水漏れ修理

水つまりトラブル修理の料金相場と安くするための方法を解説

水つまりで困ってる人
水つまりで困ってる人
水つまりが発生してしまったけど、直すための費用ってどれくらいになるんだろう…

水つまりが発生してしまった時、真っ先に気になるのが修理するのにどれくらいの費用が掛かるのかですよね。そこで今回は水つまりを直すためにどれくらいの料金がかかるのか?紹介していきます

修理の仕方や場所、水つまりの程度によって費用の増減はありますが、相場としては下記となっています。

高圧洗浄機での修理 15,000~100,000円
トーラーやドレンクリーナーでの修理 10,000~30,000円
薬剤を使った修理 5,000円~10,000円
真空ポンプでの修理 6,000円~8,000円
排水ホース交換 8,000円~12,000円
固形物を取り除く 6,000円~8,000円

ここでは水つまりを解消する方法での相場について書きましたが、それぞれの手法がどのような場面で用いるのか、どのような要素で費用が必要になるのか解説していきます。

なお、修理業者によって費用の増減はありますし、水つまりが発生した状況によって費用が大きく変わる可能性もあります。

本記事を見ることであなたが困ってる状況が具体的にどれくらいの費用で解消することができるのかわかるように解説していますので、是非参考にしてみてください。

 

水つまりが発生した際に修理にかかる料金の考え方

それでは早速水詰まりが発生した時の修理にかかる費用について解説をしていきます。

一口に水つまりと言っても下記の状況により料金は異なってきます。

  • 修理方法
  • 水詰まりが発生した場所
  • 水詰まりを解消する難易度

そのため、各ポイントでどのような料金になるのかについて解説をします。

あくまで目安として見ていただいて、実際にどれぐらいの修理費用になるかは見積もりを依頼することで明らかになります。

また修理にかかる費用としては、下記のようなものがあり修理費用のみがかかるケースとそうでないケースがあるのでしっかり確認するようにしましょう。

  • 修理そのものの費用
  • 見積もり料(無料の業者を選ぶと良い)
  • 出張料

修理費用は主に上記のようなもので構成されるので、もしそれ以外の費用がかかるのであればしっかりとその理由を確認すると良いです。

水つまりトラブルの費用を安くするための方法

各ポイントでの料金相場を見る場合に水つまりトラブルの修理費用を安くするために大事なことについて先に解説していきます。

費用を安く抑えるために最も重要なことは複数業者に見積もりを依頼することです。

修理業者によって修理費用が異なるので、相対的に見ることが費用を安くするために最も重要となります。

当然のことですが、一つの業者に料金を聞いて別の業者であればもっと安く修理することができたということも多くあります。少し面倒ですが、料金を安く抑えたいなら複数業者に見積もりを依頼すると良いでしょう。

 

【方法別】水つまり修理の料金相場

それではここから具体的な費用を見ていきますが、まず水つまり修理の方法別で料金の相場を見ていきます。

水つまりを修理する方法として大きく二つの方法があります。

  • 高圧洗浄機を使用した水詰まりの修理
  • トーラーやドレンクリーナーを使った水詰まりの修理

各修理方法がどのような修理なのかとどれぐらいの費用がかかるのかについて見ていきましょう。

高圧洗浄機を使用した水つまりの修理費用

まず高圧洗浄機を使った水詰まりの修理ですが、これは最もイメージしやすい修理方法かと思います。

専用の高圧洗浄機を使って水道や排水管に詰まっているつまりの原因となる物質を一気に押し流してしまうという方法です。

高圧洗浄機を使った修理方法ですが、業者や立地環境によって費用が大きく異なります。

高圧洗浄機を使った修理費用の相場:1.5~10万円

戸建ての場合よりも機材の搬入による作業負担がたかるマンションの高層階の方が費用が高くなるという特徴があります。

マンションで水つまりのメンテナンスを安くする方法

基本的にマンションの方が戸建てよりも高くなってしまうのが一般的ですが、マンション全体で作業をお願いする場合は一部屋あたりの費用を抑えることが可能です。

急に発生した水つまりではなく、メンテナンスとして水詰まりを防ぐための作業をお願いするのであれば、マンションの管理会社やオーナーさんに打診の上でマンション全体で行うと良いでしょう。

