水漏れ修理

水道管が凍結したときの対処方法と注意点についてプロが解説

厳しい寒さが続き、朝起きたら水道管が凍結して水が出ない、という経験をしたことはあるでしょうか。水道管の凍結事故は、寒冷地に限らず、温暖地でも起こり得る事故です。朝の身支度や食事の準備などができないと、とてもお困りになることでしょう。

水道管は、外気の温度がマイナス1~2度以下になると凍結する可能性があり、マイナス4度以下になると多発する傾向があります。寒波などが予想されるときは、正しい凍結予防を行いましょう。しかし、対策を取っても、凍結してしまうことがあります。

早朝では、業者と連絡が取れないことも多く、依頼が殺到した日は到着するまでに時間がかかるかもしれません。水道管が凍結しただけなら、正しい対処法を知っていれば、多くの場合は自分で対処できます。水道管が凍結したときの対処方法や注意点についてまとめました。

水道管が凍結したときにやってはいけないこと

先に、水道管が凍結したときに、誤って行いがちなことについて触れておきます。禁止事項をすると、水道管や水栓金具などが破裂する恐れがありますので、間違った対処をしないように注意してください。

水道管に熱湯をかけてはいけない

水道管が凍結したときに、水道管に熱湯を直接かけることは絶対にやめましょう。なぜなら、水道管が破裂する恐れがあるからです。水道管は極端な温度変化に弱く、凍結により膨張しているときに、熱湯をかけると、破裂することがあります。

急いでいるときでも、凍結した水道管に熱湯をかけてはいけない、ということは必ず守りましょう。水道管が破裂すると、修理に数時間かかる上に、数万円の修理費用がかかります。

万が一、破裂させてしまうと、水が溢れだしてしまいますので、すぐに量水器の元栓などを閉めてください。

凍った蛇口は無理に捻らない方がよい

水が出ないときは、蛇口が凍っていることもあり、無理に回すと破損の原因になります。蛇口の内部には、ゴム製のパッキンなどが使われており、凍っているときに無理に動かすと、簡単に破損するかもしれません。パッキンなどが破損していると、凍結が解消されても、今度は水漏れしてしまいますので注意してください。

水道管が凍結したときの正しい対処

水道管は急激な温度変化に弱いため、ゆっくりと温めることがポイントです。早く解凍したいところですが、水道管が破裂しないように、ゆっくりと温めてください。水道管が凍結したときに、どのような対処をすればよいのか、ご紹介します。

タオルを巻いてぬるま湯をかける

水道管にお湯をかけて凍結対処するときは、40度程度のぬるま湯を使います。直接かけるのではなく、蛇口や水道管にタオルを被せて、その上からぬるま湯をかけるとよいでしょう。これは、蛇口や剥き出しの配管で行える対処法で、屋外や水が濡れてもよい場所にお勧めです。トイレなどの屋内では、洗面器を置くなど水濡れ対策をした上で作業するか、別の方法で行ってください。

ドライヤーの温風を当てる

凍結した水道管を解凍するときは、ドライヤーがよく使われます。蛇口や水道管の凍結した部分に、ドライヤーの温風を当ててください。

室内の温度を上げる

凍結したのが室内の設備であれば、暖房機器で室内を暖め、自然解凍を待つという方法もあります。何カ所も凍結しているときや、凍結箇所が特定できないときは、室内の温度を上げてください。室内を暖めた上で、他の方法を並行して行うと、凍結の解消が早くなるでしょう。

暖房機器をしばらく使っていて、室内の温度が上がっても、いつまでも水が出ないときは、屋外に近い箇所が凍結しているかもしれません。気温が上がらない真冬日などは、日中になっても復旧しないことがあります。

そのような場合は、屋外からの凍結解消作業が必要なのかもしれませんし、設備が破損している可能性もあるでしょう。

いつまでも凍結が解消しないときは業者に依頼する

室内の温度が上がっても、屋内の水栓設備から水が出ないときは、給水設備や配管などが破損しているかもしれません。そのような場合は、業者に来てもらい、設備を見てもらってください。

