水漏れ修理

簡単に出来る水道管の凍結対策決定版!プロが画像付きで解説

冬期は気温の低下により、水道管が凍結する恐れがあります。では、水道管が凍結する危険性があるのは、気温が何度位のときでしょうか。

水が凍る温度のことを氷点といいますが、氷点は0度と定義されています。ですから、水道管凍結は、日本国内の広い地域で起こりうる事故です。過去に水道管凍結被害に遭った方や、寒冷地に引っ越してきた方などは、正しい知識を身に付けて対策を立てましょう。

外気温がマイナス4度以下なら水道管が凍結する危険性は非常に高い

外気温がマイナス4度以下になると、水道管が凍結する危険性は非常に高くなります。外気温がマイナス4度以下になるときは、水抜きなどによる凍結対策が必要です。

屋外の蛇口は、冬日や真冬日が続く時期になると、水抜きしておくのが一般的でしょう。屋内に関しては、日中は暖房機器を使っている上、何度も水を流しているため、凍結する可能性は低いかもしれません。

しかし、外気温がマイナス4度以下になる時期は、朝の冷え込みが厳しく、屋内の温度が氷点下になることもあります。壁の中や地中に埋設された水道管が大丈夫でも、剥き出しの水道管は凍結の恐れがあり、特に床下換気口の近くにある配管などは注意が必要です。

日陰や風当たりの強い場所などはマイナス1~2度以下でも危険

外気温がマイナス1~2度であっても、凍結の危険性は十分にあります。日中に気温が上がっても、日陰になっていたり、北風が強く当たったりするような場所では、水道管の温度が上がりません。

外気温がマイナス1~2度以下の日が続くようであれば、屋外はもちろん、温度が上がりにくい場所を中心に、十分に注意してください。

真冬日が続くときは要注意

真冬日とは、最高気温が0度未満の日のことです。真冬日は、日中の気温が上がらないため、水道管が凍結しやすいことは、言うまでもありません。真冬日が続くと、最低気温がかなり低くなることも予想されます。

真冬日は、油断していると水道管がいつ凍りだしてもおかしくないでしょう。日中でも、留守中に凍結することがあるかもしれません。夜になり暖房機器を止めた後は、屋内の気温が下がるため、朝方にかけて水道管が凍結する危険性は高いでしょう。

ちなみに、真冬日は最高気温が0度未満の日であるのに対して、冬日は最低気温が0度未満の日です。

就寝中や留守中などで水道を長時間使用しないときに凍結しやすい

水道を長時間使用していないときに、水道管は凍結しやすくなります。水道を使用している間は、水道管の中を水が流れているため、温度が低くても凍結することがほとんどありません。

水道管が朝方にかけて凍結するのは、室温が低くなることもありますが、水の流れがなくなることも理由の一つです。冬場に長期間留守にするときは、確実に水抜きなどをして凍結を防止してください。

水抜きせずに長期間の外泊をして、水道を全く使わない状態で氷点下の日が続くと、水道管の凍結が一気に進むかもしれません。長期間の留守中などに凍結すると、被害が大きくなる可能性は高いでしょう。

水道管が凍結するかは設置環境の違いによる影響が大きい

外気温が氷点下でも、水道管がすぐに凍結するわけではありません。水道管が凍結するのは、水道管を流れる水の温度が0度より下がるときです。水道管の中に、水の流れがあるかも影響しますが、水が流れていなくても0度以下にならなければ当然凍ることはありません。

水道の防寒設備や凍結対策などが行き届いていれば、凍結を完全に防げなくても軽減できます。剥き出しになっている水道管を保温するだけでも凍結を減らす効果はあるでしょう。寒冷地では、外気に触れるような場所の配管は、保温材が巻かれているのが一般的です。

それから、建物の設備環境や断熱などは住宅ごとに異なります。また、日陰になることが多かったり、強い北風が当たったりしやすいなど、立地条件の違いによる影響もあるでしょう。そのため、同じ団地内に立っている建物でも、凍結しやすい家あるいは場所があります。