トーラーやドレンクリーナーを使った水つまりの修理費用

続いて、トーラーやドレンクリーナーを使った水詰まりの修理費用について解説をしていきます。簡単にどのようなもの修理方法なのかを説明すると下記の通りです。

ワイヤーの先端につまりを削る金具がついた道具で固まった水つまりの原因となる物質を削り取るという方法です。

こちらの方法に関しても排水溝の長さによって道具が変わってくるので多少料金の変動があります。

相場として考えるべき料金は下記の通りですが、つまりが発生している箇所までの距離が長くなると1000円単位で追加料金が発生する感じです。

トーラーやドレンクリーナーを使った修理費用の相場:1~3万円

高圧洗浄機を使った修理同様、マンションの上層階だと水詰まりが発生している箇所までの距離が長い可能性がありその場合費用が高くなってしまいます。

 

【場所別】水つまり修理の料金相場

続いて水つまりの発生箇所別の料金相場を見ていきましょう。

上記で戸建てかマンションかによっても料金が異なるという風に書きましたが、当然のことながら水つまりがどこで発生するかによっても費用が異なります。

  • トイレでの水つまり
  • キッチンでの水つまり
  • お風呂での水つまり
  • 洗濯機置き場での水つまり

それぞれでどれくらいの料金がかかるのか見ていきましょう。

トイレの水つまり修理の料金相場

まずトイレの水つまりについては下記の通りです。

発生する要因 トイレットペーパーや汚物等が蓄積されることによって詰まる
修理する方法 薬剤を使う・高圧洗浄機を使う
料金相場
  • 薬剤を使う:8000円~1万円
  • 高圧洗浄機を使う:2~3万円

水に溶けづらい紙を流したら詰まりやすいというのは勿論のこと、水に溶けるトイレットペーパーでも量が多いと詰まってしまうことがあります

水つまりの程度によって料金の増減があるので、実際に見積もりをしてもらったうえで決めるのが良いでしょう。

キッチン(台所)の水つまり修理の料金相場

続いてキッチンで水つまりが発生した場合の料金相場についてです。

発生する要因 油汚れや食べかすなどの汚れが排水口にこびりつくことでつまってしまう
修理する方法 薬剤を使う・高圧洗浄機を使う
料金相場
  • 薬剤を使う:5000円~1万円
  • 高圧洗浄機を使う:1~4万円

市販で水つまりを解消するための薬剤が販売されていることもありますが、業者で使う薬剤の方が強力なのでしっかり直したいという方は修理業者にお願いした方が良いでしょう。

お風呂の水つまり修理の料金相場

最も水つまりが多いと言われているお風呂の料金相場についても見ていきましょう。

発生する要因 抜けた毛や皮脂の汚れ、石鹸カス等がまじりあって排水管にこびりつくことで水つまりが発生してしまう
修理する方法 薬剤を使う・高圧洗浄機を使う
料金相場
  • 薬剤を使う:5000円~1万円
  • 高圧洗浄機を使う:1~2万円

お風呂に関しても、薬剤を使うのか高圧洗浄機を使うのかによって費用が異なってきます。

洗濯機置き場の水つまり修理の料金相場

最後に洗濯機置き場の水つまりの料金を見ていきましょう。

発生する要因 服についた皮脂汚れや髪の毛や衣服の毛・糸によって水つまりが発生してしまう
修理する方法 薬剤を使う・高圧洗浄機を使う
料金相場
  • 薬剤を使う:5000円~1万円
  • 高圧洗浄機を使う:1~2万円

洗濯機置き場についても他の箇所と同じように薬剤と高圧洗浄機によって料金が異なるので、水つまりが発生した場合はどれくらいの費用になるか見積もりを依頼してみましょう。

 

