地調査などについて確認しましょう。

その他にも、ホームセンターなどで設置・取り替えを依頼できますが、手配に時間がかかることが多くなると考えられます。ホームセンターの場合は、修理というよりは、設備機器の販売・設置が中心と言えるでしょう。

また、水洗トイレに関しては、トラブル内容によって依頼先が異なります。トイレのつまりや水が出ないなどのトラブルは修理業者が対応しますが、設備機器の故障修理であればメーカーのメンテナンスサービスが依頼先になることが多いでしょう。部品交換などが必要になる、トイレ本体の修理に関しては、該当する住設機器メーカーのメンテナンスに依頼するのが一般的です。もちろん、交換設置などであれば、メーカーに依頼する必要はありませんので、数社から見積もりを取るなどして依頼するとよいでしょう。

営業形態の異なる複数の業者から見積もりを取ると、それぞれの業者の長所などを知ることができます。

水漏れしたときはどのような業者に依頼すべきか

給排水衛生関連の設備会社や修理業者は、工務店や住宅メーカーの下請けの仕事や、個人への営業を行っています。近年は、業界に変化があり、インターネットや電話により受注し、修理サービスを提供する、全国展開の事業者が増えています。

水漏れなどのトラブルでは、24時間365日対応のサービスを提供している事業者はありがたい存在です。テレビコマーシャルなどで宣伝している大手だけでなく、料金を抑えている事業者もありますので、何社か選んで相談すると良いでしょう。それらの業者は、経験豊富な職人を派遣できることが多く、実績のある設備会社と提携していることも多いようです。

それから、依頼内容が水漏れや排水口のつまりなどの修理であれば、設備会社よりも修理業者に依頼すべきでしょう。なぜなら、修理業者であれば、緊急のときにすぐに駆け付けてもらえる可能性が高いからです。

設備会社の場合は、水道引き込み工事などの受注がほとんどであったり、他の設備関係の建設工事を請け負っていたりすることもあります。他の設備工事を一緒に依頼できるという点ではメリットがあります。

それから、水回り関連の業者であっても、対応できる修理が異なりますので、注意してください。機械がないため排水口のつまりに対応できなかったり、蛇口の取り替えはするが内部部品の交換はしなかったりと、業者の対応はまちまちです。

修理業者を選ぶときのポイント

修理業者を選ぶポイントは、適正価格で確実に修理できるか、電話対応が良いか、スタッフがスピーディーに駆け付けて修理対応できるかなどでしょう。これらは、修理業者を選ぶ際に、欠かせない重要なポイントです。

広告宣伝費に経費をかけ過ぎている会社や、飛び込み営業をしている会社などは、会社の規模にもよりますが、経費が料金に反映されることになります。もっとも、飛び込み営業をしている設備会社や修理業者はあまりないかもしれません。

また、相場に比べて、極端に安い料金になっている場合は、注意が必要です。建材の素材など工事に皺寄せがあるか、出張料などが別途になっている可能性が高いでしょう。

それから、全国展開している業者にしろ、地元密着の業者にしろ、口コミなどによる評判は信ぴょう性が高いはずです。実際に依頼したときの体験などから広がった口コミは、事実に基づいています。

見積もり依頼で注意するポイント

見積もり依頼では、出張料や見積料が無料か確認するようにしましょう。見積料が無料であっても、出張料や現地調査料が有料の業者は多いので、必ず確認してください。確認を怠ると、出張料や現地調査料が別途であることに気が付かず、修理料金を比較することになりかねません。

また、見積もりは明瞭であることが大切ですので、工事に使う素材や工事内容が具体的に明記されているかがポイントです。配管の素材は、種類が豊富であり、耐用年数に差がありますので、記載しないということはあり得ません。不明点は、業者にしっかりと確認してください。いくら忙しくても、必要な事を説明しない業者では、工事に関してもアフターサービスに関しても不安が残ります。