もし、冬になると、いつも水道管が凍結するのであれば、防寒設備や水抜栓などを改善することで、凍結しにくくなるかもしれません。そのようなときは、指定給水装置工事事業者に相談してください。

水道管を凍結させないための水抜き

寒冷地の住宅では、凍結を防止するための装置である水抜栓を設置するのが一般的です。ここで言う水抜栓は、給水の立ち上がり管や横走り管の中にある水を地中に排出する、凍結防止装置を指しています。ちなみに、止水栓は、水栓設備の手元や、屋外の量水器などに取り付けられているもののことです。

水抜栓は、給水設備ごとに設けたり、数本の配管をまとめたりと、住宅ごとに設置数や設置箇所が異なるので、把握しておきましょう。水抜きするときは、水抜栓もしくは屋外の止水栓を回して水を止めるとともに、止水箇所以降の水を排出します。

水抜栓がない場合は、配管内のすべての水を蛇口から出さなければなりません。水抜栓がある場合でも、水道管内や水栓金具に水が残るため、蛇口を開いて排出してください。

水抜栓にはハンドル式と電動式がある

水抜栓にはハンドル式と電動式があり、さらに電動式には自動式と手動式があります。

ハンドル式では、水抜栓のハンドルを直接回して、水抜きしたり通水したりしますが、電動式なら操作盤から行うことができ簡単です。電動式水抜開閉装置には、操作盤と水抜栓を開閉する駆動部があり、水抜栓の開閉を操作盤から行います。水抜栓の設置場所に行かなくても、操作盤のボタンから水抜きと通水の操作が可能です。

ただし、水抜栓の開閉は電動で操作できますが、水道管内からすべての水を抜くために、水栓金具を開く必要があります。詳しい操作方法は、装置ごとの取扱説明書などを確認してください。

また、電動式水抜栓には、水温センサーの付いている自動式があります。自動式の電動式水抜栓は、温度の低下を感知すると自動的に水抜きする装置です。水温センサーの設定は、装置により異なりますが、おおむねプラス1度以下になると作動します。

水を使いたいときは、操作盤の通水ボタンを押すだけです。電動式は、水抜も通水も操作盤から行えるので、ハンドル式に比べると水抜きの手間が大幅に軽減できます。

水道管の凍結対策では温暖地なら少量の水を流したままにすることも

寒冷地では水抜栓を設置するのが一般的ですが、温暖地では量水器の元栓は別にして、水抜栓が設置されていないことがあります。しかし、温暖地であっても、朝方にかけて冷え込むことがあり、そのようなときは水道管の凍結の恐れがあるのです。

水抜栓が設置されていない場合は、家の中の1カ所の蛇口から、少量の水を出しっぱなしにしおくことで、水道管の凍結を予防できます。流す水の量は、鉛筆の芯くらいの細さで大丈夫です。前夜から翌朝にかけて水を出しっぱなしにすると、バケツ6杯分くらいになりますが、水道管が凍結したり破裂したりするよりは、得策となるでしょう。

それから、長期間水道を使用しないときは、水抜栓や元栓を閉め、水抜しておくことをお勧めします。集合住宅にお住いの方が、冬季の留守中に水抜きをしなかったために、大損害を発生させることがあるようです。

まとめ

水道管内は、水が流れているときは別として、0度以下になると凍り始めるため、冬季間は広い地域で水道管凍結の恐れがあります。地中に埋設された水道管内が、0度以下になることはほぼないとしても、外気に触れる水道管は凍結対策が必要です。

日中になっても温度が上がりにくい場所や、北風が強く当たるような場所は、水道管内が冷えやすくなります。こういった場所の水道管や水栓設備は、外気温がマイナス1~2度以下になる日が続いたら要注意となるでしょう。

そして、水道管が凍結する危険性が高くなるのは、外気温がマイナス4度以下になるときです。この外気温のときに、凍結対策を怠ると、屋内の温度が下がる朝方にかけて、凍結事故が多発します。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~