水漏れ修理

究極の水漏れ対策!止水栓の止め方をプロが解説

止水栓とは、給水管の途中に設置して、給水を制限または制止するための、装置のことです。元栓という場合は、水道本管から使用者の敷地へ分岐する、給水引込管の途中に設ける装置を指します。止水栓は、必要に応じて設備や器具ごとに設けられる装置です。水漏れを止めるときや修理するときなどは、給水設備の止水栓を閉めることで、給水を止めることができます。

止水栓の位置や種類は住宅ごとに異なる

止水栓は、住宅や設備によって、設置されている位置が異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。確認しておけば、水漏れが発生したときでも、素早く対応できます。例えばトイレの止水栓は、トイレ本体付近の床や壁、あるいはトイレ本体のパネル内に収納されています。

水漏れが発生したときに慌てないように、止水栓の位置と閉め方を確認しておきましょう。止水栓は、用途や設備、メーカーなどの違いにより、いくつかの種類がありますが、右に回すと閉まり、左に回すと開きます。

設備付近の床や壁、水栓金具に繋がるカウンター下の配管などであれば、位置が多少異なっていても、すぐに確認できるかもしれません。ただし、数カ所の給水管をまとめている元栓などは、どの設備に繋がっているのかを、把握しておく必要があるでしょう。戸建住宅の場合、宅内のボイラー室などに、数個の元栓が設けられていることがあります。それらの元栓は、寒冷地などであれば水抜栓を兼ねていることが、多いはずです。

給水器具やトイレに付いている止水栓の種類

水栓金具の給水管に付いている止水栓は、ドライバー式・内ネジ式・ハンドル式のいずれかです。トイレであれば、その他にレバー式の止水栓の場合もあるでしょう。いずれの止水栓も、右に回すと閉まり、左に回すと開きます。

ドライバー式と内ネジ式は、マイナスドライバーなどをへこみに差し込んで回すタイプです。ドライバー式は突起にへこみがあり、内ネジ式は平らな面にへこみがあるという、違いがあります。内ネジ式は、LIXIL製品に採用されることが多い方式です。

ドライバー式は、突起のへこみが、マイナスドライバーを差し込みやすいサイズです。一方、内ネジ式は突起がなく、ドライバー式に比べて幅が広めのへこみが、平らな面にあります。内ネジ式の場合は、コインや水栓ドライバーなどの方が回しやすいかもしれません。実際に、試してみると良いでしょう。

ハンドル式は、手で回すタイプで、たいていは三角ハンドルが使われています。三角ハンドルは、単水栓のハンドルにも使われる、一般家庭でよく見かけるハンドルです。三角ハンドルは、トイレやカウンター下の止水栓にも使われています。

水栓金具の種類と止水栓の役割

水栓金具は、取り付け位置によって壁付けタイプカウンタータイプに分けられます。さらに水栓金具には、シングルレバー混合水栓や2ハンドル混合水栓、単水栓などがあります。

水栓金具の場合、器具に止水栓が付いているのは、壁付けタイプのシングルレバー混合水栓などです。壁付けタイプの2ハンドル混合水栓に関しては、止水栓が付いている製品と付いていない製品があります。寒冷地仕様の2ハンドル混合水栓には、止水栓が付けられているようです。壁付けタイプの混合水栓の止水栓は、器具本体と壁の間にある取付脚に付いています。混合水栓に付いている止水栓は、ドライバー式もしくは内ネジ式です。

カウンタータイプの水栓金具の場合、止水栓はカウンター下の給水管にあります。洗面台の洗面器やキッチンカウンターのシンクの下にある、収納扉を開いて確認してください。カウンター下の給水管に付いている止水栓は、ドライバー式・内ネジ式・ハンドル式のいずれかです。

そして、給水器具に付いている止水栓には、次の3つの役割があります。

  • 1. 修理する際の水溢れの防止
    2. 故障などで水漏れしているときに水を止める
    3. 水の流量や勢いを調整する

水道の元栓を閉めると、家全体への給水が止まってしまいます。しかし、給水器具に止水栓があれば、修理する時や故障した際に、その器具だけ水を止められます。これが止水栓の大きな役割です。ただし、単水栓など、器具によっては止水栓が付いていないため、その場合は元栓を閉める必要があるでしょう。