凍結した箇所が特定されて解消されることもあるでしょうし、設備の破損などが見つかるかもしれません。

水洗トイレが凍結したときの対処

家の中で水道管が凍りやすい場所は北側ですが、そこにはトイレがあるかもしれません。地中から立ち上がってくる配管は、保温されていても外気温がマイナス4度以下になると、凍結する危険性は高くなるでしょう。

水洗トイレの水が出ないときは、バケツに汲んだ水を使いますが、蓋付きのタンクがあるトイレとタンクレストイレでは方法が異なります。蓋付きのタンクがあるなら、タンクに水を足して流すだけです。

タンクレストイレでは、バケツ一杯分の水を便器内に一気に流し込む必要があります。バケツに汲む水の量は、6~8リットル程度です。状況を確認して、水量調整をしながら流す必要があるでしょう。周囲へ飛び散らないように、一気に流し込んでください。

水洗トイレのタンク内の水が凍っている場合

タンク式の水洗トイレを使っている場合は、タンク内を確認してください。タンク内の水が凍っているなら、解凍しなければなりません。

この時も、ぬるま湯を使って解凍します。タンク内に40度程度のぬるま湯をゆっくりと注いでください。熱湯を使うと、陶器がひび割れしたり、プラスチック部分が変形したりする危険性があります。

急激な温度変化により部品が劣化したり、異物が入ったりすると、故障の原因になりますので、細心の注意を払ってください。

給水管が凍結している場合

給水管が凍結していると考えられるときは、給水管にタオルを被せて40度程度のぬるま湯をかけます。あるいは、トイレの床が濡れないように、お湯に浸したタオルを巻くという作業を繰り返す方法でもよいでしょう。また、近くに暖房機器を置いて、室内を暖めながら行うと、解凍が早まるはずです。

なかなか、水が出ないときは、床下や屋外に近い箇所が凍結しているかもしれません。また、設備の不具合も考えられます。この場合は、早めに業者へ相談した方がよいでしょう。

排水管や便器内が凍結している場合

排水管や便器内などが凍結しているときは、便やトイレットペーパーだけでなく、水も流れません。この場合にできる対処は、40度程度のぬるま湯を少しずつ流して、様子をみることです。水が溢れないように慎重に行ってください。

後は、室温が上がることで、自然解凍するのを待つだけです。軽度の凍結であれば、日中に気温が上がると、トイレを使用できるようになるかもしれません。ただ、トイレの場合は、いつまでも使えないと困るので、早めに業者に依頼した方がよいでしょう。

それから、排水管や便器内の凍結では、排水レバーを使って水を流すと、便器内から溢れ出しますので、絶対にやめましょう。

水道管や設備が凍結により破損していないかを確認する

水道管が凍結したときや、いつまでも水が出ないときは、水道管の設備のいずれかが破損していることがあります。破裂するほどの破損がなくても、配管設備の異常があるかもしれません。温度が上がっても、水が出る兆しが感じられないときは、速やかに業者に依頼してください。

水道管から水漏れしている場合は、量水器にある元栓などを閉めておく必要があります。あるいは、応急処置として防水テープなどを巻き付けておくとよいでしょう。

水道管が凍結したときは水抜栓や蛇口などの開閉状態を確認しよう

水道管の水抜きをしたり、凍結への対処をしたりするときは、水抜栓や蛇口の開閉状態をきちんと把握しておきましょう。凍結していると、水抜栓と蛇口を開いた状態にしても、水が流れないかもしれませんが、いつ溶け出すかは分かりません。

留守中に凍結した水道管が自然解凍して、帰宅したら室内が水浸しになっていた、という被害が考えられます。ただし、開いた状態で凍結している蛇口を閉めようとすると、パッキンなどが破損するかもしれません。朝に水抜栓を開いたのであれば、もう一度閉めておくとよいでしょう。

まとめ

万が一、水道管が凍結しても、自分で対処する方法を知っていれば、水道を早期に復旧できるかもしれません。水道管が凍結するのは、冷え込みが厳しい朝方にかけてです。早朝は、業者との連絡が取れないでしょうし、到着するのを待つ必要があります。

凍結の対処では、蛇口や水道管の凍っている箇所を、ゆっくりと温めることがポイントです。凍っている水道管に熱湯や熱風をかけると、急激な温度変化で、破裂する恐れがあります。できるだけ早く溶かしたいところですが、くれぐれも注意してください。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~