水漏れ修理

蛇口の水漏れはどこから発生?蛇口種類別の水漏れ原因と修理方法とは

台所で蛇口をひねったら、レバーやハンドルから水漏れが発生しているなんてことはありませんか?

水漏れが発生する箇所は、蛇口に限らずさまざまですし、勢いよく噴き出す場合もあれば、チョロチョロと少しずつ漏れる場合もあります。

このような水漏れが発生すると「どうしたら良いのかわからない」というのが本音ではないでしょうか。

水漏れ修理業者にお願いするべきなのか、それとも自分で修理可能なのか。

ここでは、水漏れ修理業者として長年の実績がある弊社が、蛇口の水漏れの原因と修理方法についてご紹介します。

蛇口の水漏れは、原因を理解することで、自分でも修理できる場合もあります。

不必要な修理費用を支払う前に、自分で対処できるか業者にお願いした方が良いのか判断できるようになりましょう。

蛇口の水漏れはほとんどの場合経年劣化で引き起こる

ご自宅の蛇口の水漏れは、ほとんどの場合「経年劣化」で引き起こります。

蛇口は基本的に、設置したばかりの新築住宅やリフォームしたての頃に水漏れが引き起こるということはほとんどありません。

素人が施行したものであれば別ですが、プロの業者が設置した蛇口が、すぐに水漏れを起こすとは考えられないからです。

蛇口の耐用年数は、約10年と言われています。

この10年間にパッキンなどの各部品が劣化し、水漏れが発生することがほとんど。

つまり、これまで一度もトラブルがなかったキッチンでも、10年以上経過している場合には要注意です。

水漏れは、ほとんどの場合突然引き起こります。10年以上経過している場合には、一度蛇口周りの点検をおすすめします。

蛇口の種類によって原因や修理方法は異なる!

単に水漏れと言っても、蛇口の種類によって構造が異なり、原因や修理方法にも違いがあります。

蛇口の種類として一般的なのは、次の通りです。

  • シングルレバー混合水栓
  • ハンドル混合水栓

それぞれ解説していきましょう。

シングルレバー混合水栓

シングルレバー混合水栓とは、新築の住宅や新たにリフォーム等で蛇口を取り付ける場合には、現在主流の蛇口タイプになります。

特徴としては、レバーが1つだけ付いており、上下で水量の調節を行い、左右で温度調整を行うなどレバーひとつで簡単に操作できるタイプ。

後述でお伝えするハンドル混合水栓とは違い、1つのレバーで簡単に操作でき、見た目もシンプル。

シングルレバー混合水栓の水漏れでは、シンプルな構造であることから、部品はどのメーカーでもだいたい共有なのでは?と感じる方も多いですが、実はメーカーごとに水が通る穴のサイズや規格が決まっています。

つまり、水漏れ場所を特定したら、メーカーごとに部品を揃えないと修理が難しいのです。

ハンドル混合水栓

前章でご紹介したシングルレバー混合水栓が普及する前に、多くの蛇口に採用されていたのが、ハンドル混合水栓です。

ハンドル混合水栓は、古くからある蛇口のタイプで、冷水と温水の2種類のハンドルを回すことで、水量調整と温度調節を行うもの

実は今でこそ、シングルレバー混合水栓が主流なのですが、このハンドル混合水栓はシングルレバー混合水栓よりも構造がシンプルで、壊れにくいという特徴があります。

もちろん、使い勝手ではシングルレバー混合水栓には劣りますが、メンテナンスはしやすいのです。

蛇口のタイプ別に見る!水漏れの原因とは?

ここからは、「シングルレバー混合水栓」や「ハンドル混合水栓」別の水漏れの原因についてご紹介します。

シングルレバー混合水栓の水漏れ原因

レバーの下からの水漏れ

シングルレバー混合水栓のレバー下から水漏れを引き起こすという場合は、レバーを上げるとき、つまり水を出しているときに発生します。

どうしても、シングルレバー混合水栓は上にあげて水を出す、レバーを下げて水を止める、左右に動かして温度調整を行うという無段階調節が可能な構造。

このような構造だと、どうしてもレバーに遊びが生まれやすいのです。

レバー下からの水漏れは、「バルブカートリッジ」という部品に原因があります。

バルブカートリッジに使用されている何らかの部品が消耗し、水漏れを引き起こしています。

このような場合には、バルブカートリッジを新しい物に交換するしか方法がないため、メーカーをご自分で確認して、ホームセンターやネットショップで購入して修理をするか、水漏れ修理業者に修理を依頼しましょう。

スパウト周辺からの水漏れ

シングルレバー混合水栓によく起こりがちな水漏れとして「スパウト周辺からの水漏れ」があります。

スパウトとは、「蛇口」そのものの部品のことで、大概スパウトの接続部から水漏れを引き起こします。

このような場合の原因も、バルブカートリッジの部品が消耗したことによるものか、パッキンが摩耗し水漏れが発生しています。

修理方法としては、バルブカートリッジやパッキンを新しいものへ交換することで解消します。

ハンドル混合水栓の水漏れ原因

ハンドルの下からの水漏れ

ハンドル混合水栓において、最も水漏れが起こりやすい場所こそ「ハンドル下部分」です。

水道を使用する際は、どうしてもこのハンドルを回す必要があり、ほぼ毎日動かしますよね。

そうなると、ハンドル内部の部品である「三角パッキン」や「スピンドル」、「コマパッキン」などのいくつかの部品が消耗していることが挙げられます。

たとえば、パッキンが摩耗して隙間が生じると、ハンドルの根元から、水漏れが発生します。

その他の原因としては、ハンドルを固定するナットの緩みである可能性も。

このような場合には、ナットをもう一度閉めてあげれば、水漏れは解消します。
パッキンの交換の場合には、お使いの蛇口にあったものを見つける必要があり、やや手間がかかります。

吐水口パイプと本体の接続部からの水漏れ

吐水口パイプと本体の接続部からの水漏れも、ハンドル混合水栓で水漏れが生じやすい場所です。

蛇口と本体の接合部は、回転する構造のため、どうしてもパッキンが摩耗しやすいのが特徴です。

経年劣化でパッキンが摩耗するため、最初の水漏れは少量ですが、放置すると徐々に水漏れが悪化します。

修理方法としては、パッキンを交換することで解消します。

まとめ

今回は、蛇口の水漏れが発生しやすい場所を「シングルレバー混合水栓」、「ハンドル混合水栓」というタイプ別に水漏れ原因をお届けしました。

水漏れの多くは、経年劣化で引き起こることが多く、パッキンの摩耗やバルブカートリッジの破損によるものがダントツです。

部品自体は、メーカーを調べればホームセンターやネットショッピング等でも購入できますが「間違った部品を購入してしまった」、「部品は購入したものの取り付けが難しい」などで不安がある方は、ぜひ水漏れ修理の専門業者に依頼しましょう。

弊社は、水漏れ修理において修理・取り付けのご相談や出張診断、お見積もりを無料で対応しております。

9時〜18時にご連絡を頂けますと即日対応も可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が吹き出した」など水のトラブルの多くは突然発生します。24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水のトラブルに対応!

水のトラブル 5,000円(税別)~