上下水道や給排水衛生設備工事などに関しては、さまざまなトラブルが起こりますので、修理依頼など小さな工事も親切に対応してくれる業者がお勧めです。

水漏れ修理を検討するときに業者への依頼で共通すること

水漏れは、修理が終わるまで、水道を使用できないことがあり、生活に支障を来しますので、専門工事業者に依頼することをお勧めします。近年は、24時間365日対応の事業者が多くなり、大抵はすぐに駆け付けてくれます。

専門業者であれば、工具類はもちろん、汎用的な部材であれば在庫を保有していることが多く、すぐに修理できるでしょう。水回り関連の修理では、部品の発注が必要になることもありますが、プロであれば迅速に対応できるはずです。すぐに修理できなくても、応急処置をして給排水設備を使用できる状態にして、後日、あらためて修理するなどの対応が可能です。

蛇口の水濡れをDIYで修理すべきか専門工事業者に依頼すべきか

工具類を用意してDIYで修理すれば、工賃はかかりませんが、部品を購入する手間はかかりますし、経験が少ない分、思わぬ失敗をすることがあるかもしれません。どのような修理が最適なのか、プロであれば迅速に判断できますが、素人には正しい判断が難しいこともあるでしょう。その場合は、時間と費用を無駄にすることになりかねません。

急な修理でありがたい365日24時間対応の修理業者

365日24時間対応の修理業者は、トイレやキッチンが水漏れしたり、排水口がつまったりしたときに、いつでも依頼できるので、ありがたい存在です。ただしその分、出張料金や深夜割増などがかかることが多くなります。あらかじめ、どのような費用がかかるのか確認してください。

深夜料金・出張費・相談費などが、別途いくらなのかは必ず確認するようにしましょう。地域密着型の水道工事店など、地元の専門工事業者に依頼したときとでは、料金体系が異なることが多くなります。緊急でなければ、なるべく日中に依頼した方がよいでしょう。

実際の修理では部品代により料金が変わる

業者は、現地の状況を確認するまでは、部品交換で修理できるのか、どの部品の交換が必要なのかを断定しにくいものです。ゴムパッキンだけ交換すればよいのか、本体を交換する必要があるのかで、当然ですが料金は変わります。

配管の修理では水漏れ箇所により料金が嵩むことがある

配管の修理では、水漏れしている場所が壁内などの場合と、点検口から修理できる場合とでは、料金が異なります。壁内で水漏れしていた場合は、別途工事費用が発生しますので、予想よりも料金が高くなるかもしれません。給排水管の修理では、管工事以外に、大工工事や内装仕上げ工事などが必要になることがあります。

配管が老朽化している場合は大掛かりな工事になることも

配管が老朽化している場合は、破損して水漏れした箇所を部分交換しても、他の箇所で水漏れする心配が高くなります。また、老朽化の状態によっては、部分交換することが難しいことがあるかもしれません。そのような場合は、大掛かりな配管交換が必要なため、給排水設備工事の実績がある業者に依頼した方がよいでしょう。

まとめ

水漏れ修理に関しては、緊急性が高かったり、生活に支障を来したりするため、慌てて業者に依頼してしまうこともあるでしょう。そのため、割高の費用を支払うことになったり、工事中に業者とトラブルになったりすることがあるかもしれません。しかし、普段から緊急時の備えをしていると、業者の選び方で失敗することが少なく、業者とのやり取りもスムーズになるはずです。

一般の方は、専門工事について詳しい知識を備える必要はありませんが、ある程度の知識があった方が業者との会話もスムーズです。優良な業者にとっては、円滑なコミュニケーションを取れる顧客の方が仕事をしやすいものです。

自分にとっても、業界のことを知ることで、緊急時に落ち着いて修理依頼ができるようになり、工事や修理に関する不安も少なくなるでしょう。また、適正価格で確実な修理をしてもらうことにも繋がります。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~