【難易度別】水つまり修理の料金相場

ここまで水つまりを直す方法の一例として下記の方法があると紹介しました。

  • 薬剤を使う
  • 高圧洗浄機を使う
  • トーラーやドレンクリーナーを使う

水つまりの状況によって修理方法が異なってきますが、具体的にどのような場面でどの手法を使うのか、そして改めて料金の相場について紹介していきます。

ポンプで不純物が取れてしまうような軽度な水つまりの場合

水つまりが軽度な場合、真空ポンプで解消することが可能です。

真空ポンプでの水つまり修理は応急処置として使われることが多く、費用としては下記になります。

真空ポンプでの修理費用の相場:6,000~8,000円

他の修理方法に比べると安価で行うことができますが、真空ポンプで一時的につまりが解消したとしても排水管がつまりやすくなってしまってることが多いです。

水つまりしづらくするためには他の手法を使った方が良いので、応急処置の手段として考えておくようにしましょう。

排水ホースで水詰まりが発生している場合

続いて排水ホースで水つまりが発生している場合です。

排水ホースで水つまりが発生している場合、ホースを洗浄するのも良いですが、ホース自体を交換してしまった方が先を考えると恒久的な対応として良いです。

排水ホースを交換する場合は下記費用となります。

  • 作業料金:6,000~8,000円
  • 排水ホース交換:2,000~4,000円

ホースは市販のものを買った方が安いこともありますが、しっかり合った排水ホースを選ぶのが難しいので業者にお願いしてしまった方が良いでしょう。

固形物が排水ホースに落ちて水つまりが発生している場合

排水ホースに固形物が落ちてしまったことが原因で水つまりが発生したと明確な場合については、固形物を取り除くことで水つまりを解消することが可能です。

その場合の費用としては下記の通りです。

  • 作業料金:6,000~8,000円

固形物を取り除くには一度排水ホースを外し、固形物を取り除いてホースを再度つけるという作業が必要となり、固形物が落ちた場所によっては更に追加費用が発生することがあります。

排水管で油の塊が詰まって水つまりが発生している場合

排水管で水つまりが発生した場合に関しては、トーラーやドレンクリーナーを用いた作業となります。

ここまでの3つは個人でもできないことはないですが(失敗した場合水漏れなど二次被害の危険性はあり)、トーラーやドレンクリーナーは業者でなければ使うことができず下記の費用がかかります。

  • 作業料金:8,000~13,000円
  • トーラーやドレンクリーナー作業費:8,000~15,000円

最初に見た通り、作業料金と作業費を合わせて1万~3万円くらいが料金相場となっています。

上記で解消しないような水つまりの場合(高圧洗浄機)

上記4つで解消しないような水つまりの場合は高圧洗浄機を利用した解消方法となります。

特に排水管にこびりついた油の汚れ等はここまでで紹介した手法で解消するのが難しいので高圧洗浄機を使用する必要があります。

高圧洗浄機をしようした洗浄は上記既に見た通り下記の金額がかかります。

高圧洗浄機を使った修理費用の相場:1.5~10万円

マンションの高層階等では割高になることがありますが、水つまりを解消するためには最も効果的な方法と言えます。一時しのぎではなく、しっかりと水つまりを解消したいという方は高圧洗浄機を使った直し方を検討しましょう。

どの手法で水つまりを解消するかは専門の修理業者に見積もりを依頼すると明確になるので、複数業者に見積もりを依頼して的確な手段で行うと良いですね。

 

まとめ

今回は水つまりが発生した場合の修理料金相場についてさまざまな角度で見てきました。

改めておさらいすると水つまりが発生した場合の修理費用は下記の通りです。

高圧洗浄機での修理 15,000~100,000円
トーラーやドレンクリーナーでの修理 10,000~30,000円
薬剤を使った修理 5,000円~10,000円
真空ポンプでの修理 6,000円~8,000円
排水ホース交換 8,000円~12,000円
固形物を取り除く 6,000円~8,000円

一例として6パターンの修理費用を紹介させていただきましたが、水つまりの状況によって手法が異なったりそれに伴い費用の増減も発生します

また冒頭でも書いている通り、出張料が必要な修理業者もあるので必要費用が増える可能性もあります。途中でも書いてますが、大事なことを改めてお伝えすると下記の通りです。

一つの修理業者に依存せずに複数の修理業者に見積もりを依頼して費用が安い業者を選ぶこと

複数業者に必要な料金を聞く際に出張料がかかるのか?や追加費用が発生することがないのか?をしっかり確認するようにするとより安心して頼むことができます。

すぐに直したいという場合は特に複数業者に見積もりを依頼する余裕がないかもしれませんが、より確実に修理業者を選ぶためにポイントとしてしっかりおさえておきましょう。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~