水漏れ修理

失敗しない水漏れ修理業者の選び方!事前に確認すべき項目一覧

蛇口から突然、水漏れが発生してしまった

急な水漏れでどの修理業者に修理を依頼すれば良いのだろう

おそらく水漏れが発生すると、このようなお悩みが浮かぶのではないでしょうか。

水漏れはある日突然発生することが多いですから、急な水漏れで動揺してしまいますよね。

このような状況が発生した場合には、まず水漏れ被害を拡大させないために、止水栓を閉めて、一度冷静になることが重要です。

ここでは、突然水漏れが発生した場合にどのような対処をすれば良いのか、また失敗しないための水漏れ修理業者の選び方についてご紹介します。

突然水漏れが発生したらまずは止水栓を閉めよう

水漏れ修理専門業者に修理を依頼する前に、やらなくてはならないことがあります。それは、「水漏れ箇所の止水栓を閉める」ということです。

慌ててしまって何をすれば良いのかわからないという状況になってしまうこともありますが、まず「止水栓を閉める」と覚えておきましょう。

止水栓の場所ですが、多くの場合は、洗面台やキッチンの下、トイレならトイレタンクの脇に排水管があります。その排水管に止水栓が設置されていることが多いです。

止水栓の種類ですが、ハンドルを回すことで閉めることができる「ハンドルタイプ」と「マイナスドライバーで回すタイプ」の2種類があります。

どちらのタイプにしても、簡単に回すことができますので、ぜひ止水栓を閉めてみましょう。

また、どうしても止水栓の場所が見当たらず水漏れが止まらない場合には、止水栓の元栓を閉める方法を試してみてください。

止水栓の元栓の場所ですが、屋外の敷地内に「止水栓」と書かれた蓋があるはずです。その蓋を開けると、元栓のバルブがありますので、そちらを閉めてください。

すると、完全に水漏れを停止することができます。

賃貸マンションや借家の場合は管理会社にも連絡しよう

水漏れが発生した場合に、応急処置として止水栓を閉めることができたら、次に行うことは賃貸マンションや借家の場合に限り、管理会社に連絡することです。

水道修理の費用負担は誰が行うのか、管理会社で契約している業者はいないのかなど確認しておかないと、後々トラブルに発展する場合もあります。

必ず管理会社や大家さんに連絡を入れ、水漏れ修理業者の手配についても確認してください。

失敗しない水漏れ修理業者の選び方を徹底解説します!

ここからは、突然の水漏れによって水漏れ修理業者を選ぶ際の失敗しないポイントを解説します。

お見積もりや出張費用など選ぶべきポイントをしっかり把握することが重要です。

お見積もりは相見積もりで依頼する

古くから付き合いのある水漏れ修理業者さんがいれば良いのですが、そうでない場合には複数の業者へ相見積もりを依頼するのが良いでしょう。

相見積もりを依頼することのメリットは、大きく分けて「水漏れ修理の料金相場を確認できる」、「優良修理業者を選定しやすい」という2点があります。

残念なことに、水漏れ修理業者にも悪質な対応をする業者も存在しますし、追加料金が徴収されてしまうケースもあります。

このようなことを防ぐためには、最低でも3社に見積もりを依頼すると良いでしょう。

お住まいの地域の料金相場を知ることができますし、適正価格で修理を依頼することもできますよね。

お見積もりを依頼するときは、双方の業者の「サービスに対する説明は丁寧か」、「追加費用はかかる場合があるか」、「水漏れ状況の詳しい説明があるか」などを比較してみてください。

水漏れ修理業者の対応に納得ができた場合には、依頼してみましょう。

お見積もりや出張料の有無

失敗しないための水漏れ修理業者の選び方ですが、お見積もりや出張料金がどのくらいかかるのかも事前に把握しておきましょう。

たとえば、出張料金やお見積もりが無料となっていても、例外的に有料料金が発生する場合があります。

有料道路を通らなければ現場に辿りつけない場合や、駐車料金が別途必要な場合など。

そのため、出張料金が無料といえども例外もあるかどうかをしっかり確認しましょう。

水漏れ修理の料金体系を把握しよう

水漏れ修理の業者選びで失敗しないためには、その料金体系についても把握しておくことをおすすめします。

基本的に、水漏れ修理の料金体系は、次のようになっています。

水漏れ修理料金=基本料金+作業費用+部品代+別途時間外料金や追加作業

基本料金以外ですと、部品代と時間外料金が変動しやすい料金となっています。

部品代は、バルブやパッキン、レバーなど部品によっても異なりますし、メーカーからお取り寄せをしないといけない場合や、素材そのものが高額なものもあります。

また、時間外料金についても早朝や深夜帯などには、別途特別料金として加算されてしまいます。

水漏れ修理 時間外料金目安

  • 22時〜23時 3,000円
  • 23時〜23時 6,000円
  • 朝6時〜8時 6,000円

といった具合です。

このように、事前に水漏れ修理の料金体系についてもしっかり確認しておき、後々後悔しないように対策を講じましょう。

即日対応してもらえるか

水漏れ修理業者選びで、失敗しないためには、依頼からお見積もり、修理まで迅速に対応してもらえるかも重要です。

たとえば、依頼を受けて部品在庫がある場合には、即日対応致しますなどと記載されている場合もあります。

また、部品等のお取り寄せであっても、メーカー確認から修理までのおおよその日数などを提示してくれる場合もありますので、よりしっかりとフォローしてもらえる水漏れ業者を選ぶと良いでしょう。

資格をもった作業員の登録があるか

資格を持った作業員が多く在籍している水漏れ修理業者であれば、それだけ信頼できますし、安心して依頼できますよね。

水漏れ修理業者の信頼できる資格として「1級菅工事施工管理技士」や「2級菅工事施工管理技士」、「給水装置工事主任技術者」、「排水設備工事責任技術者」などがあります。

水漏れ修理業者がこれらの資格を保有しているか、事前にホームページ等で確認してみましょう。

まとめ

水漏れ修理の専門業者選びで失敗しないためには、お見積もり内容と請求額に差がないかどうかや、追加料金は発生するか、さらに即日対応も可能かなどより詳しく判断してみると良いでしょう。

水漏れ修理で後悔がないように、複数の業者に相見積もりを依頼するのも良い方法です。

弊社は、水漏れ修理の専門業者として9時〜18時にご連絡を頂ければ即日対応も可能になります。相見積もりも無料にてご対応させて頂きますので、ぜひお気軽にご相談ください。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~