また、水栓金具の止水栓には、水とお湯の流量をそれぞれ調整するという、役割もあります。水洗トイレの止水栓に関しても、止水栓を回して水量を調整することが可能です。ただし、水洗トイレに流れる水量を制限すると、つまりの原因になることがありますので、注意してください。

家全体の給水を制止する元栓の設置場所

戸建住宅と集合住宅では、家屋全体の元栓の場所が異なります。元栓の位置について、戸建住宅と集合住宅とに分けて、解説します。

戸建住宅の元栓の場所

戸建住宅であれば、家屋全体の元栓の場所は宅地内の地面です。戸建て住宅の場合、水道本管に近い、使用者の敷地内に、止水栓を設置するのが原則です。また、その止水栓とは別に、量水器ボックス内にも、水道メーターと一緒に止水栓が設けられています。

量水器は、給水管を宅内に引き込んで分岐する前に、敷地内に設置しますが、住宅ごとに位置が異なります。屋内に元栓がない建物において、家全体の給水を止めたいときは、量水器ボックスの元栓を閉めると良いでしょう。

集合住宅の元栓の場所

集合住宅の場合は、通常、玄関横のパイプシャフト内に元栓があります。パイプシャフトとは、建物内の上下階を通る配管を、まとめて収納するための空間のことです。間取図ではPSと略されています。ただし、小規模アパートでは、敷地の地面に埋められている量水器ボックスに、水道メーターと元栓が設置されていることがあります。その場合は、部屋番号などで識別できるはずです。

パイプシャフトは、通常、水道メーターやガスメーターを収納するための、メーターボックスと一緒に設置されています。そのため、メーターボックスと言った方が、ぴんと来る方が多いかもしれません。ただし、建物によっては、パイプシャフトとメーターボックスが別々に収納されています。また、メーターボックスのみ屋外に設置し、パイプシャフト内の給水管に設けた元栓が、屋内にある建物もあります。

間取図でのメーターボックスの略称はMBです。そして、メーターボックスとパイプシャフトを一緒に設置している場合は、MBPSとも略します。

パイプシャフトは、戸建住宅および集合住宅において、各種配管を垂直方向に通すために、天井や床を貫通して設けられるスペースです。パイプシャフト内には、給排水管やガス管などが縦方向に通されています。そして通常、集合住宅の玄関横には、メーターボックスとパイプシャフトがあり、扉を開けると確認できます。

水漏れ発生などの緊急時には、玄関横の扉を開けて止水栓を閉めれば、住居全体への給水が止まります。入居時には、パイプシャフトやメーターボックスの設置場所を、必ず確認しましょう。

量水器ボックスやパイプシャフトにある元栓の種類

給水器具に止水栓が付いていないときや、給水管から水漏れしているときなどは、元栓を閉めて水を止めます。元栓の種類や、設置されている場所は、建物によって異なりますので、配管や止水栓の配置を把握しておきましょう。

通常、戸建住宅の量水器ボックスや集合住宅のパイプシャフトには、家全体への給水を制止する元栓が、水道メーターと一緒に設けられています。それらの元栓の多くは、ハンドル式やレバー式など、手で回せるバルブです。右に回すと閉まり、左に回すと開くのは同じですが、屋内の止水栓とは形状が異なります。

屋外の止水栓のタイプは、指でつまんで回す蝶型や、指でつまんで倒すレバー式、丸いハンドル型などです。量水器ボックスやパイプシャフトの元栓は、建物や年代により異なります。

また、それらの元栓は、普段あまり回さないため、固くなっていることがあります。古い建物の場合、きちんと回るか確認した方が良いかもしれません。元栓が固くなっていて、指先や手で回すことができない場合は、プライヤーやレンチなどの道具を使って回します。

ただし、道具を使う場合は、破損させないように慎重に作業しましょう。万が一、破損させたり、どうしても回らなかったりと、自分で対応できないときは水道局もしくは管理会社に相談してください。

水漏れが発生したときは、すぐに止水栓を回して、水を止めなければなりません。水を止めるのが遅れるほど、被害が拡大します。緊急時に備えて、止水栓の位置や閉め方を、あらかじめ確認しておきましょう。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~